So-net無料ブログ作成
検索選択

『真田丸』48話「引鉄」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
『引鉄』を「ひきがね」って読むのは、なかなか難しいですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、冬の陣後の和睦から夏の陣のきっかけまで...という辺りのお話でした。
徳川方と豊臣方の頭脳戦のような戦いが続くのですが、
前回に引き続き、徳川方の方が一枚上手であることが判明していきます。

まずは幸村(堺雅人さん)の策略からです。
後藤又兵衛(哀川翔さん)や毛利勝永(岡本健一さん)、塙団右衛門(小手伸也さん)を使って、
家康(内野聖陽さん)の本陣である茶臼山に夜襲をかけます。
とは言え、あまり深追いはせず、あっさりと引き揚げます。

幸村の狙いは、家康を大坂から移動させることでした。
その道中で、佐助(藤井隆さん)を使って家康の首を取ってしまおう、ということのようです。
家康が死んだだけで状況が変わるかどうかは不明ですが、
少なくとも秀忠(星野源さん)だけだったら、そこまで苦しめられないのでは...と思ったのか。

その上で、幸村は更に手を打ちます。
徳川方のスパイだと疑っている織田有楽斎(井上順さん)に事前に情報を漏らします。
嘘の襲撃計画を知らせるのですが、予想通りその計画は家康の耳に入ります。
その裏をかいて、幸村はその一日前に佐助を送り込みます。

佐助は、出発する前に、きり(長澤まさみさん)に会います。
「暗殺が成功したら結婚してくれ」と迫り、秒殺で断られます...
この返事がミッションの成否に関わらなければいいのですが。

京まであと5里、という辺りで家康一行は宿泊していました。
本多正純(伊東孝明さん)が部屋を出た後、佐助が侵入...家康を何と仕留めてしまいます。
そんな馬鹿な...という視聴者の声を代弁するように、
高梨内記(中原丈雄さん)が幸村に、家康が京に入った旨を報告します。
大坂に戻った佐助は、影武者を間違えて討ったことを思い知らされます。
「これで家康も肝を冷やしたはず」と幸村は慰めます。

幸村は、次なる決戦へ向けて、色々と手を打ち始めます。
まずは、軍事面...堀と真田丸を失った大坂城を守るために、
茶臼山と岡山の間に空堀を建設することを提案します。
やはり南側で決戦になる、という目論見のようです。

家康からは、「浪人を何とかしろ」という書状が秀頼(中川大志さん)に届きます。
「仕官先を探している」ことを理由に時間を稼ぐことを幸村は提案します。
そして...この辺りの経緯をまたまた徳川方に知らせようとした有楽斎の尻尾を捕まえます。
堂々としてるんだかケツの穴が小さいんだかわからない反応を見せる有楽斎を、
幸村は大坂城から追い出します...有働アナの「総括」付きで...

それに合わせるように大野治長(今井朋彦さん)が実母・大蔵卿局(峯村リエさん)から
実験をはく奪します。茶々(竹内結子さん)も、その決定を後押しします。
浪人を追い出すべし、という大蔵卿局の意見は、幸村や治長に否定されます。

幸村は、浪人たちの家族も大坂城に入れるように、取り計らいます。
治長も、大蔵卿局や実弟・治房(武田幸三さん)と団欒を楽しんでいます。
長宗我部盛親(阿南健治さん)はかつての家臣たちとお家再興を話し合い、
明石全登(小林顕作さん)は、クリスチャン仲間と信仰を確かめあっています。

又兵衛は木村重成(白石準也さん)と飲んでいますが、呼ぶ家族はいない模様...
そこへ大角与左衛門(樋浦勉さん)がつまみを持って現れ...悲しい過去を語ったりします。

幸村は、秀頼と話し合い、国替えの件も検討し始めます。
四国を希望したい、という二人の意見に、茶々も千(永野芽郁さん)も賛成します。
幸村は、更に盛親にも遠回しに四国を諦めるように説得...一応します。
千姫は後ほど、大坂を離れたいと言い出しますが...幸村に諭されます。

また、幸村は、信之(大泉洋さん)の息子たちにも会いに行きます。
久し振りに矢沢三十郎(迫田孝也さん)や小山田茂誠(高木渉さん)に会い、色々と話します。
ただ、やはり作戦に関することは話す訳にもいかず...微妙な空気が流れます。
信吉(広田亮平さん)・信政(大山真志さん)と大助(浦上晟周さん)も何ともギクシャク...
三十郎の機転で何とか収まりますが、やはり簡単ではないようです。

更に幸村は、茂誠から野戦のコツ(?)についても聞いたりしています。
刀よりは槍の方が...などと議論していますが、
「本陣の大将首を狙いたい」という幸村に、茂誠は鉄砲を勧めます。

幸村たちが大坂城に戻ると、堀田作兵衛(藤本隆宏さん)やきり、春(松岡莉優さん)が畑仕事中...
相変わらずの春ときりのやり取りはともかく、
実は幸村たちのいる場所は、元は茶室だったことが判明します。
そこへ作兵衛が何だか古い箱を掘り当て...そこには懐かしい利休(桂文枝さん)の印が...
開けてみると、今で言う短銃のようなモノが出てきました。
毛利勝永に聞いてみると、馬上から撃てるような鉄砲だということです...

ここからは、浪人を制御できない豊臣方のボロが出てくるお話...
まずは、浪人たちの懐が寂しくなったのでどうしようか、という話になったのですが、
もう暫く我慢させることで上層部はまとまるのですが、
何と治房が勝手に蔵から金銀を運び出してしまいます。
示しがつかなくなり、結局浪人全員に褒美を配ることになるのですが、
今度は浪人たちがそれで武器を買い出してしまいます。

また、堀を掘り戻したい、と主張する治房を又兵衛たちも止められず...
自分を叱責した兄・治長を大坂城内で襲ったりする始末。
信之との思い出話で説得を試みる幸村ですが、どうやら思いは伝わらなかったようです。

これらの動きを家康が見逃すはずもなく...諸大名に出陣を命じます。
治房らを止められなかった又兵衛ですが、
「戦になるときは止められない流れがある」というような、
感想とも決意ともとれるような言葉を幸村に語ります。

例の短銃を手入れし、再び使えるようにして戦の準備を進める幸村。
一方、幸村からの手紙を読んだ信之は、大坂に向かう決心をします。
「相変わらず策略を楽しんでいる」と言う三十郎に対し、
幸村は死を覚悟しており、止められるのは自分しかない、と語ります。

次回は、いよいよ夏の陣が近付いてくるようです。
遂にクライマックス...という感じです。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました