So-net無料ブログ作成

『真田丸』47話「反撃」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、珍しくほぼリアルタイムで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、大坂冬の陣後の和睦交渉について...の回でした。
徐々に後がなくなる豊臣方と、巧みに追い込んでいく徳川方、という印象でした。

前回の最後で、大坂城にイギリス製の大砲が撃ち込まれていました。
侍女があっけなく死んでしまうのを目の当たりにした茶々(竹内結子さん)は、
きり(長澤まさみさん)に何とか制止されます。
生気を失ってしまった茶々は、一気に徳川方との和睦に動き出します。

一方、徳川方では片桐且元(小林隆さん)が悲しみに沈んでいました。
家康(内野聖陽さん)の真っ赤なウソにはまった訳ですが、まぁ何と言うか...
この半年後に急死した、原因は不明...という有働アナの解説が入りました。

和睦の話を聞いた幸村(堺雅人さん)は、断固反対します。
まだ戦は終わった訳ではない、という主張です。

和睦の報せは、浪人衆にも広がっていました。
和睦が成立してしまうと、浪人は用済みになるのでは...と皆危惧しています。
後藤又兵衛(哀川翔さん)は塙団衛門(小手伸也さん)は、堀田作兵衛(藤本隆宏さん)を呼び出します。
幸村は信用できるのか...と詰め寄る又兵衛や毛利勝永(岡本健一さん)に対して、
作兵衛は「義に篤い昌幸(草刈正雄さん)の息子だ」と言い返します。
浪人衆も、何とか納得した模様です。

その頃、江戸では信之(大泉洋さん)が、またまたお通(八木亜矢子さん)の所へ行ってました。
耳掃除なんかをしてもらいながら、かなりくつろいだ様子...
何とそこへ、稲(吉田羊さん)とこう(長野里美さん)が突然登場...!!
一気に修羅場へと化してしまいます。
信之は客でしかない、お金も取っている、というお通の主張に、これまた驚く信之。
どこまでが本当か...全くキツネにつままれた様子の信之さんでした。

大坂では、和睦に向けた話し合いが始まっていました。
書状でのやり取りで下交渉が進むのですが、やはり対面で交渉を...ということになりました。
織田有楽斎(井上順さん)が交渉役に立候補するのですが、幸村が一計を案じます。
相手には本多正信(近藤正臣さん)がいるので、交渉を有利に進められない、と言うのです。
という訳で、女性が交渉すべき、交渉役には初(はいだしょうこさん)を推薦します。

徳川方では、その正信がまたまた秀忠(星野源さん)に戦略を教えていました。
和睦などせずに攻めるべき、と言う秀忠に、和睦はフェイクでその後攻めるのだ、と言います。
活躍の場を奪われた正信に代わって、阿茶局(斉藤由貴さん)が交渉役になります。

豊臣方では、茶々が女性っぽい一面を幸村に見せていました。
怖くなって和睦に傾いてしまったことなど、胸の内を吐き出しています。
その気持ちを聞いた幸村は、ベストを尽くすことを誓います。

幸村は、初を連れて来て、茶々や秀頼(中川大志さん)らと作戦会議です。
冷静に局面を見られる、その上元亭主は徳川方、という理由で初を推薦した幸村ですが、
初は大役にかなり緊張気味です。
出しゃばりの大蔵卿局(峯村リエさん)が同行を申し出るのですが、幸村は不安そうです。
そこで、きりをお付きとして派遣することに...局面がまずくなったら打開せよ、と命じます。

そうして、初の義理の息子(京極家)の陣で、和睦の会議が開催されました。
秀頼の身の安全や、茶々が人質にならないでも良いこと、浪人も処分しないこと、
他の領地が良ければ希望を聞くこと、など、殆ど豊臣方の希望が盛り込まれます。
何だか大喜びの大蔵卿局ですが、浪人の処分の話題で阿茶局の策略に乗ってしまいます。

真田丸を壊して堀を埋めれば浪人も出て行く、故に兵糧も心配ない、という理屈です。
冷静に考えればわかりそうなモンですが...大蔵卿局には判断能力がないようです。
指令通り局面を変えようとするきりと初の努力も空しく、その線で話が進んでしまいます。
徳川方は、もちろん大喜び...家康も阿茶局の肩を揉んだりしています。

一方、豊臣方も和睦の条件に喜んでいます。
そりゃあ、希望が殆ど通ったのですから...ただ、幸村は疑っています。
きりに書状を見せ、他の条件がなかったのか、質問します。
その結果、真田丸と堀の件が発覚...!!
ほぼ同時に作兵衛から真田丸が破壊されているとの報告...ただただ驚く幸村です。

大蔵卿局は、幸村らに詰問されても平気な顔、です。
息子の大野治長(今井朋彦さん)すら、「豊臣を潰す気か」と詰め寄ります。
本作では、治長よりも、大蔵卿局と有楽斎がガン、という描かれ方ですね...
「大坂城が丸裸になっても家康が条件を守ると思うのか!!」と声を荒げる幸村でした。

その後、幸村は、浪人たちを集めて、状況の説明をします。
真田丸と堀がなければ、もはや戦にはならない、城を出て行った方が良い、という訳です。
長宗我部盛親(阿南健治さん)や明石全登(小林顕作さん)は出て行きそうになりますが、
又兵衛が「他に行くところがあるのか...」と問いかけます。

幸村が、春(松岡莉優さん)や大助(浦上晟周さん)に上田に向かうように話をしていると、
先ほどの浪人衆が揃ってやって来ます。
まだ諦め切れない、幸村の策に期待したい...という熱い思いが結集したようです。
そこへ秀頼もやって来て、「まだ諦めない」と告げます。
その言葉を聞いて、再び鬨の声を上げる浪人たち...

徳川方では、予定通りの進行に、家康がほくそ笑んでいます。
「これで次は和睦の条件を破れば大義名分が立つ」という訳です。
これぞ城攻め、と言う家康に、感慨深げな秀忠でした。

こんなところで、本日はお開きでした。
次回は、どうやら佐助(藤井隆さん)が活躍するようです...
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ