So-net無料ブログ作成

『真田丸』49話「前夜」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

いよいよ、ラス前となってしまいました。
本日は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、遂に大坂夏の陣が開幕(?)します。
とは言え、まずは江戸の真田屋敷から話が始まりました。
前回、信之(大泉洋さん)のもとに、幸村(堺雅人さん)の手紙を
大坂から矢沢三十郎(迫田孝也さん)が持ち帰って来ていました。
それを読んで、幸村は死ぬ気だ...と判断した信之は、大坂へ説得に行く、と言い出します。

もちろん、稲(吉田羊さん)は大反対です。
敵の大将と内通している疑いをかけられると、お家の危機にもなる、という訳です。
ただ、信之の決意は固く、こう(長野里美さん)も後押しします。
稲も渋々承諾しますが、真田とわかるモノは身に着けて行かないように...と注文を付けます。

松(木村佳乃さん)は、上田の名産(?)をなるべく多く詰めようとしています。
また兄弟三人で語り合いたい...と明るく語る松ですが、
信之でなくても、その能天気な願いが叶ってくれたら...と思うことでしょう。
信之が出かける時に、こうが咳き込んでますが、何かの伏線でしょうか...

徳川家でも、開戦への準備が整ってきていました。
江戸では、秀忠(星野源さん)と本多正信(近藤正臣さん)が、相談しています。
そこへ江(新妻聖子さん)がやって来て、「勝てる」と暗示(?)をかけます。
千(永野芽郁さん)の身も案じているようですが...姉たちとは違うキャラに描かれているようです。

一方大坂では、軍議が開かれていました。
幸村は、相変わらず京都を押さえて近江を...という策を提案しますが、
秀頼(中川大志さん)が伏見で指揮...ということで大蔵卿局(峯村リエさん)が大反対。
結局、城の南側で迎え討つ、という後藤又兵衛(哀川翔さん)と毛利勝永(岡本健一さん)の
提案が採用されます。幸村も「ワンパターン:」と揶揄されてしまします...

その後の陣振りで、
又兵衛と明石全登(小林顕作さん)が道明寺で敵を迎え、幸村と勝永がその後詰め、
長宗我部盛親(阿南健治さん)と木村重成(白石準也さん)は八尾、という陣容です。

二条城には、家康(内野聖陽さん)と秀忠、正信と正純(伊東孝明さん)が集結。
30万の大軍で、一気に攻め潰そう、という秀忠を、家康は諫めます。
家康は、秀頼に最後通牒を出そうとしますが、秀忠は秀頼に甘い!!と一喝。
息子の成長に、家康も満更ではないような表情です。

秀頼は、その最後通牒を破り捨てます。
秀頼が城を出て、浪人を全て退去させる、という条件が吞めないようです。
家康も、「ついに豊臣も終わりか...」と呟きます。

ここからは、豊臣方が段々と徳川方にやられていきます。
まずは、緒戦で塙団衛門(小手伸也さん)さんがあっさり銃弾に倒れます。
遺体が城内に運ばれてくると、何故かそこに茶々(竹内結子さん)の姿が...
「皆どうせ同じように死ぬんでしょ」と口走り、きり(長澤まさみさん)に制止されます。

一方、信之は無事に大坂に到着した模様です。
信吉(広田亮平さん)・信政(大山真志さん)の陣で、息子たちの雄姿に目を細めています。
幸村と連絡を...と言うと、三十郎と小山田茂誠(高木渉さん)が顔を見合わせます。
何と、信尹(栗原英雄さん)が再度幸村の調略を依頼されているようです。

幸村の陣まで向かう信尹と信之(但し身元は隠して)ですが、徳川方に止められます。
そこで出会ったのは、何と平野長泰(近藤芳正さん)...!!
信之は思わず掴みかかりますが、仕方なかった、と開き直る長泰。
周りは??ですが...そこへ徳川の家臣が。
誰かと思ったら、あの室賀正武(西村雅彦さん)の息子、久太夫(児島一哉さん)でした。
真田の名前に反応する久太夫に、信之が何と「黙れ小童」と一喝。
視聴者の誰もが、西村さんの顔を思い出したことでしょう...

そうやって、信之は遂に幸村と対面しました。
嘘か本当か、家康は今度は信濃一国を幸村に与える、と言っているようです。
前回とは事情が違うので考えてみろ、と信伊は言いますが、幸村は断ります。
信之は、逆らっても良いから死ぬな、とだけ伝えます。
降伏すればまた赦免を勝ち取ってやる...と説得を試みますが、翻意は叶いませんでした。
また酒を飲みたい、と言う信之に、であればここで!!と言い返す幸村。
好きに生きろ、と言い残す信伊...印象的な場面でした。

いよいよ決戦が迫り、五人衆もそれぞれの持ち場につきます。
又兵衛らが固める道明寺に徳川本隊が来るのか、と思いきや、八尾の方に向かいました。
道明寺の方には、伊達政宗(長谷川朝晴さん)を向かわせます。

更に、ここで正信が得意の搦め手を発動...又兵衛に調略をかけます。
播磨一国をエサに使者を派遣しますが、あっさり拒否されます。
それでも、「徳川方と会った」という情報を豊臣陣中に流し、揺さぶりをかけます。
追い詰められて、戦功を焦るはず、という読みです。
すっかり衰えて寝てばかりの正信ですが、面目躍如といった感じです。

家康は、決戦を前に上杉景勝(遠藤憲一さん)と酒を酌み交わします。
なぜこのタイミングで...と訝る景勝は、大義がない戦だからか、と家康に迫ります。
図星のようにも思われましたが、家康も何とかはぐらかします。

幸村と勝永は、又兵衛寝返りの噂を聞いて、又兵衛に焦らないように忠告します。
ただ、勝永は自分だけに調略が来ないことに、やや不満な様子...
又兵衛は大丈夫に見えましたが、その後重成が、これが最後のようなご挨拶。
それが原因ではないと思いますが、幸村たちを待たずに出陣した又兵衛は討ち死に...!!

重成と盛親の方も、予想外の大軍を相手にして、迷っていました。
盛親は撤退を主張しますが、又兵衛の逃げ場がなくなる、と重成が突撃。
結局これも討ち死にしてしまいます...
盛親は、家臣も振り切って敗走...逃げおおせたのでしょうか。

これらのニュースは、もちろん大坂城内に大きなショックをもたらします。
幸村も、豊臣方の策が徳川方に漏れていることを不思議に思います。
有楽斎(井上順さん)を追放したはずなのに...一体...?

その頃、大坂城内では、何と大角与左衛門(樋浦勉さん)が冠者と接触中。
目撃してしまった、真田家出身の与八(今野浩喜さん)も刺殺されてしまいます。
前回の書状の「お」はここだったんですね...!!

幸村も、遂に春(松岡莉優さん)たちを逃がす算段を始めました。
戦場で出会った政宗を頼ることにしたようです。
堀田作兵衛(藤本隆宏さん)を使者に交渉し、無事保護されました。
政宗も、家康にチクることなく、春たちを保護してくれました。

そして、きりにも最後の大仕事が...
いざと言う時に、千を秀忠の陣に避難させてくれ、というのです。
そのまま沼田にでも帰れ、と言う幸村に、きりは大坂城に戻ると言います。
ここで遂に、幸村と心を通わすきり...大河では珍しいキスシーンです!!

ここで有働アナのナレーションが入り...
高梨内記(中原丈雄さん)の娘の掌側については、諸説あるそうです。
ただ、幸村と最も長く過ごした女性であることは確かなようです...だそうです。

さあ、いよいよ次回は最終回...どうなるんでしょうか...!?
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ