So-net無料ブログ作成

『真田丸』44話「築城」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今週は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよタイトルの真田丸が築城される経緯です。
オープニングの音楽がないなぁ...と思っていたら、何と最後に流れました。
色々と斬新なことをされますね...

さて、大坂城では、前回の軍議虚しく籠城に決定しておりました。
幸村(堺雅人さん)は、次の策を考えておりますが、
後藤又兵衛(哀川翔さん)や毛利勝永(岡本健一さん)は、納得がいかない模様。
篭城でも勝てる策を...と考えます。

京都の家康(内野聖陽さん)の元にも、籠城決定の報せが届いていました。
それを聞き、「これで買った」と呟く家康でした。

幸村は、大坂城は南側が弱点だ、と考えていました。
西側が海、東と北は川に囲まれているので、敵側なら南から攻める、という訳です。
そこで、その南側に出城を築くことを考えます。

その策を大野治長(今井朋彦さん)のところに持っていく幸村ですが...
何と、同じ策を又兵衛も言ってきた、ということでした。
調整して進めてくれ、と言う治長。
幸村は又兵衛と話し合います。
又兵衛の策は幸村よりも単純で、「南側で目立てば徳川の標的になれる」というレベル。

やっぱり又兵衛は死にに来たのか...と言いながら、幸村は自分の策を披露します。
空堀や溝、細い通り道などを巧みに配置し、押し寄せる大軍を撃破するプランです。
詳細に話を聞いた又兵衛は、同意してサポートすることを約束します。

再度五人衆が集まり、その出城を含めた迎撃側の配置を相談します。
南側は幸村に全登、長宗我部盛親(阿南健治さん)が守り、又兵衛が友軍、
北側の守りには勝永、という陣容です。

ところが...またまた老害の横槍が入ります。
織田有楽斎(井上順さん)と大蔵卿局(峯村リエさん)が、浪人を信用できないようです。
裏切られたらどうするんだ...と詰め寄る二人に、治長は言い返せません。
秀頼(中川大志さん)も幸村を信用したい、と言うのですが、
真田家は徳川方に参戦していることもあり、二人を言い負かすことができません。

せっかくの陣容を全否定され、五人衆は決裂しかけます。
又兵衛や勝永は、豊臣家に見切りをつけ、大坂城から出ようと言い出します。
明石全登(小林顕作さん)は、徳川はキリスト教を禁止しているので、と誘いを断ります...
バラバラになりかけた五人衆に対して、幸村が話を預かります。
茶々(竹内結子さん)に直談判するつもりのようです。

茶々は、いつか秀吉ともプレイした神経衰弱(?)に幸村を誘います。
浪人を信用しないと戦にならない、と言い張る幸村に対して、
茶々は「出城だけは許可してやる」と妥協案を出します。
ところが、幸村も「自分だけ信用されても意味がない」とその申し出を断ります。

茶々の元から戻る途中、幸村は治長とすれ違います。
談判がうまくいかなかったことを聞いた治長は
男気を見せ、「自分が責任を取るので出城を進めろ」と幸村に伝えます。

その頃、堀田作兵衛(藤本隆宏さん)も大坂に到着しておりました。
久し振りの再会を喜び、娘・すえ(恒松祐里さん)の結婚も知らされます。
労をねぎらう幸村に対して、信吉(広田亮平さん)・信政(大山真志さん)の参戦も伝えます。
覚悟はしていた、と語る幸村ですが...

その真田の陣には、松(木村佳乃さん)が訪ねようとしておりました。
ところが、徳川は大軍が開戦寸前となっており、女性は近づけないようです。
直接の伝言を信之(大泉洋さん)から言われている松は戸惑いますが、
偶然、徳川陣に慰問に行く出雲阿国(シルビア・クラブ)の一行と出会います。
以前踊っていた...と名乗り出る松ですが、どうやら阿国さんも代替わりしていたようです。

何とか紛れ込んで真田の陣に到着した松。信之からの伝言を伝えます。
戦なのだから身内だろうが関係ない、と言い張る信政に対して、
父親の言いつけを守ろうとする信吉。今回ばかりは我慢する信政、のようです。

徳川本陣では、秀忠(星野源さん)が着陣しておりました。
関ヶ原の時みたいに遅れないように、という秀忠を家康は一喝。
将軍らしく行軍してこそ将軍...ということのようです。
本多正信(近藤正臣さん)もフォローしきれず...やはり年を取ったのでしょうか...
家康の脇にいる正純(伊東孝明さん)も、責められる父親に複雑な表情です。

江戸の信之は、お通(八木亜矢子さん)と会っていました。
なぜか何でも話せる相手、というお通を、信之が江戸に招いたようです。
稲(吉田羊さん)にバレないようにしている信之ですが、稲は勘付いている感じも...(苦笑)

さて、大坂方では、出城の築城が佳境を迎えておりました。
並行して、幸村は作兵衛にいわゆる「赤備え」の制作を命じます。
せっかく話が進みかけたところに、呼ばれていない有楽斎が登場。
幸村の築城を知ってしまいます。

自分が許可していた、と言う治長に対して、老害2トップがストップをかけます。
再度築城現場を訪れた有楽斎は、中止を命じます。
治長も、幸村に謝るしかありません...

又兵衛と勝永は、再度豊臣家を見限ろうとしますが、幸村は同意しません。
と、そこへ秀頼がやって来て、皆を信用して任せる、と断言します。
五人衆はやる気を取り戻しますが、果たして勝てるのか...
尋ねる又兵衛に「徳川方とは実戦経験が違う」と語る幸村です。

秀頼は、遂に茶々にも方針変更を伝えます。
反対する茶々を制する秀頼...呆気にとられる茶々ですが、
その目は息子の成長を喜んでいるようでもありました。

一方、徳川方も開戦準備を整えておりました。
武将たちのミーティングには、伊達政宗(長谷川朝晴さん)や
上杉景勝(遠藤憲一さん)、直江兼続(村上新悟さん)主従の姿も...
武将らを前に、勝つのは確実だが焦らず確実に行く...と宣言する家康でした。

その後、実戦訓練を視察する家康一行ですが、その内容に不満があるようです。
どうやら、実戦経験が違う、という幸村の視点は間違ってはいないようです...

そんなお疲れの家康のもとに、豊臣方の布陣が知らされました。
南側の出城を見て。「目障りな出城だ」とコメントします。
そこを守っているのが幸村と知って「また真田か」と呻く家康でした...

すったもんだの末、ようやく出城は完成しました。
高梨内記(中原丈雄さん)らと歓声を喜ぶ幸村。
ちょうど赤備えの方も完成し、六文銭の旗も掲げられます。
出城の名前を聞かれ、迷わず「真田丸!!」と答える幸村...
ここで、オープニングの音楽とともに幕、となりました。

次回は、いよいよ開戦するようですね...ますます楽しみです。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました