So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第47話「決戦は高天神」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、悲劇を乗り越える徳川家と、そこに絡む直虎(柴咲コウさん)の想い...って感じでした。
若干動きの乏しい感じの回でしたが、次回以降の本能寺に向けた伏線でしょうか...

さて、前回万千代(菅田将暉さん)に思いの丈をぶつけた家康(阿部サダヲさん)。
万千代に説得され、教訓を未来に生かすことを決意します。
まずは本多忠勝(高嶋政宏さん)を岡崎に派遣し、
信康(平埜生成さん)と瀬名(菜々緒さん)の後を追おうとしていた石川数正(中村織央さん)を説得。

ほぼ同時に家康も岡崎城に入り、家臣たちに本心を晒します。
自分は信康と瀬名を守りたかったのだが、織田に頭が上がらず守り切れなかった、
そんな弱い主だが力を貸して欲しい...という趣旨です。
それを聞いて止めようとする榊原康政(尾身としのりさん)を万千代が制します。
直虎が以前甚兵衛(山本學さん)らに語ったことをもとにしているようです。
康政も、万千代の考えに感服している模様です。

数正も家康の姿に涙ながらに頭を垂れます。
酒井忠次(みのすけさん)は、自分も二人を守れなかった罪を背負っていると共闘を呼びかけます。
家康はその場で、「二人のためにも駿河を獲りたい」と宣言し、
忠勝がすかさずその場を盛り上げ、まるで決起集会のような盛り上がりです。

龍潭寺の直虎のもとには、久し振りに中野直之(矢本悠馬さん)と奥山六左衛門(田中美央さん)が...
家康の駿河攻めで砦建設に材木が必要になり、駆り出された模様です。
彼らを見送りながら、何とか戦がなくならないものか...と呟く直虎でした。

高天神に二人が到着すると、万千代が軍議に参加していました。
武田方への兵糧ルートをいかに断つか、という相談です。
久し振りの二人は、万千代との再会を楽しみます。

その後二人は、万千代、万福(井之脇海さん)らと材木伐採現場へ。
作業員らと話すのですが、なぜか「竜宮小僧」の話に...
地方によって呼び方が違う、という話を楽しむのですが、そのうちの一つに聞き覚えがある直之...
すっきりしない直之に、六左衛門は高瀬(朝倉あきさん)が同じ名前を使っていたとアドバイス。
高瀬が武田領から戻ったことを思い出した二人は、彼らが武田の間者であることを察知します。

彼らを捕えて万千代に差し出す直之と六左衛門...
ちょうど高天神の井戸や水路の情報を欲しがっていた万千代は、
彼らを見逃す代わりにその情報を教えるように迫ります。
その情報をもとに水路を断つことに成功した万千代は、何と二万石に加増...!!

その報せは、井伊谷にも届きます。
昊天(小松和重さん)から万千代の手紙を受け取った直虎はビックリ。
その手紙には、更に直之と六左衛門を召し抱えたい、と書かれていました。
驚きと喜びが入り混じる直虎...直接話したいと高天神へ向かいます。

相変わらずの尼さんルックで戦場に到着した直虎ら。
ちょうど忠勝が上半身裸で休憩中...何だか直虎を見初めたような設定です。
万福に万千代を呼びに行かせ、直虎とニヤニヤしながら話し込みます。
そこへ忠次が織田からのお客様をご案内...援軍を「押し付けられた」と話す忠勝です。

その後万千代と再会した直虎は、家康の作戦、策略を聞かされます。
曰く、家康は戦が好きではなく、血を流さずに終わらせたい、
そのために砦を建設しまくって武田方を包囲し、降伏させるつもりのようです。
しかも、武田方を叩きのめすのではなく、丸ごと徳川方に抱え込みたいそうです。
それは、敵を叩きのめし続ける織田信長(市川海老蔵さん)へのアンチテーゼと言うか...
敵を取り込むことで大きくなりたい...と願う家康なのでした。

その話を聞いた直虎は、自分の考えが間違っていなかったことを確信します。
直之と六左衛門の件を近藤康用(橋本じゅんさん)に相談すると言い残して帰ります。
ただ、直之は自分は「井伊谷の番人」なので他の場所には行けない、と断ります...
万千代は別れ際に「井伊谷を獲るつもりはない」と言い出し、直虎を驚かせます。

龍潭寺に戻った直虎は、南渓和尚(小林薫さん)に報告。
織田と徳川の力の差を実感しながら、攻撃オンリーの織田家の限界を指摘します。
まぁ先がわかっているからこそ、という感じもありますが...

高天神では、松下常慶(和田正人さん)がニュースを持って駆け込んで来ます。
武田方から「降伏したい」という矢文が届いたようなのです。
狙いが当たって大喜びの家康たちなのですが、そこへ織田方から非情な通告が...
高天神は降伏ではなく、武力で征服せよ、という指示でした。
家臣の反対を押し切り、辛い指示を受け入れる家康...

戦場から戻った六左衛門に顛末を聞き、家康に感情移入する直虎。
一方、直之は例の井戸端で小野政次(高橋一生さん)に報告をしていました。
そこで、再度万千代への仕官を説得する直虎。
直之は、これまでの数奇な宿命を冗談で呪いつつ、直虎に従うことを決意します。
二人は家康の前で、臣従を誓うのでした。

その後、武田勝頼(奥野瑛太さん)が自害...武田家が滅亡します。
思えば昨年はここからのスタートでしたが...今年は信長による旧武田領の仕置きが発表されます。
家康は念願の駿河をゲットし、家康は瀬名(紅入れ)と信康(碁盤)に献杯するのでした。

仕置きの発表をしていたのは明智光秀(光石研さん)ですが、
来週は旧武田領視察の信長が描かれるようです...いよいよ本能寺へ、という感じでしょうか。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。