So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第41話「この玄関の片隅で」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
来週は選挙ですが、どういう放送日程でしたっけ...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、井伊直政(菅田将暉さん)の出世街道その後...という感じのお話です。
前回、草履番として結果を出しつつあった万千代(菅田将暉さん)と小野万福(井之脇海さん)。
小姓に上がる条件として、後継を育てること、と榊原康政(尾身としのりさん)に言われておりました。

そこへやって来たのは、ノブと名乗る男(六角精児さん)...意外とおっさんです。
そういう感想を漏らすと、康政は「殿が決めたこと」と応えます。
ややキレ気味の万千代は「三日で草履の場所を覚えろ」と指示します。

翌日から、引き継ぎを兼ねた業務が始まるのですが、なかなかうまくいきません。
万千代は引き続きキレ気味ですが、万福は他の家臣の反応が気になるようです。
万千代にも報告しますが、若干鈍い反応...あんまり敏感な設定ではない模様です...

その翌日も万千代はノブにキレていますが、そこへ本多忠勝(高嶋政宏さん)が登場。
文字通り、ノブに斬りかかります...!!
通りかかった康政になだめられ、その場は収まるのですが、万千代は康政に事情を聞きます。
ノブは一向一揆で家康(阿部サダヲさん)に刃向かったことがあるようで、
再度徳川家に戻って来た...ということでした。

その場で「草履番を掃き溜めにするつもりか」と口を滑らせた万千代に、
康政は「殿を愚弄するのか」と言い残して立ち去ります。
万千代は食い下がろうとしますが...口が災い状態です。

その頃、井伊谷では直虎(柴咲コウさん)が、諸々処理中でした。
万千代が井伊家を再興したことにより、いくつか問題が出ていました。

まずは松下源太郎(古館寛治さん)の後継ぎ問題...
これは、中野直之(矢本悠馬さん)の弟・直久(冨田佳輔さん)を送ることに。
兄の直之も、背中を押します。

次は、奥山六左衛門(田中美央さん)の新しい仕官先...松下家での居場所がなくなり、
近藤康用(橋本じゅんさん)に仕えたい、と言い出します。
直之とともに、康用に六左衛門を紹介しますが...イマイチ受けが良くないようです。
直久とプラマイゼロで...と言う直虎に「若者と年寄りではバランスが取れない」と返されます。
怪しくなったところで、高瀬(朝倉あきさん)が「馬の世話が上手」とフォロー。
康用もようやく納得します。高瀬が信頼を得ている、というのもあるでしょうか...

その頃、武田勝頼(奥野瑛太さん)が三河へ出陣していました。
その報せが岡崎から浜松へもたらされ、城内がややざわつきます。
武功をあげようと意気込む小姓たちを横目に、万千代は焦ります。

一方、ノブは段々仕事を覚えていました。
それどころか、万千代とは違う方法で頭角を現し出します。
退勤時刻やパターンを記憶して、事前に草履を出しておくのです。
これには万千代も驚きますが...

家康らは、武田への対抗策を考えていました。
石川数正(中村織央さん)の情報によると、織田信長(市川海老蔵)は大援軍を約束。
但し、材木3000本を用意する、というのが条件のようでした。

この材木の話を、ノブのヒアリング能力を使って聞き出した万千代と万福。
その夜、万福をおとりに使って、家康の草履に細工をします...
翌朝、草履がおかしいことに気付く家康...すかさず万千代が新しい草履を差し出します。

ところが、細工をした草履は新しかったようで、企みがバレていました。
「こうでもしないと話せない」と粘る万千代は、
材木の件のサポートと引き換えに初陣に出たいと提案、家康も了承します。
あまりの展開の速さに苦言を呈する康政ですが、家康も満更ではないようです。

万千代は、材木の件を井伊に依頼しようと、南渓和尚(小林薫さん)に手紙を書きます。
相談を受けた直虎は、康用の手前、勝手には切り出せない...と悩みます。
そこへ久し振りの瀬戸方久(ムロツヨシさん)が登場。
直虎は、家康への取次ぎを頼んだ模様です。

方久は、浜松城で家康と単独対面。
今の商売を紹介しながら、直虎からの書状を手渡します。
そこには、領地も材木も康用のものなので、康用に指示してくれ...と書かれていました。
それを読んで家康も、その指示に従うことにしました。

康用に家康からの支持が届くのですが、康用にはノウハウがないようです。
相談を受けた直虎は、六左衛門がスペシャリストです...と推薦します。
康用からは「うすのろ」と罵られ、自信を無くしていた六左衛門ですが、
「騙されたと思って」起用された結果、仕事は上手くいった模様。
六左衛門の再起にもなり、まさに一石二鳥の結果となりました。

一方、万千代は当然悔しがります。
家康から、康用への支持変更と留守居役起用を伝えられます。
かくして家康は出陣して行くのですが...というところで今回は幕となりました。

次回は、いよいよ長篠の戦です。
どういう展開で描かれるのか...非常に楽しみです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ