So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第17話「消された種子島」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、リアルタイムで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、主に虎松(寺田心さん)の教育、育ち...といった辺りの顛末です。
前回、南渓和尚(小林薫さん)の提案で龍潭寺に手習いに出ることになった虎松。
後には「赤鬼」と呼ばれる虎松ですが、この時点ではその片鱗は見せていません。
むしろ周囲の家臣の子どもたちに気を遣わせているような状態でした。

一方、直虎(柴咲コウさん)は、「種子島」の威力を目の当たりにしていました。
武力が高くない井伊家のために必要だと主張する直之(矢本悠馬さん)ですが、
当然お値段も高く、さすがの方久(ムロツヨシさん)もフォローし切れません。

直虎は、何と井伊家中の鍛冶屋に作らせてみては...と思いつきます。
井平という村に直之、方久と向かい、本物を見本に試作させてみることにします。
直虎は、政次(高橋一生さん)に弱いという理由で六左衛門(田中美央さん)には秘密にします...
結構かわいそうなポジションの六左衛門です。

政次は、駿府で氏真(尾上松也さん)と面会しておりました。
百姓を受け入れたことは認めてもらいましたが、管理をキッチリ、と言われていました。
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)のことを尋ねる政次に、フォローを約束する氏真でした。

井伊谷では、直之が試し打ちした鉄砲の玉を政次の甥・亥之助(荒井雄斗さん)が持ち帰ります。
なつ(山口紗弥加さん)が政次の留守の間に小野屋敷に戻って来ていたのですが、
玉を見せられた政次は、それが何かを訊く亥之助に「わからない」ととぼけます。
政次は、もちろん秘かに捜索を開始します...

直虎は、周囲に気を遣わせている虎松の根性を鍛えようとしますが、
しの(貫地谷しほりさん)に頑なに拒否されます。
井伊家の跡取りとして...と主張する直虎に「跡を継がなくても良い」とまで言います。
祐椿尼(財前直見さん)や南渓に、不手際を叱責されてしまう直虎でした...

政次は、駿府の報告を兼ねて、直虎と面会します。
お互いの腹を探るようなやり取り...人手の件のお礼を伝える直虎ですが、
種子島の件も寿桂尼の件も結局出ません...

直虎は、この件で政次の知恵を借りたことで凹んでいます。
例の井戸端で飲んでいると、南渓がやって来て、政次を利用するようにアドバイス。
若干吹っ切れたようにも見える直虎ですが、どうなんでしょうか...

直虎は、偶然また例の旅人(柳楽優弥さん)と再会し、虎松のことを相談します。
「何か勝った経験が一番の薬では?」とのアドバイスを聞いて駆け出します。
虎松の部屋に忍び込み、直親(三浦春馬さん)の思い出などを話します。
しのたちに見つかってしまいますが、「勝ちたい」という気持ちを引き出すことに成功。
直虎に息子を取られる...とこぼすしのに、あやめ(光浦靖子さん)が
「直虎は直親の代わりで父親にしかならない」と慰めます。

直虎は、何とか虎松の根性を鍛え上げ、亥之助にも強気で当たれるようになります。
しのも、昊天(小松和重さん)に再度の教育を願い出ます。
めでたしめでたし...と思っていたところに直之が青い顔で登場。
何と、種子島の見本と試作品が盗まれてしまったようです。

状況が理解できない六左衛門以外が慌てふためくなか、政次が種子島を持って登場。
なぜ盗んだのか、と非難する直虎に謀反の種になりえる、と目付の業務を主張します。
再度後見を譲るように迫る政次ですが、直虎は...というところで、今回は幕、となりました。

次回は、この件で駿府へ...となるようです。
果たしてどういう展開が待っているのか...では、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ