So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第12話「運の強き姫君」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
あっと言う間に桜も満開ですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、篤姫(北川景子さん)輿入れ実現...辺りのお話です。
何だかいつにも増して、若干わざとらしい展開だった気がします...(苦笑)

冒頭、斉彬(渡辺謙さん)が、お由羅騒動の関係者をようやく赦免します。
大久保正助(瑛太さん)の父、次右衛門(平田満さん)も、戻って来ます。
吉兵衛(風間杜夫さん)や満佐(松坂慶子さん)がいない西郷家を見て感慨にふける次右衛門...
熊吉(塚地武雅さん)やきみ(水野久美さん)も複雑な表情です。

一方、江戸では篤姫がやって来て2年が経っておりました。
輿入れが実現しないことに焦る幾島(南野陽子さん)...
制止する吉之助(鈴木亮介さん)を振り切って、斉彬に談判します。
女性のネットワークを使って後押しすることを提案します。

吉之助が一橋慶喜(松田翔太さん)のセリフを思い出していると、
山田為久(徳井優さん)に書状の配達と資金を使った工作を依頼されます。
そこへ当の篤姫も現れ、輿入れの件を相談します。
「どうしても輿入れしたいのか」と若干意味不明の確認をする吉之助です。

さて、斉彬の了承を貰った幾島は、まずは吉之助と磯田屋へ偵察へ...
かなりバレバレないでたちでしたが、吉之助が呆気にとられるなか、
ふき(高梨臨さん)らに他藩の藩士たちの情報を聞き出す幾島でした。

...と、吉之助も、為久と一緒にお座敷にいます。
良くわからない舞を披露して、関係者に根回ししているようです。
とても怪しげな接待ですが、何故かこれが受けてしまいます...
屋敷に戻ると、今度は吉之助が遊んでいると勘違いしている
大山格之介(北村有起哉さん)と有村俊斎(高橋正臣さん)に絡まれます...(苦笑)

薩摩では、正助が久光(青木崇高さん)に資料に紛れ込ませた礼状を届けています。
この辺りが、今後の伏線になるのでしょうか...

幾島は、早速思惑通り大奥への潜入に成功。
徳川家定(又吉直樹さん)の生母・本寿院(泉ピン子さん)に面会します。
プレゼント攻勢に、あっさり真意を理解する本寿院。
何故か、一番のポイントは健康面...ということでした。

それで早速家定本人に決断を迫る本寿院。
阿部正弘(藤木直人さん)と井伊直弼(佐野史郎さん)の前で、何と似顔絵で選ばせようとします。
池のアヒルまで死んでしまったことを嘆く家定は「死なない姫はどれだ?」と尋ねます。
本寿院は「死なない姫はいないけど強いのは篤姫」と押し切ってしまいます。
呆気にとられる直弼を迫力で制する本寿院...そんなんで良いんでしょうか...

という訳で、お輿入れの日程が決まってしまいました。
喜ぶ篤姫に、何と幾島も薩摩弁で言葉をかけるなど、大盛り上がりです。
篤姫は、幾島に引き続きの指導を願います。
しかし、吉之助は慶喜が言った「世継ぎは望めない」という話がずっと気になっていました。
斉彬に意見しますが、斉彬は自分がいつか言う...と応えます。

そして、そのやり取りを、幾島も聞いてしまいます。
そんで、例の春画教材を燃やすのですが...色々大丈夫なんでしょうか。
翌日からは、何故か長刀の訓練もハードになります。
止めようとする吉之助を振り切って、「強くなれ」と篤姫に迫ります。

いよいよ輿入れ、という頃になって、斉彬は家定に実情を篤姫に話します。
その上で「本当のミッションは慶喜を後継にすること」と伝えます。
かなりショックを受ける篤姫ですが...気丈に振舞います。
感涙にむせぶ吉之助と幾島でした...

...とそこへ、いわゆる安政大地震が起こります。
崩れ落ちる藩邸...斉彬の無事を確認した吉之助は篤姫のもとへ...
身を挺して守ってくれた吉之助に、篤姫がポロっと本音を漏らします。
斉彬も家定もいない世界へ逃げ出したい...そうです。

とは言え、それが無理なことは篤姫自身も吉之助も理解していました。
駆け付けた幾島に無事を報告し、吉之助に下がるように言いつける篤姫でした。
今週はここで幕、となりました。

次回は吉之助が薩摩へ凱旋するようですが...どうなりますやら。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。