So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第24話「さよならだけが人生か?」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、昨夜遅くに録画で拝見致しました。
全米オープンも観てましたが...松山プロ頑張ってましたね。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、過去数回のラブコメ(失礼)から、本筋にお話が戻りました。
今川家の凋落と、それに代わるような織田信長(市川海老蔵さん)の台頭が描かれます。

とは言え、舞台はまずは龍雲丸(柳楽優弥さん)が仕官を断った場面から...
呆気にとられる直虎(柴咲コウさん)らを、置いて帰ろうとする龍雲丸ですが、
奥山六左衛門(田中美央さん)がもっと詳細な理由を...と思わず尋ねます。
龍雲丸は、「柄に合わない」とその心境を語るのでした...

その頃、駿府の今川氏真(尾上松也さん)の耳にも直虎の噂は届いていました。
小野政次(高橋一生さん)にその話をするのですが、政次は平時なので...と謙遜します。
そこへ、氏真は縁談の相談を持ち掛けるのでした。

縁談自体は、今は亡き新野左馬之助(苅谷俊介さん)の三女・桜(真凛さん)を、
今川家の重臣・庵原家の息子と...というお話なのですが、今川家がやや落ち目なこともあり、
再度国衆が離れていかないように...という狙いが込められていました。
その話を政次から聞いた直虎は、少し迷いますが、
祐椿尼(財前直見さん)は、徳川家康(阿部サダヲさん)と瀬名(菜々緒さん)の例を挙げ、
「当初良縁に見えなくても後々大化けすることもあるし...」と背中を押します。

直虎は、縁談の話を桜本人と、姉のあやめ(光浦靖子さん)、桔梗(吉倉あおいさん)に伝えます。
あやめは若干納得できていない表情ですが...それを感じた直虎も決心が鈍ります。
更に、祐椿尼から亡き父・直盛(杉本哲太さん)の良い思い出を聞いた直虎は、
嫁ぎ先を自らチェックすることを思い立ちます。
庵原家が太原雪斎(佐野史郎さん)と関係があることから、仲介を南渓和尚(小林薫さん)に依頼。
変な男だったら断るのか...と突っ込む南渓に、ふと瀬名のことを尋ねるのですが...

...と、ここで舞台は岡崎に。
信長が登場し、家康を思い切り脅しています。
どうやら、家康は秘かに武田家と姻戚関係を結ぼうとしていたようで、
それを阻止するとともに、自らの娘との縁談をやや強引に進めてしまいます。
今で言えば、ほぼ直立不動(座ってましたが...)の姿勢で話を聞く家康...同意するしかありません。

その後、瀬名と竹千代の住む総持寺にやって来た家康。
信長への恐怖を語るとともに、主人が今川から織田へ代わっただけ...と嘆くのでした。
ただ、どうせなら駿府へリベンジ入城を...と瀬名に励まされます。

井伊谷では、しの(貫地谷しほりさん)が、縁談の心配を祐椿尼に伝えます。
祐椿尼は、直虎も同じことを言っていた...と語り、しのをやや安心させます。
一方、直虎は南渓の仲介で、庵原助右衛門(山田裕貴さん)との面会を果たします。

実は、子どもの頃の直虎・おとわと駿府で会っていた助右衛門は、再会を喜びます。
直虎の噂も当然耳に入っており、好印象を持っている様子。
直虎も、思いがけない好青年にやや戸惑いつつも、その真意を確かめようとします。
たとえ今川が落ち目だろうと、忠義を貫く、と語る助右衛門。
「忠義故に敵からも惜しがられれば生き抜ける」と頼もしく語ります。

帰り道に南渓と語り合う直虎ですが、その成長ぶりに、南渓も複雑な表情...
「おとわはもういない」などと口走るのでした。
井伊谷に戻った直虎は、桜をストレートに説得。果たして縁談は前に進みます。

ここで、直虎の侍女・たけ(梅沢昌代さん)が田舎へ帰る、というエピソードが挿入されます。
高瀬(高橋ひかるさん)が諸々世話をし出したことで、明るみに出るのですが...
馬でたけを追いかける直虎は、結局説得に失敗し、実家まで送って行きます。
ところが、その翌日にそっくりな侍女が屋敷におり、たけの幽霊...!!と思ったら、
何といとこの梅という新人だった...というオチがついていました。

もう一つ、今川が武田家の裏切りへの報復として「塩止め」を実施した、という小ネタも。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)によると、結局塩は必要なので、
商人たちが裏ルートで取引し儲けただけ...ということのようでした。
方久もそこに絡んだはず、と六左衛門や直之(矢本悠馬さん)に突っ込まれます。
また、終盤では材木の卸先が見つかった、という嬉しい報告も入ります。

直虎は、今度はむしろ積極的に縁談を持ち掛けようと、政次と相談します。
桜の姉・桔梗を北条家に...と考えたようです。
北条家であれば、今川の味方なのでそこは問題がなく、更にスパイ的要素も望めるからです。
政次も直虎の成長を感じ、その縁談を進めてサポートするのでした。

という訳で桜が輿入れする頃、岡崎では信長の娘を迎え入れていました...というところで本日は幕。
次回以降の展開が、楽しみになってきました。
来週は、材木のお話がメインになるようですが、どうなることやら...

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ