So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第36話「井伊家最後の日」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回のお話を受けて...という流れでした。
引き続き、一旦落ち着いた情勢の中で、更なる嵐の前の静けさ、という感じでした。

徳川家康(阿部サダヲさん)と今川氏真(尾上松也さん)の間に和睦が成立した前回。
井伊谷と気賀は、結局近藤康用(橋本じゅんさん)が治めることになりました。
前回の直虎(柴咲コウさん)の手当ての甲斐もあって、康用は歩けるところまで快復していました。
直虎は、隠し里の件もあるし、康用とも上手くやらねば...と言い出します。
その変化ぶりには、昊天(小松和重さん)も驚いているようです。

一方、直虎自身は、井伊家再興を目指すかどうか、迷っていました。
これ以上、犠牲になる者を見たくない...という思いが強いようです。

氏真は、妻の実家・北条氏康(鶴田忍さん)を頼って、相模へ落ち延びていました。
徳川とは和睦したものの、武田を追い出し、一安心、という状況です。
その徳川も、武田を追い返して一安心...家康も「何とかなった」と思っていました。
ただ、そこへ瀬名(菜々緒さん)が登場...井伊を見殺しにした、と迫ります。
家康も言い訳しようとしたところに、母・於大の方(栗原小巻さん)が仲裁に入ります。

龍潭寺の直虎のもとには、松下常慶(和田正人さん)がやって来ていました。
徳川の行動を誤るとともに、しの(貫地谷しほりさん)からの手紙を持参します。
更に、虎松(寺田心さん)を松下家の養子に...という提案をします。

この提案に直虎は大いに迷います。
龍雲丸(柳楽優弥さん)は、やや無責任に「好きにすれば」と言いますが、
犠牲をこれ以上...と思う一方、犠牲になった人たちを思うと諦めもつきません。
悩み続ける直虎に、南渓和尚(小林薫さん)が、「もう終わりにしよう」と告げます。
直虎を登用した南渓自身が決断した、ということになりました。
直虎も感極まりますが、その決断を受け容れます。

その後、直虎はその決断を実現するべく、南渓と共に行動します。
まずは隠し里を訪ね、祐椿尼(財前直見さん)や中野直之(矢本悠馬さん)に決断を伝えます。
直之は、井伊家再興を諦めると聞き、久し振りに激高します...
「所詮おなごだ」と言い残し、席を外してしまいます。
亥之助(荒井雄斗さん)や直久(山田瑛瑠さん)も同調しますが...決断は変わりません。

その後、直虎と南渓は、傑山(市原隼人さん)と一緒に三河の鳳来寺へ。
久し振りの奥山六左衛門(田中美央さん)と虎松に再会します。
六左衛門は納得しますが、虎松は大反発...!!
井伊家再興を諦め切れない虎松を、南渓が説得することになります。

隠し里では、祐椿尼やあやめ(光浦靖子さん)、なつ(山口紗弥加さん)、高瀬(高橋ひかるさん)が、
身の振り方を考えていました...直之は、まだ納得がいかない様子。
高瀬は「家はなくても井伊という名前は残るし繋いでいける」と話し出します。
それを聞いた直之は、次へ進む判断をしたようです。

龍潭寺に戻った直虎は、祐椿尼と対面していました。
結局直之は康用に仕える決断をし、高瀬も一緒に行くことに。
南渓に説得された虎松は松下家へ、六左衛門となつも同行するようです。
あやめは、何と嫁ぎたい、とか...
瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、相変わらずマイペースの感じです。

虎松は、松下源太郎(古館寛治さん)のもとへ...久し振りのしのは感無量の表情。
しっかりした受け答えの虎松は、早速溶け込んだようです。

諸々の処理がバタバタと終わり、直虎は例の井戸端で報告。
龍雲丸がそこへ現れ、一緒にいたい女性がいると告白。
サポートしようと直虎が言い出すのですが、結局は直虎自身のことでした。
ここまで色々とありましたが、ようやく結ばれる二人...でした。

結局、直虎は還俗し、龍雲丸と瀬戸村で百姓として再出発しました。
以前にも増して、穏やかで生き生きとした表情の直虎が、そこにはいました。

...ところが、平穏な日々はあまり長くは続きません。
北条氏康が何とこの世を去ってしまいます。
氏真も北条家を追われ、何と家康を頼って浜松にやって来ます。
その処理に困る家康...武田信玄(松平健さん)に差し出そうかとも考えますが、
酒井忠次(みのすけさん)に、信長(市川海老蔵)にも聞かないと...と助言されます。

大喜びの信玄は、北条と和睦し、万全の態勢で西へ進軍を開始します。
次回は、武田が攻めてくるようですが、果たして...

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ