So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第17話「西郷入水」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
皆さま、GWはいかがお過ごしだったのでしょうか...?
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、月照(尾上菊之助さん)を連れ帰った吉之助(鈴木亮介さん)のその後...です。
前回、有村俊斎(高橋正臣さん)と命からがら月照を薩摩へと連れ帰った吉之助。
危ない目にあいながらも、何とか西郷家に連れて行くことに成功します。

呆気にとられる吉二郎(渡部豪太さん)や熊吉(塚地武雅さん)に指示を出す吉之助...
取りあえず、西郷家で暫く匿うことにした模様です。
一方、きみ(水野久美さん)は、少し痴呆が入っているようでした。
西郷家の世話により、月照も何とか快方に向かったようです。

その頃、あちこちで色々と変化があったのですが...
江戸では、篤姫(北川景子さん)が天璋院と名前を変えていました。
新しい将軍・家茂に「実の母だと思ってくれ」と告げますが、
家茂に「私が嫌いでしょ...?」と言われてしまいます。
フォローしようにも、井伊直弼(佐野史郎さん)が立ちはだかります...
この件で責任を感じたのか、幾島(南野陽子さん)は辞任を申し出ます。

薩摩では、斉彬(渡辺謙さん)亡き後の権力争いが静かに進行していました。
斉彬が逝去する直前、久光(青木崇高さん)は斉彬の嫡男・哲丸を当主に...と提案しますが、
斉彬は哲丸がまだ赤ん坊であることを理由に、久光の嫡男・茂久を当主に推します。
久光を後見人として、斉彬の遺志を引き継ぐように、ということだったのですが...
肝心の場面で、斉興(加賀丈史さん)の横槍が入ります。
斉彬の路線を全否定し、幕府に恭順の意を示します。

そんな状況下で、吉之助と月照の運命は...日向送りという事実上の処刑です。
これに対して、大久保正助(瑛太さん)が猛然と運動を展開します。
有馬新七(増田修一朗さん)や大山格之介(北村有起哉さん)も動揺しますが、
正助が吉之助の助命嘆願に駆け回ります。

まずは妻・満寿(美村里恵さん)経由で山田為久(徳井優さん)のもとへ...
吉之助と月照の助命を願い出ますが、斉興のカムバックにより、とても言い出せない為久。
すると、今度は久光のもとへ向かいますが、こちらは逆ギレで門前払い。
更に更に、今度は為久経由で斉興に面会し、呆れられながらも、
月照を処刑すれば吉之助は助ける、という条件を引き出します。

その条件を吉之助に伝え、船が出るのを見送る正助。
一方で吉之助も、処刑のことは言い出せずに家を出て行くのですが...
戻って来た正助に、吉之助が例の脇差を置いて行ったことを告げる吉二郎。
吉之助が死ぬ気だったことに今更気づいて吉之助を追いかける正助ですが...

船上で震える月照に、自分も一緒に...と提案する吉之助。
ボーイズラブ...と言えるかどうかわかりませんが、手を取り合って入水します。
その場面で今回は幕となりました。

次回からは、奄美黄島での流刑人としての生活が描かれるようです。
新しい出演者も登場するようです。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。