So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第26話「誰がために城はある」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、少し遅れて録画で拝見致しました。
都議選も大変みたいですが、藤井四段も遂に負けちゃいましたね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、気賀をめぐる今川家内のゴタゴタの始まり...についてです。
前回、材木横流しを謀反の疑いととられ、氏真(尾上松也さん)に申し開きに来た直虎(柴咲コウさん)。
奥山六左衛門(田中美央さん)や瀬戸方久(ムロツヨシさん)、龍雲丸(柳楽優弥さん)らの活躍で、
売った材木を取り戻し、駿府に届けることに成功します。

それを見た氏真は、言葉が出ず...
直虎も、中野直之(矢本悠馬さん)とともに、最終判決を別室で待ちます。
そこへ関口氏経(矢島健一さん)がやって来て、申し開き成立を告げます。
一安心する直虎と直之ですが、氏経は材木はそのまま駿府に...と言います。
六左衛門らとも再会しますが、材木の件は...何となく流されます。

その後、直虎は寿桂尼(浅丘ルリ子さん)と面会。
この方も一時は生死の境をさまよった筈ですが、今ではかなりお元気に。
直虎の活躍を耳にしているようで、基本的には喜んでいるようです。
直虎も、引き続きのサポートをお願いします。

一方、小野政次(高橋一生さん)は、氏経に慰められます。
その場で、材木の使い道についても耳打ちされたようなのですが...
井伊谷に戻った直虎と政次は、碁盤を挟んで語り合います。
珍しく負けそうな政次ですが...耳打ちの内容はまだ明かせないようです。

その頃、気賀では騒動が始まっていました。
龍雲丸のもとには、例の材木が気賀に運ばれてきた、という情報が持ち込まれます。
一方、中村与太夫(本田博太郎さん)の屋敷には気賀の有力商人が集められていました。
そこへ、浜名湖沿岸の今川家国衆・大沢基胤(嶋田久作さん)の家臣がやって来ます。
用件は、気賀に城を築き、基胤が治める...というお話。

これには、気賀の商人たちも大反対。
伊勢屋(松尾貴史さん)は「何のために今川に上納金を払ってきたのか」と食いつきます。
ただ、「氏真直々の命だ」と言われ、さすがにそれ以上の反論はできません。

龍雲丸は、でも納得できないようです。
与太夫に不満をぶつけますが、どうしようもできないようです。
その後、龍雲丸は直虎のもとへ乗り込んできます。
直虎は、しの(貫地谷しほりさん)や祐椿尼(財前直見さん)、梅(梅沢昌代さん)、
高瀬(高橋ひかるさん)らと、下ネタっぽい噂話をしているところでした。
直虎にとっても寝耳に水のお話...とは言え今川に反抗するとも言えません。
龍雲丸は、落胆した様子で去って行きます。

直虎は、例の井戸端で政次と話をします。
何とか龍雲丸らをサポートしたい、と言う直虎に、「誰の領主か」となじる政次...
以前言っていた、彼らのために井伊家が使われるのが我慢できないようです。

その後、龍雲丸は基胤の築城を邪魔する工作を始めます。
材木を燃やしたり、大工道具を盗んだりしたようです。
ある意味効果が出たようで、基胤の家臣が井伊に材木を追加オーダーしにやって来ます。

直虎は黙って話を聞いていましたが、何かを決心したように走り出します。
ちょうど政次とすれ違いますが、無視して出かけようとします。
「下知にまた逆らうのか」と詰問する政次に、それを否定する直虎...
直之と馬で気賀に向かいます。

政次は、南渓和尚(小林薫さん)に愚痴をこぼしています。
いつも面倒な方向に行っちゃう...と言う政次ですが、
南渓は「それが良い方向、ということもあるのでは」とフォローします。

気賀に着いてみると、住民同士が石を投げ合っていました...治安がかなり悪化しています。
与太夫の屋敷に到着して事情を聞きますが、どうやら築城賛成・反対派に分かれている模様...
反対派の伊勢屋は、龍雲丸らと三河の国衆を頼ろうか、としています。
一方、賛成派の熊野屋(小倉一郎さん)らは基胤に取り入ろうとしています。

そこで直虎は、「話によっては材木の件を考える」と言って、両派を呼び出します。
その提案につられて、結局みんな集まってくるのですが...直虎がそこで提案します。
このままでは今川家の思うつぼだ...矛を収めては...と。
反対派に対しては、問題は城ではなくて武士の介入だ...と説得し、
彼らが納得すると、賛成派の方も半ば無理やりそれに賛成させます。
話がまとまった...と思った途端、龍雲丸が反対の声をあげます。

その後フォローに向かう直虎ですが、龍雲丸は、どうやら親が城を守って討ち死にしたようです。
その記憶を拭い切れていない龍雲丸を説得しようとする直虎ですが...
龍雲丸は、気賀を出て行く、と言うばかりです。

井伊谷に戻った直虎は、家臣たちと話をしますが、ややモヤモヤ...
まぁ仕方ないか、となったところで、方久が変な声を出します。
気賀を井伊に治めさせてもらえば...という提案です。
気賀の町人衆の支持も、基胤よりは集められるのではないか、というのが根拠です。
ただ、今川の許しが出るか...が一番の課題。
方久に言わせれば「逆に言うと課題はそれだけ」なのですが、果たして...

というところで、今回は幕、となりました。
次回はこのお話の続きのようですが...どうなりますやら。

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました