So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第5話「亀之丞帰る」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、2時間ほど前に録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回から、いよいよ次郎法師(柴咲コウさん)らが本格的に登場です。
前回のお話から約9年...亀之丞(三浦春馬さん)がなかなか井伊谷に帰れないなか、
小野政直(吹越満さん)は直盛(杉本哲太さん)にある提案をします。

その提案とは、政直の息子、鶴丸改め政次(高橋一生さん)と、
奥山朝利(でんでんさん)の娘を結婚させ、その子どもに跡を継がせようというもの。
直盛は考えた挙句、その提案を採用とするのですが、家中からは反対意見が噴出。
特に直平(前田吟さん)は、断じて認めない...という雰囲気です。

政直は、家に戻り、政次、弟の玄蕃(井上芳雄さん)らと酒を酌み交わします。
政直は、提案は採用されるだろうという見通しを語り、息子に恩を売ります。
複雑な表情を浮かべる政次ですが、何とその場で政直は倒れてしまいます。

何のためらいもなく、そのニュースに小躍りしてしまう直平...(苦笑)
直盛は相変わらず煮え切らない感じですが、次郎法師がやって来て直平の話をします。
直盛は、直平がそこまで怒るのは、
恐らく佐名(花總まりさん)を人質に、と政直が言ったのが原因ではないか、と話します。

それを聞いて、次郎法師は病床の政直に経緯と真意を聞きに行きます。
もはや死の床...というイメージの政直ですが、次郎法師の問いに、
「あくまで井伊家のためを思って提案したこと」と答えます。
次郎法師も「真実は受け取る側の心持ち次第」という返事をし、帰って行くのですが、
それもどうやら政直の計略だった模様...
納得できない政次に、「お前も同じようになる」と意味深な予言をします。
そして、中村梅雀さんによる、政直のナレ死が宣告されます...

一方、前回に引き続き、文通相手の瀬名(菜々緒さん)から手紙が届きます。
せっかくの蹴鞠でゲットした今川義元(春風亭昇太さん)の息子・氏真(尾上松也さん)ですが、
北条家から嫁を迎えることになった模様です。
かなりの迫力で恨み言を綴る瀬名ですが、今川家は北条・武田と同盟関係を結び、
いよいよその態勢は盤石...というような感じです。
また、同時期に人質に出されていた後の徳川家康・竹千代(阿部サダオさん)も登場...
今のところ、瀬名の方は竹千代を全く意識はしていない模様です。

という訳で、今川家は三河を侵略し、武田家は南信州をゲットしようとします。
それに伴って、その辺りに匿われていた亀之丞が井伊谷に戻ることになりました。
引き続き直平は大喜び...こんなにストレートで大丈夫なんでしょうか...
直盛は政次にその報告をし、同時に政次の縁談とその子が跡取りになる計画を取り止めます。
今のところ、政次は反発するではなく、静かにその決定を受け容れます。

そして、いよいよ亀之丞が戻って来ます。
直盛らだけでなく、千賀(財前直見さん)らもその帰還を見届けようとします。
子どもの頃の病弱なイメージをすっかり払拭した亀之丞が井伊谷に到着。
政次とも再会を喜び合います。

一方、次郎法師は、亀之丞が戻ると聞いてから、煩悩に悩まされていました。
政次にも色々と冷やかされながらも、煩悩を振り払おうと修行に励みます。
亀之丞が直満(宇梶剛士さん)みたいに成長していないか...という楽しい悩み(?)も織り交ぜつつ、
還俗して結婚できるのか...というのが親族も含めた一番の課題です。

亀之丞は、まだ元服していませんでした。
元服は井伊谷で...という思いを持ち続けていたようです。
直盛は、その烏帽子親に奥山朝利を指名しました。

その後、山籠もりから戻った次郎法師も、いよいよ亀之丞と再会...!!
亀之丞は「おとわと夫婦になる」と宣言しますが...という辺りで幕となりました。
確か史実では、戻った時には既に子どもがいた、というお話だったような気がしますが...
そんな茶々は入れずに、次回を楽しみにしましょう。

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました