So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第1話「薩摩のやっせんぼ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

いよいよ、2018年の大河ドラマが始まりました。
ちょっとご無沙汰しておりましたが、初回の感想をご報告致します。
あちこちで、あんまり評判は良くないようですが、個人的にはまだわからない...という感じです。

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

初回は、あらすじがどうこう、と言うよりも、背景や環境の説明、という感じでした。
冒頭は、西郷隆盛の銅像の除幕式...でした。
弟の西郷従道(錦戸亮さん)と三人目の妻・西郷糸(黒木華さん)が出席していますが、
糸が「西郷隆盛本人と違う」と言う...というエピソード紹介です。
ただ、理由は良くわからない...というナレーション(西田敏行さん)のフォロー付きです。
その後、隆盛(鈴木亮平さん)が映像で紹介されます。

さて、話は隆盛の幼少時代、小吉と呼ばれていた頃に遡ります。
演じているのは、渡邉蒼さんという方だそうです。
幕末の薩摩では、郷中教育と呼ばれる、いわば町内会単位での教育が実施されていました。
小吉も、下鍛冶屋町郷中というところに所属しているのですが、
他の郷中との競争、時々喧嘩が絶えないようでした。

また、薩摩藩では、
藩主・斉興(鹿賀丈史さん)と嫡男・斉彬(渡辺謙さん)が若干上手くいっていない感じ。
そこに、斉興の側室・由羅(小柳ルミ子さん)とその子・久光(青木崇高さん)が絡みます。
斉彬は、いち早く海外に注目しているのですが、逆にお金がかかり過ぎ...
そこへ由羅が食らいつこうとしている...という雰囲気を醸し出しておりました。

そんな環境で、主に紹介されたエピソードは...
- 西郷は腕白で力も強かったが、喧嘩がもとで刀傷を負い、腕が上がらくなった
- 女性が差別されていて、郷中にも入れない...のをシンプルに疑問に思っていた
- 斉彬と縁があって何度も遭遇し、感銘を受けた
という感じでしょうか。

とは言え、下級武士の家である西郷家や大久保家...
小吉の父・吉兵衛(風間杜夫さん)や母・満佐(松坂慶子さん)、
祖母・きみ(水野久美さん)、祖父・龍右衛門(大村崑さん)、使用人・熊吉(塚地武雅さん)など、
味のあるメンバーが配置されています。
後ほど、瑛太さんが演じる盟友・大久保利通の少年時代は石川樹さんが演じ、
その父・次右衛門は平田満さんです。

また、各郷中の指南役として、赤山靱負(沢村一樹さん)が登場。
お由羅騒動にも絡む役回りですが、初回はかなり頼りがいのある雰囲気でした。
次回からは、いよいよ鈴木亮平さんが登場し、話が展開していくようです。

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。