So-net無料ブログ作成

キャスティングについて...幕末編 [総論]

先日の戦国時代編からかなり時間がたってしまいましたが、
幕末・明治維新期のキャスティングについても、考察してみたいと思います。

最近の大河ドラマで言うと、やっぱり『龍馬伝』の福山雅治さんでしょうか...
→龍馬伝(Wikipedia)

実際の坂本龍馬が、ああいう感じ(もう記憶が薄れてますが...)だったかどうかは存じ上げませんが、
まぁそれまでの『龍馬像』からは、若干チャレンジしていたように感じました。
それよりも、恐らく多くの人の記憶に残ったのは、岩崎弥太郎(香川照之さん)ではないでしょうか。
三菱の創始者があんな生い立ち、性格だったとは夢にも思いませんでしたし、
色々な意味でキッチリ演じ切っていた香川さんは見事でした。
こんなニュースまであったほどですし...
→三菱グループが『龍馬伝』にブーイング

そう言えば、この時は伊勢谷友介さんは、高杉晋作を演じていたんですね...!!
要潤さんと言い、『花燃ゆ』とも重なるような顔ぶれだったんですね。
意外なところでは、朝ドラ『まれ』の土屋太鳳さんも登場していたそうです。
全く記憶にございません...申し訳ありません...m(__)m

話を龍馬に戻しますと...ここ最近の大河では、福山さんの他には、
徳川慶喜(1998): 登場なし(!!)
新撰組!(2004): 江口洋介さん
篤姫(2008): 玉木宏さん
八重の桜(2013): 登場なし(!!!)
花燃ゆ(2015): 伊原剛志さん
意外にも登場していない大河もあるんですね...理由はわかりませんが、キャラが強いからでしょうか...??

こうして改めて比べてみると、主役ということもあってか、福山さんが一番印象に残ってますね。
今年の伊原龍馬は、割と定説通りに描かれている印象が強かったです...

『龍馬伝』をもう一度...という方は、Huluでも見られるようです。





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました