So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第3話「子どもは国の宝」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、いわゆる「お由羅騒動」の経緯についてでした。
総合的には、割と昔から言われている筋書きをなぞっている感じでした...
由羅(小柳ルミ子さん)が特にやや悪意を持って描かれているように見えるのが少し...(苦笑)

まずは、西郷家の窮状について、です。
吉之助(鈴木亮介さん)の祖父・龍右衛門(大村崑さん)が病気がちで、
そこへ更に弟までが食あたりらしい症状で苦しみだします。
山で熊吉(塚地武雅さん)と猪を刈って来た吉之助は、その猪を売りに行くと言って、
父・吉兵衛(風間杜夫さん)と言い争いになってしまいます。
お隣さんの大久保正助(瑛太さん)・次右衛門(平田満さん)親子に止められますが...

結局、吉兵衛・吉之助は赤山靱負(沢村一樹さん)の紹介で商人に借金に行きます。
上から目線で依頼する吉兵衛では話にならず、吉之助が土下座して何とかお金を借ります。
「領民のことを考え、裏表がない」という、少しわざとらしい誉め言葉...

その帰り、お金の感触を楽しむ親子の前に、父親が追放された武士の子が、
畑から芋を盗もうとした、と追われているのを目撃します。
その子を救おうとして、逆にその武道の腕前に驚く吉之助...

その頃、江戸では島津斉彬(渡辺謙さん)が動いていました。
薩摩藩の密貿易などの悪事を、何と自ら老中首座・阿部正弘(藤木直人さん)にチクっていました。
正弘も、斉彬の決起を待っていたようで、早速捜査に着手します。

さて、薩摩では、西郷親子が借りた金で米を買い、一族その他にふるまっています。
ついでに熊吉の母親にも米を送ることにし、熊吉と吉之助が運んでいきます。
その晩は熊吉の実家に宿泊した吉之助らですが、
翌早朝、脱藩しようとしていた例の芋泥棒少年一家を目撃します。
死罪覚悟で藩を出ようとする一家を何とか説得し、大八車を貸す吉之助...

江戸では、正弘の取り調べが、調所広郷(竜雷太さん)に及んでいました。
全て自分の罪だと認めつつ、誰がチクったか気にする広郷...
そこへ斉彬が現れ、広郷も犯人を悟ります。
その晩飲みに誘う斉彬の誘いを断り、広郷は服毒自殺してしまいます...!!
「死なせたくはなかった」と酒を飲む斉彬ですが...何だか。

吉之助は、脱藩幇助の疑いで城に呼び出されます。
処罰が下りそうなところで、靱負が登場し、事なきを得ます。
正助と糸(黒木華さん)が助け舟を出したのでした...
靱負に武士たちの窮状を訴える吉之助と正助。
斉彬が藩主になる日も近い、と勇気づける靱負でしたが...

広郷自害の報せは、薩摩にも届きます。
藩主・斉興(加賀丈史さん)は激怒し、斉彬の異母弟・久光(青木崇高さん)を呼び出します。
由羅は、斉彬と喜久(戸田菜穂さん)の子を呪い殺した噂も立てられ、
若干わざとらしく自らの身にも危険が...と訴えます。
斉興は、斉彬派の面々を処罰し始めます。

周囲を気にして密会を続ける吉之助や正助。
吉之助の弟・吉二郎(渡部豪太さん)や大山格之助(北村有起哉さん)、有村俊斎(高橋光臣さん)、
村田新八(堀井新太さん)、有馬新七(増田修一朗さん)も加わっています。
そこへ、吉兵衛が、何と靱負が切腹処分、という衝撃ニュースを持って帰って来ます。

果たして、騒動はどういう結末を迎えるのか...というところで、本日は幕となりました。
史実は知っているとは言え、どういう描写をされるのか、気になります。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。