So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第18話「流人 菊池源吾」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回から、奄美大島での生活が描かれます。
後に吉之助(鈴木亮介さん)と結ばれる愛加那(二階堂ふみさん)に、
島の相談相手・ユタ(秋山菜津子さん)が、
「災いを持った夫がやって来る」と予言するところから始まります。

前回、月照(尾上菊之助さん)と入水自殺した吉之助は、奇跡的に助けられました。
熊吉(塚地武雅さん)や琴(桜庭みなみさん)、吉二郎(渡部豪太さん)が看病していると、
三日ぶりに吉之助が目を覚まします。
大久保正助(瑛太さん)や大山格之介(北村有起哉さん)は喜びますが、
吉之助は「なぜ死なせてくれなかった...」と憤ります。
ちなみに、史実とは異なり、正助が助けたことになった模様です...

そうして、吉之助は奄美大島に流されていきます。
幕府の追及を逃れるため、菊池源吾と名前を変えたようです。

奄美大島は、琉球支配から薩摩支配に移り、重い年貢に苦しめられていました。
龍佐民(柄本明さん)の屋敷の離れに滞在することになった吉之助ですが...
当初は自殺できなかった悔しさからか、荒んだ生活を送ります。
愛加那は、兄の富樫(高橋努さん)にも、その状況を説明します。

薩摩からの流人には、滞在中の「妻」を差し出す習慣があるようです。
ただ、吉之助は諸々の世話や提案をことごとく拒否しているようです。
佐民やその妻・石千代金(木内みどりさん)もその「妻」を探しますが...
仕方なく愛加那が食事を作って持って行きます。

ただ、やはり拒否する吉之助...
なぜか、愛加那の手の入れ墨(魔除けだそうです)に反応します。
食事を投げつけて出て行ってしまう吉之助...愛加那も怒り爆発....
海に向かって吉之助を呪います。

一方、島には薩摩藩の島代官・田中雄之介(近藤芳正さん)が年貢の取り立てにやって来ます。
不作で年貢が足りない...と叱責する雄之介...他の作物を作らないように指示します。
そこで愛加那の弟が砂糖を舐めてしまい、役人たちと一悶着起こします。
そこへ吉之助が乱入し、役人相手にブチ切れます。
雄之介も、いわゆる「悪代官」風に振舞っていますが...

吉之助には、薩摩からコメなどが送られてきているようです。
その翌日、吉之助と役人とのいざこざの理由を話す愛加那...
今まで信じていた斉彬(渡辺謙さん)のせいで、重税に苦しんでいると話す愛加那。
斉彬の想いは、ここまでは届いていなかったようです...
ここで再度吉之助を海に向かって呪うのですが...

しばらく経った雨の日...薩摩からの手紙を見聞役の木場伝内(谷田歩さん)が届けます。
それは正助からで、安政の大獄の経緯を知らせてきたものでした。
井伊直弼(佐野史郎さん)の命により、橋本佐内(風間俊介さん)が処刑されたと知った吉之助...
その夜は雨の中徘徊したのか、翌朝愛加那に道端で倒れているところを発見されます。

まだ息はあるものの、高熱にうなされる吉之助...
どうやら蚊に刺されたことが原因のようです。
流人が死んでしまっては責任問題になる佐民らは、懸命の看病をします。
発作が出て暴れる吉之助を、全員で何とか押さえます。
その甲斐あって、何とか吉之助は快復...愛加那の作った粥を食べられるようになります。

佐民が話すところによると、
愛加那の父親は薩摩藩の圧政・重税を訴えに行って帰って来なかったようです。
その愛加那の想いに、吉之助はようやく目を覚ました...感じです。
まずは、愛加那に島の事情を教えてもらうようにお願いします。
意を決した愛加那も、吉之助の手を引いて走り出す...というところで今回は幕となりました。

次回は、薩摩藩との軋轢と、愛加那との関係が展開していくようです。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。