So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第25話「材木を抱いて飛べ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、今川家との一悶着とその解決...というお話でした。
前回、織田信長(市川海老蔵さん)が登場しましたが、今回はそちら方面は一休み、でした...

前回、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が、材木の売り先が決まったと報告してきましたが、
その買い手「成川屋」は、諸々事情があるようで、値段も悪くないようです。
直虎(柴咲コウさん)は、奥山六左衛門(田中美央さん)や中野直之(矢本悠馬さん)と喜びます。
苦しい台所事情が、少しでも改善してくれれば...という思いです。

直虎も張り切って出荷作業を手伝います。
小野政次(高橋一生さん)と虎松(寺田心さん)が龍潭寺で囲碁を打っているのですが、
政次に負けた虎松が敗因を考えているところに直虎がやって来て、
出荷する材木に焼き印を押すのを手伝わないか...と子どもらを誘いに来ます。
喜んで子どもらはついて来るのですが、虎松だけは碁盤の前を離れません。

直虎は、昊天(小松和重さん)から、虎松の様子を聞き出します。
負けず嫌いで、何でも一番になりたがる...と聞いた直虎は、
「一番働いた者に褒美を授ける」と言って虎松を駆り出します。

気賀まで出かけた直虎一行は、船への搬入やらで大忙しです。
中村与太夫(本田博太郎さん)も、直虎の姿を見て、やや呆れ顔です。
作業完了後、もてなしを受けますが、与太夫は「井伊には恩がある」と言い出します。
良く聞いてみると、龍雲丸(柳楽優弥さん)らが『龍雲党』と名乗り、
色々とコミュニティーのための活動をしている、ということのようです。
何となく誇らしげな直虎...一方、モグラ(マキタスポーツさん)も直虎らを目撃していました。

その頃、今川家では、前回も紹介された塩止めが続いていました。
武田家では、義信が幽閉され、四男・勝頼が織田から嫁を貰って家督を継いだようです。
それに対抗するための塩止めだったのですが、これまた前回紹介されたように、
そこをかいくぐって裏の商売に精を出す者が現れていました。
そこで、更にそれを取り締まる今川家...という流れなのですが、そこで何かを掴んだ模様...

という訳で、氏真(尾上松也さん)に駿府に呼び出された政次ですが、
氏真と関口氏経(矢島健一さん)は、嬉しそうに「時が来た」と告げます。
若干戸惑ったような表情を浮かべる政次ですが、果たして...

六左衛門らと話していた直虎のもとへ、先週登場の梅(梅沢昌代さん)がやって来ます。
氏経と政次がやって来た...というので、直虎も急いで屋敷に戻ります。
氏経は氏真の下知を持参しており、「成川屋が徳川に材木を流していた」疑いがあるようです。
売り先まで調べられるか...と激高する直之らですが、
氏経や政次は「脇が甘い迂闊な行為」と取り合いません...
下知を伝えた氏経は、政次の屋敷に滞在するようです。

直虎は、家臣らを前に、意外と落ち着いています。
「言いがかりだ」と言う直之らに「今川は弁解を聞く気はない」と応えます。
井伊を政次に渡すための策なので、普通の申し開きは通用しないだろう...という訳です。
何とか弁解の方策を考えようとする直虎ですが...

その夜、直虎と政次は、それぞれの部屋で碁盤を前に囲碁を打っています。
ひとりで打つ直虎を見た虎松は不思議がりますが、通りかかった南渓和尚(小林薫さん)には、
どうやら相手が見えるようです...一方、政次の方には、なつ(山口紗弥加さん)が...
しなだれかかるように政次に「氏経の目があるので...ということなら私が伝令に」と語ります。
戸惑いつつも「直虎は落ち着いていたので大丈夫」と応える政次でした。

翌日、直虎は、昌幸、政次、氏経と駿府に向かい、
六左衛門と方久らは直虎の命を受けて気賀の町へ向かいます。
直虎の結論は「揺るぎない・溢れる忠義を今川に見せる」こと...
方久らは、まずは材木を買い戻そうとし、それが無理なら代わりの材木を買おうとします。
ただ、どちらもうまくいかず、最後の手段として龍雲丸に頼ります。
材木を取り戻せ...と言うのですが、何とも無理な依頼です。
ただ、直虎のために...と立ち上がる龍雲丸でした。

今川に向かっていた直虎は、時間稼ぎのために体調を崩す薬を飲みます。
仮病を疑う氏経ですが、政次に真偽を確かめさせます。
寝室で二人になる直虎と政次ですが...薬の話を聞き、呆れる政次。
弁解がうまくいかなかった場合は「井伊を頼む...」と伝えます。
眠る直虎の顔に手を当てる政次...「手が冷たい」というオチ(?)のようです。

龍雲丸らは、材木を積んだ船を追いかけていました。
どうやって探したのか不明ですが、何とか船に乗り込みます。
興奮、緊張した六左衛門に代わって、龍雲丸が堂々と引き渡しを要求します。
間に合うのかどうか...(まぁ間に合わないと話になりませんが)

体調が回復し、駿府に到着した直虎と直之。
氏真の前で弁解を始めますが...「迂闊だったが逆心はない」と、何ともストレート。
当然はねつけられ、氏真にも「信じたいが直親(三浦春馬さん)の例もあるし...」と言われます。
そこへ龍雲丸らが材木を届け、直虎の弁解は無事聞き届けられたのでした。

来週は、その材木を使って飢餓に城を築く...という話のようです。
誰に気賀を任せるのか、氏真も悩んでいるようで、正室・春(西原亜希さん)に相談していました。
果たしてどういう展開になるのやら...ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ