So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第7話「背中の母」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、色々とあって昨日再放送を拝見致しました。
オリンピックは、いよいよ閉会式ですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

毎回言いますが、今年はあんまり密度が濃くないような気がします。
今回も、大きく分けると、
- 西郷家の悲劇
- 薩摩藩の状況...が触れられていました。

西郷家の悲劇の方は...
まず、冒頭で吉之助(鈴木亮介さん)の祖父・龍右衛門(大村崑さん)が亡くなってしまいます。
これは、ずっと結核を患っていましたので、まぁ想定の範囲内です。
祖母・きみ(水野久美さん)も、「心残りは吉之助の結婚だけだった」と言います。
これを聞いた吉兵衛(風間杜夫さん)は、前回の縁談を再度進めるべく走り出します。

そうして伊集院家から須賀(橋本愛さん)が嫁にやって来ます。
ただ、あまり愛想の良くない嫁で...周囲は若干困惑します。
そこで、吉兵衛が満佐(松坂慶子さん)との苦労話をぶっちゃけ...ます。
それで理解し合えたと思ったら...何と吉兵衛が急死してしまいます。

そして、満佐も体調を崩し、吉之助に背負われながら息絶えました。
結婚から半年の間の出来事、だったそうです...
両親は、吉之助の苦労をあまり見ていないんですね。

一方、島津家では...
斉彬(渡辺謙さん)のもとには、アメリカの艦船接近情報が入ります。
ジョン万次郎(劇団ひとりさん)からの情報もあり、驚かずに覚悟を決める斉彬。
山田為久(徳井優さん)に、東京へ連れて行く若手人材募集を指示します。

吉之助は、母親の身を案じてその募集には応募せず、
大山格之介(北村有起哉さん)と有村俊斎(高橋正臣さん)が選ばれます。
相変わらず大久保正助(瑛太さん)は謹慎中...という感じでした。

後ほど、第8話もまとめます。
ではでは...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。