So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第4話「女子にこそあれ次郎法師」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎回のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回からの引き続きで、おとわ(新井美羽さん)の出家について、でした。
前回、今川義元(春風亭昇太さん)の許しを得て井伊谷に戻ったおとわですが、
結局はおとわ自身の出家と引き換えに本領を安堵されたに過ぎません。
という訳で、正式に龍潭寺に出家することになりました。

おとわは、いつもの裏山(?)で、鶴丸(小林颯さん)と遭遇。
直平(前田吟さん)から解放されたことを喜ぶおとわですが、
いやぁそういう火種を抱えたままの日常ってのも、どうなんでしょうか...
鶴丸から、出家したら亀之丞(藤本哉汰さん)と結婚できない、と言われ、
出家の決心が鈍るおとわ...

鶴丸は、家に戻って父・小野政直(吹越満さん)を迎えます。
更に、「井伊家の人たちに睨まれるような行動は慎んで欲しい」とストレートなリクエスト。
そんなつもりはないのだが...と困惑する政直でした。

直盛(杉本哲太さん)と千賀(財前直見さん)は、やや不本意ながら、出家プロセスを進めます。
家を出ることなく出家することも可能なようなのですが、
南渓和尚(小林薫さん)は、寺に引き取ることに決めました。
おとわは、名前を次郎法師と改め、修行生活がスタートしました...

とは言え、所詮はお姫様育ち...すぐに音を上げてしまいます。
まずは門の前で待つ昊天(小松和重さん)と傑山(市原隼人さん)を超えられません...
その上、寺では特別扱いもなく、他の修行僧と同部屋。
食事も、もちろん満腹という訳にはいきません。

ここで、実家に泣いて戻ってしまうのですが、千賀が厳しく叱責します。
その後、その姿を見ていた直盛と実兄・新野左馬助(苅谷俊介さん)に対して、逆ギレします。
やはり母親...喜んで出家させた訳ではないことをアピールします。

寺に戻っても不満をこぼすおとわに、南渓は托鉢を勧めます。
昊天は、托鉢のコンセプトもわかってないのに...と心配しますが、南渓は心配していない模様。
おとわは喜んで市場に出かけますが、冷たくあしらわれてしまいます。

一方、井伊家中では、相変わらず政直への不満がくすぶっていました。
直盛も弱腰だと言う指摘を受けますが、冷酷になり切れない性分のようです。
直平は、やり場のない怒りを直満(宇梶剛士さん)の墓前にぶつけます。
と、そこへ殺された直満の密使の息子、という男が仇を取ろうと近付いてきます。

ほぼ同じ時期に、今川から火に油を注ぐような下知が届きます。
直満の旧領を、小野政直に譲れ、と言うのです。
これには激怒する中野直由(筧利夫さん)や奥山朝利(でんでんさん)...
政直が退席した後に直平が入って来て、先ほどの仇を焚き付ければ...と言い出します。
家臣一同が賛同するなか、直盛はもう少し考えることにします。

おとわは、托鉢でも腹を満たすことができず、遂には畑から野菜を盗んでしまいます。
それを鶴丸に見られてしまい、呆れられてしまいます。
何かともがいているおとわに、南渓もどういう僧になりたいのか、禅問答...
おとわから「竜宮小僧になりたい」という決意を引き出します。

その後、市場でボランティアのようなことをして、褒美をゲットするおとわ。
やっと何とか方向が見えてきたようです。

その頃、大人たちにも動きが...
例の政直の命を狙っていた男の襲撃を防いだ直盛。
上から目線で感謝する政直に「直満の所領を半分返せ」と凄みます。
今川の下知が...と抵抗する政直に、刀を抜いて威嚇...ケツをまくったようです。

その後、左馬助になぜ政直を討たなかったのか、と聞かれた直盛、
「鶴丸から父親を奪いたくなかった」と応えます。
昨年の登場人物の方々と比較すると、人が良い、と言うか、
良い意味でも悪い意味でも、甘い、優しい感じがします。

今後の展開が楽しみでもあり、心配でもありますが...
最後に次郎法師として柴咲コウさんが登場。
いよいよ、次回からは主役交代となるようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ