So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第12話「おんな城主直虎」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、少し遅れて録画で拝見致しました。
季節的に特番が多いですね...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、タイトル通り、次郎法師(柴咲コウさん)が城主になる顛末です。
何となく、ですが、これまでの回に比べると展開が早い気がしましたが...

前回、駿府に弁解・謝罪に向かった直親(三浦春馬さん)ですが、
掛川の辺りで今川方に待ち伏せをされ、討ち取られてしまいます。
奥山孫一郎(平山祐介さん)ら、供をしていた者たちも直親を守り切れませんでした。

その頃、次郎は水行をして直親の無事を祈っておりました。
あまりに水をかぶり過ぎて、直親の亡霊を見てしまうほどでした...
その後意識を失い、三日ほど寝込んでしまいました。

その間に、直親が殺されてしまったことを知った井伊家の面々...
直平(前田吟さん)、中野直由(筧利夫さん)、新野左馬助(苅谷俊介さん)らは激怒。
今川から戻って来ない小野政次(高橋一生さん)の陰謀ではないか...と疑っています。
一方、南渓和尚(小林薫さん)、傑山(市原隼人さん)らは、直親らの遺体を回収に行きます。
珍しく南渓や傑山が感情を露にして悔しがり、悲しんでいます。

そして、龍潭寺に遺体を運んだ頃、ちょうど次郎が目を覚ましました。
遺体となって戻った直親に触れようとしますが、しの(貫地谷しほりさん)に振り払われます。
次郎が殺したようなものだ、とまで言われます...なつ(山口紗弥加さん)がフォローしますが、
次郎自身もしのの指摘を否定できずにいます。

その後、直親らの葬儀が南渓によって執り行われます。
ちょうどそこへ、今川からの書状が届きます。
そこには、恐れていた通り、直親の嫡男・虎松を処刑せよ、と書かれていました。
嘆き悲しむしの...千賀改め祐椿尼(財前直見さん)もフォローしようとします。

と、左馬助が思い立ったように、駿府へ命乞いに行かせてくれ、と言い出します。
自分が切腹すると言えば何とかなるかも...と、やや甘い見通しです。
とは言え、それに期待するしか、井伊家の面々にはオプションがないようです。

さて、駿府で今川氏真(尾上松也さん)に面会する左馬助...
氏真は家督を継いで時間が経ったからか、寿桂尼(浅丘ルリ子さん)のサポートのお蔭か、
いやに自信満々、と言うより横柄な態度で左馬助に接します。
左馬助の首などより、松平元康(阿部サダヲさん)の首を挙げろ、と逆に命令されます。

その報せを、左馬助は申し訳なさそうに井伊谷に持ち帰ります。
ところが、直平らは、「自分たちが戦えば虎松は救われる」と前向きに(?)とらえます。

一方で、駿府では、政次が氏真に色々と入れ知恵をしています。
どうやら、左馬助の行動は政次の読み通りだったようで、
更に元康が一向宗の攻勢に苦しめられているのでそっちに肩入れするようにアドバイスします。
お蔭で元康は生きた心地がしない、という雰囲気で、今川が勢力を盛り返します。

井伊家では、南渓が次郎に、直平らに酒を持っていくように依頼します。
直平は、次郎と一度酒を酌み交わしたかったようです。
男子ではなく、あっと言う間に出家してしまったので、その機会がなかったとのこと...
虎松の命乞いの結果、戦に駆り出される直平らを心配する次郎ですが、
「もし死んでしまえばそれは天命」と語りかける直平でした。

その後、次郎は直親のことを忘れるためか、若干南渓のように酒に浸ってしまいます。
そして、恐れていた通り、直平、中野直由、新野左馬助は、全員討ち死にしてしまいます。
この辺りは、他で読んだ限りでは色々と経緯があるはずなのですが...若干アッサリでした。

そして、満を持したかのように、政次が井伊谷に戻って来ます。
追加の目付を連れ、虎松の後見に自分を付けるように命じる氏真の書状を持っています。
これを見て驚き、憤る祐椿尼...急いで南渓のもとに駆け付けます。

その頃、例の井戸端で次郎と政次が再会します。
自ら裏切ったのか、裏切らざるを得なかったのか、と詰問する次郎の袖を振り払い、
政次は「下手を打ったのは直親だ」と言い放ちます。
その目は、若干以前とは違うように見えます。

祐椿尼に相談された南渓は、次郎に後見をさせよう、と提案するのですが...
政次と会った次郎は、半ばキレかけ、昊天(小松和重さん)の槍を振り回しています。
自分の槍を心配しる昊天を尻目に、結局槍を壊してしまいます...
そこで南渓のショック療法...政次を討ちに行こうと言い出します。
結局そうすることはできず...悩んだ挙句直親の遺志を継ごうと決心する次郎でした。

その数日後の評定で、次郎改め直虎を紹介する南渓。
政次と直虎の視線が一瞬合わさりますが、お互い譲らない印象です。
家中も寝耳に水の話のようで、かなりの衝撃が走りますが...というところで、今週は幕でした。

次回は、いよいよ城主として活動開始...となるのでしょうか。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ