So-net無料ブログ作成

『真田丸』46話「砲弾」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、一時間後くらいに録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、前回の勝利後、のお話でした。
豊臣方のポイントであったことは確かなのですが、それを上手く戦全体の勝利に結びつけられるか...
まぁ結局はそうならない訳ですが、その辺りの経緯です。

大坂城内では、引き続き勝利に沸き立ってました。
秀頼(中川大志さん)は幸村(堺雅人さん)の功績を讃え、徳川本陣へ攻めるべき、と問います。
恐らく、当初幸村が打って出るプランを推していたから、でしょうか...

ところが、幸村は、その提案を却下します。
味方の犠牲が大きくなることを憂慮しています。
籠城を続け、大坂城がビクともしないことを示せば、
徳川方にも味方をしようとする武将が出てくる...という狙いのようです。
「いつかは打って出るが今ではない」という幸村の言葉に、秀頼も頷きます。

続けて「何かアドバイスはないか」と訊く秀頼に、
幸村は「最終決断は茶々(竹内結子さん)ではなく秀頼。言葉の重みを忘れないで」と伝えます。
その言葉に、秀頼も決意を新たにするのでした。

一方、徳川方では家康(内野聖陽さん)が色々と画策しておりました。
大軍で攻めてしまえば負ける訳はない...と主張する秀忠(星野源さん)に、
本多正信(近藤正臣さん)を通じて。「勝てば良い訳ではなく犠牲を最小限に」と説きます。
幸村と同じ視点に、視聴者も思わず引き込まれてしまいます。
取りあえず、策略第一弾として、鬨の声を間断なくあげさせます。
これは一定の効果を出しますが、攻めてこないことを豊臣方に悟られます。

江戸の真田屋敷では、信之(大泉洋さん)が平野長泰(近藤芳正さん)と向かい合っていました。
前回、福島正則(深水元基さん)と一緒に持ち掛けた、兵糧援助の件です。
長泰の定番ネタ「賤ケ岳の七本槍」を拝聴した上で、大坂に一緒に向かおうとします。
どうやら、こう(長野里美さん)が諸々準備をサポートしたようです。

そこへ立ちふさがったのが、やっぱり稲(吉田羊さん)。
これ以上の裏切りはお家の存続にかかわる、というのです。
そんなことは信之も承知の上...昌幸(草刈正雄さん)や幸村のように、一度は無茶をしたいようです。
稲を振り切ろうとする信之の前に、お久し振りの出浦昌亮(寺島進さん)が登場...!!
大坂へ行っては真田家が滅びる...と傷が癒えない体で説得します。
それをも振り切ろうとする信之ですが...忍者の秘密兵器(?)にあえなく捕まってしまいます。
長泰は果たして無事願いを果たせるのでしょうか...

さて、大坂では、家康の本格的な策略第一弾が発動されています。
こちらもお久し振り、真田信尹(栗原英雄さん)が幸村調略のため呼ばれます。
家康の命令を一旦は断る信尹ですが...寝返れば10万石(!!)という家康の言葉に驚きます。
昌幸や信尹と同様の知恵と、その二人にはない忠義がある...とシャレにならないことを言う信尹...

その後、信尹は真田の陣を訪れ、信吉(広田亮平さん)・信政(大山真志さん)とも対面。
小山田茂誠(高木渉さん)、矢沢三十郎(迫田孝也さん)から佐助(藤井隆さん)経由で
大坂城内の幸村に連絡を取ります。
幸村のもとを訪れた信尹は、信政の態度にやや不安を覚えている模様...
家康の伝言は「読まんで良い」と言いながら一応渡すだけ渡しますが、幸村は読まずに破棄。
少ない出番ながら、相変わらずのカッコいい叔父さんでした。

信尹の調略失敗を受けて、家康は次の手を発動します。
本多正純(伊東孝明さん)から、織田有楽斎(井上順さん)に和睦を持ち掛けます。
やはり裏切り者はコイツか...と視聴者が思う間もなく、有楽斎は和睦を持ち出します。

勝っているのに和睦する必要はない、と主張する幸村に対して、
「勝っているからこそ有利な条件を引き出せる」と主張する有楽斎と大蔵卿局(峯村リエさん)。
一旦はもう暫く様子を見たい、と押し返す秀頼ですが、結局説得されてしまいます。
相変わらず謝ってばかりの大野治長(今井朋彦さん)...母親を制止できない良い人に描かれたいます。

その報せを聞いた幸村は、佐助に有楽斎を調査させつつ、茶々への直訴を決意。
「秀頼と一緒にいられれば、大坂城もいらないし領地もどこでも言い」という茶々...
士気に関わるので大っぴらに言わないように、と口止めする幸村です。

茶々の侍女がすっかり板についたきり(長澤まさみさん)は、
複雑な表情で茶々と幸村の階段を見つめています...
また、廊下ですれ違った初(はいだしょうこさん)は、幸村を頼りにしていると言いつつ、
茶々は死にたがっているのではないか...と気になることを口にします。

結局、有楽斎や大蔵卿局、秀頼を茶々がひっくり返します。
「自分の言葉の重みを自覚しろ」と言われていた秀頼は、納得できずに幸村に詰め寄ります...
幸村は「決めるのは秀頼だが、間違っていればあらゆる手段で正す」と返します。

一方、五人衆らは、ストレスを溜め始めていました。
和睦かどうかで方針が決まらず、結局戦闘はあまり起こっていなかったからです。
塙団右衛門(小手伸也さん)は、単独で夜襲をかける予定でした。
そこへ、後藤又兵衛(哀川翔さん)と毛利勝永(岡本健一さん)が同調。
明石全登(小林顕作さん)と長宗我部盛親(阿南健治さん)は理由を付けて辞退。
木村重成(白石準也さん)は一緒に行くようです...

この話を盛親から聞いた幸村は、いつもの赤備えではなく黒の具足で参戦。
驚く又兵衛らと、蜂須賀陣でひと暴れをしてきます。
話は幸村の計画通りに進むかに思われましたが...

徳川方に、イギリスから購入した大砲が、到着します。
ここで家康に呼ばれたのが、片桐且元(小林隆さん)...
大砲を撃ち込むのに、大坂城内の茶々の居場所を聞かれています。
それだけは勘弁を...と言う且元に、「むしろ茶々を避けたい」と応える家康。
視聴者を含め、善人が「嘘に決まっている!!」と叫ぶなか、本当のことを言ってしまう且元。
予想通り、家康は茶々のいそうな辺りに撃ち込むよう、命令します。

大坂城内では、きりが他の侍女から「なぜ落ち着いていられるのか」と訊かれています。
そんなところに...大砲が直撃...!!!
その侍女も犠牲になってしまいます。
呆然とする茶々...というところで、今回は幕、となりました。
この経験が、茶々の心を変えてしまうようです。

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました