So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第28話「死の帳面」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で昨晩拝見致しました。
連休は暑かったですね...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回とほぼ同じ時系列での今川家での出来事...です。
お話は、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が中村与太夫(本田博太郎さん)と
氏真(尾上松也さん)に面会していた時に悪い報せ(武田義信自害!!)が入った辺りから...です。
混乱して刀を振り回していた氏真...方久と与太夫は関口氏経(矢島健一さん)に退室させられましたが、
一方で寿桂尼(浅丘ルリ子さん)は、氏真の姿を苦々しく見つめていました。

寿桂尼は、義信に嫁いでいた氏真の妹・鈴(岸茉莉さん)を駿府に戻すよう指示。
普通のやり方では難しいと判断した寿桂尼は、自ら武田に赴きます。

武田では、信玄(松平健さん!!)が鈴の扱いを家臣と検討していました。
放っておけ...と言った直後に寿桂尼到着...さすがの信玄も会わざるを得ません。
まさに「狐と狸」といった感じの対面...!!
寿桂尼は、「晴信殿」と連呼し、今にも鈴のもとへ走り出しそうな雰囲気。
信玄も善処を約束し、寿桂尼も慇懃な謝辞を述べて引き下がります。

駿府に戻った寿桂尼は、氏真に経緯を報告します。
一安心...の氏真に、「信玄を信用するな」と忠告。
更に北条家を使ってダメ押しすることを提案します。
寿桂尼の体調を心配する氏真と春(西原亜希さん)ですが、寿桂尼は止まりません。

結局、北条家のプッシュもあり、武田と今川の争いは一旦収束します。
但し、信玄からは誓詞の再提出を要求された氏真は、取り乱してしまいます。
寿桂尼に諫められ、渋々誓詞に花押を押す氏真でした。
話はまとまったものの、寿桂尼と氏真の間には亀裂のようなものが走ります。

一方の井伊家では...気賀の城代が方久に決まりました。
遠慮気味に城代を引き受ける方久ですが、「結局何も変わらない」と喜ぶ町衆。
何だか紆余曲折あって、ますます街が活気に溢れそうな予感がします。

直虎(柴咲コウさん)は、政次(高橋一生さん)と、またまた囲碁談判(?)...
今川からの離反が増えるだろう...と語る政次に「井伊も寝返るべきか」と尋ねる直虎。
政次も本音では今川の行く末を見限っており、直虎に賛成します。

駿府では、寿桂尼が氏真に、更に上杉との同盟を画策させようとします。
自ら書状を書くように要求する寿桂尼に、すねる氏真...ところが寿桂尼はもう体が動きません。
床に伏せってしまいます...
寿桂尼は「今川が元に戻って欲しいだけだ」と呟きます。
義元(春風亭昇太さん)がいた頃の栄華が脳裏を駆け巡ります。

それまですねていた氏真も、その言葉を聞き色々と考えます。
おもむろに家臣を呼んで...上杉への書状を書くのかと思いきや、
ありったけの楽器を集めて演奏を始めさせます...そっちじゃない!!って気もしますが。
その音色を聴いて、寿桂尼も目を覚ますのでした。

井伊谷では、引き続き直虎と政次が寝返る算段をしています。
南渓和尚(小林薫さん)に上杉、徳川で武田包囲網を築こう、と提案する直虎ですが、
その動きが今川に知れたら...と危惧する政次。
取りあえず提案してみるだけ、ということで直虎は話を進めます。

ところが、そこへ寿桂尼から駿府への呼び出しが...
最後の面会になるから本音で話してこい、と告げる南渓ですが、果たして。
駿府で面会した二人...直虎は寿桂尼から受けた恩義に改めて感謝しますが、
寿桂尼は突然、直親(三浦春馬さん)の謀殺の件を「恨んでいないか」と尋ねます。
いきなりの質問に面食らった直虎ですが、「家を守るための決断」と理解を示します。

その他にも色々な人に面会しているらしい寿桂尼。
直虎も気付きますが、色々とメモを取っている模様...
実は、氏真に面倒を残さないための懸案の整理でした。
ついさっき面会した武将が、いきなり氏真に成敗されたりして、粛清が始まります。

その帳面の直虎のページにも、大きな朱色のバツが...!!
直虎を買っていたはずでは...と尋ねる氏真に「家を守るために寝返るはず」と見破ります。
ただ、直接成敗するのではなく、「例の話」を進めるように氏真に指示します。

そうとは知らぬ直虎は、家康(阿部サダヲさん)へ働きかけますが...
といったところで、今回は幕となりました。
今回はちょっとしか出てこなかった瀬名(菜々緒さん)も、来週は登場しそうです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ