So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第2話「崖っぷちの姫」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
第1回は、視聴率もまずまず、子役の演技が好評のようですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今週は、前回に引き続き、井伊家内の騒動です。
今川家は、亀之丞(藤本哉汰さん)の行方を追いかけますが、発見することができません。
山中でそれらしき子どもを捕まえるのですが、実は着物を交換したおとわ(新井美羽さん)でした。
直盛(杉本哲太さん)や千賀(財前直見さん)も半ば呆れてしまいますが、
今川家も、もちろんそれだけで済ます訳もありません。

今川家の使いは、一旦戻り、その間に井伊家では直満(宇梶剛士さん)の葬儀が行われます。
直盛、祖父の直平(前田吟さん)、新野左馬之助(苅谷俊介さん)、加えて
中野直由(筧利夫さん)、奥山朝利(でんでんさん)ら側近のみで、酒を酌み交わしています。
なぜ直満が成敗されてしまったのか、どうして謀反を疑われたのか、といった
議論が、後悔とも同情ともつかない調子で展開されていました。

そこへ、小野政直(吹越満さん)が、今川家からの下知を持って現れます。
何か嫌な予感がしたのか、出直すように直盛は言おうとしたのですが、
直平が通すように伝えます...直盛が若干頼りなさげに描かれています。

なぜ自分ではなく...と訝しがる左馬之助の前で、
- 左馬之助から政直に目付を交代する
- 政直の息子・鶴丸(小林颯さん)をおとわと結婚させる
という内容を読み上げます。
元から政直を良く思っていない直平は、すごい形相で政直に斬りかかろうとし、
直盛らに止められます...直盛は後日返事をすることを伝え、政直を帰します。

直盛は悩みますが、他に手立てはないようです。
おとわを呼び出し、許嫁変更(?)の件を伝えます。
おとわも、どうやら鶴丸のことは嫌いではないようなのですが、
亀之丞を待つという約束を守りたい...という思いが強く、承諾できないようです。

一方の鶴丸も、父親である政直から許嫁の件を聞きますが、
こちらはこちらで、父親への疑惑を払拭できないようです。
おとわのことは、憎からず思っている...ようです。
おとわと会っても、素直にはなれないようなのですが、
「父親は父親、鶴丸は鶴丸」とおとわに諭され、少しすっきりししたようです。

おとわは、何とか状況を打開しようとして、まずは家出を選びます...
結局、城下であばら家に住む怪しげな男(ムロツヨシさん)に世話になり、
翌朝城に連れ戻されます。
その後、無策な親を阿呆呼ばわりして、千賀の逆鱗に触れてしまいます。
座敷牢...ほどではないですが、部屋に閉じ込められます。

直盛は、結局政直に許嫁の件の返事するのですが、ここでまたおとわが策を思いつきます。
部屋に乗り込んだ直盛の目に飛び込んできたのは、自分で髪を切っているおとわ...!!
ざくざく髪を切っているだけではなく、何やら血を流しています。
どこを切っちゃったんでしょうか...??

次回は、おとわが人質として今川家へ行くとか行かないとか...どんな展開になるのでしょうか。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ