So-net無料ブログ作成

『真田丸』最終回のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、録画で22:00過ぎに拝見致しました。
サッカーが長引いてしまって...鹿島も、豊臣方以上に善戦しましたね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今週は、いよいよ最終回...!!
これまでの大河ドラマの中でも、かなり期待度の高い最終回でした。

まずは、信之(大泉洋さん)の帰り道から...
大坂から上田に戻る道すがら、とある尼寺に宿泊した信之ですが、
なんと、これまた領地に戻る途中の本多正信(近藤正臣さん)が同宿、相部屋に...
正信の、かなり若い(?)いびきに悩まされつつ、一晩を明かす信之でした。

大坂城では、決戦を間近に控えて、士気が高まっているようでした。
幸村(堺雅人さん)も、自らの配下を見回って、指示を与えていました。
ここで何と、本編の公式PRショートドラマ「ダメ田十勇士」に出演していた面々が家臣として登場。
才蔵(博多華丸さん)、六郎(矢本悠馬さん)、鎌之介(梅垣義明さん)、甚八(岩井秀人さん)、
清海入道(松村邦洋さん)、伊佐入道(脇知弘さん)、十蔵(鈴木拓さん)、小介(Mr.オクレさん)らです。
本心では勝てないと思っている彼らを前に、幸村は自分は命が惜しい、必ず戻って来る、と伝えます。

その後、幸村は佐助(藤井隆さん)と台所へ...
大角与左衛門(樋浦勉さん)を追い詰めます。
与八(今野浩喜さん)の遺体を確認し、与左衛門が密通していたことを確認します。
問い詰められた与左衛門は、自分の娘が秀吉(小日向文世さん)に手籠めにされた過去を吐露。
娘と妻が自害してしまったことから、豊臣家を恨むようになったようです。
与左衛門は串で自害を図るのですが...

秀頼(中川大志さん)を前に、最後の軍議が開かれます。
茶臼山に毛利勝永(岡本健一さん)と幸村が布陣し、家康(内野聖陽さん)の本陣を突き、
明石全登(小林顕作さん)がその背後に回って挟み撃ち...という戦略です。
秀忠の本陣の方は、大野治房(武田幸三さん)が担当します。
その上で、秀頼自身が出陣して...が、豊臣方の描いた絵でした。

幸村は、更に茶々(竹内結子さん)にも決意を語ります。
必ず勝てる、その後徳川と交渉して四国の主に...と説得します。
更に、ふりになった場合は、千(永野芽郁さん)を使者にして交渉を、と秘策も伝えます。

徳川方では、相変わらず秀忠(星野源さん)が焦っていました。
早く攻め潰そうと家康に進言するのですが、家康は焦っていません。
本多正純(伊東孝明さん)に、この期に及んで策を提案させます。
幸村が寝返ったというデマを流させ、秀頼にも降伏を促します。
この策が、結局秀頼の出馬を遅らせる...という解釈のようです。

計画通り、勝永と幸村は茶臼山に出陣します。
タイミングを計っていた二人でしたが、徳川方から先制攻撃を仕掛けられます。
もはや後戻りできない、と覚悟を決めた勝永は出陣。
幸村も後を追おうとしますが、ここで大助(浦上晟周さん)を大坂城に遣わせます。
秀頼の出陣を要請しつつ、足に傷を負った息子を気遣っているようです。

豊臣方は、予想を裏切って、善戦します。
勝永は初戦を勝利し、その先の真田信吉(広田亮平さん)の陣に近付きます。
信吉は、出陣の命がないことを理由に動きませんが、信政(大山真志さん)が動いてしまいます。
ただ、これも勝永に討ち破られ、信政は苦い経験をします。
小山田茂誠(高木渉さん)も、複雑な表情です...

大助は、城に戻って秀頼に出馬を要請します。
ところが、ここでも大蔵卿局(峯村リエさん)が大反対、足かせになります。
幸村が寝返ったという噂も効果を発揮しており...秀頼は真偽を確認させます。
すると、何と絶命していなかった与左衛門が幸村の裏切りを証言...秀頼も動けなくなります。

ただ、戦場では、引き続き豊臣方が圧倒しています。
勝永を追って出陣した幸村の軍も、破竹の勢いで進みます。
ここでまた、信吉の陣を通るのですが、信政が出迎える格好になってしまいます。
矢沢三十郎(迫田孝也さん)は信政を守るためにも、幸村たちに正面から挑みます。
ただ、幸村に軽くあしらわれてしまい...堀田作兵衛(藤本隆宏さん)に慰められます。

そのまま突き進んだ幸村、勝永らは家康本陣に迫ります。
また、治房らも秀忠の軍を圧倒します。
家康、秀忠とも陣を引き払い、敗走することになってしまいます。
予想以上の善戦に、大野治長(今井朋彦さん)も急いで秀頼の出馬を促すために城へ...

ただ、ここで痛恨のミスを犯してしまいます。
旗印として持って行った金成瓢箪を、城に持って帰ってしまいます。
秀頼が城に逃げ帰ったと思った雑兵たちが、戦線離脱してしまいます。

城では、いよいよ秀頼が出陣しようとしていました。
与左衛門の話がデマで、実は与左衛門が裏切り者だった...ということも判明します。
その上、与左衛門は台所に火を放ってしまいます。

これを敗走後に草陰に潜んでいた家康は見逃しません。
戦況が好転したことを本能的に察知し、逆襲に転じます。
ここから、豊臣方は一気に苦戦に追いやられます。

幸村も、何故か単騎で家康の本陣を再度目指します。
馬上筒の射程と思われるところで馬を止め、家康に狙いを定めます。
ここで、家康も男を見せます。
家康を殺してももはや時代は動かない、という宣告です。
幸村も「そんなことはわかっている、それでも討たねばならぬ」と啖呵を切ります。
あと一歩...と言うところで、秀忠が援軍に駆け付け、家康も助かります。
幸村は、佐助と忍術を駆使して、何とかそこから逃げ出すのですが...

秀頼は、結局出馬するタイミングを失ってしまいました。
それでも...という時に、茶々が引き止めます。
千を秀忠の陣に派遣したのです。
千は、きり(長澤まさみさん)が、幸村の指示通り連れて行きました。
家康と秀忠は、歓喜の表情で迎えます。

その後は...まぁ割と通説通りの描かれ方でした。
幸村は、その後休憩していた寺で自害(最期の場面は描かれず)、
茶々や秀頼は大坂城内の物置で最期の時を待つ(これも場面としては描かれず)...

そこからは、その後の時代の移り変わりを...
久し振りの寧(鈴木京香さん)は、片桐且元(小林隆さん)とお茶を楽しみ、
信之は正信の領地で、幸村が敗れたことを知り、
上杉景勝(遠藤憲一さん)、直江兼続(村上新悟さん)、伊達政宗(長谷川朝晴さん)達は
幸村の戦いぶりを見ながら感慨に浸っていました。

信之はその後松代藩10万石の大名となり、幕末まで続きます。
そして、佐久間象山を生み出して徳川幕府を追い込んでいく...という皮肉の紹介。
第一話からの名場面を紹介しながら、これにて幕、となりました。

結果がわかっているのに、最後までドキドキハラハラさせられました。
一年間、有難うございました。
また来年も、期待しております...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました