So-net無料ブログ作成

『おんな城主直虎』第49話「本能寺が変」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、ライブで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ本能寺の変です。
とは言え、昨年の関ヶ原のように、本能寺の変自体は殆ど映りません。
徳川から見たら、謀反自体は詳しくはわからない...のが実情だったのでしょうか。

前回もご紹介しましたが、
この辺りの経緯は明智氏の末裔が書かれた本に沿った内容になっています。


前回、信長(市川海老蔵さん)を討つ、という明智光秀(光石研さん)の
決意を今川氏真(尾上松也さん)など経由で聞いた家康(阿部サダヲさん)。
家臣団とも相談し、その誘いに乗ることを決意します。

家康の意向を受けて、万千代(菅田将暉さん)が直虎(柴咲コウさん)のもとにやって来ます。
松下常慶(和田正人さん)も一緒です。
光秀の謀反が成功した後に、三河まで戻るルートを確保して欲しい、という依頼です。
南渓和尚(小林薫さん)や中野直之(矢本悠馬さん)、奥山六左衛門(田中美央さん)、
久し振りの瀬戸方久(ムロツヨシさん)も話を聞いています...
こんなオープンに話して良いんでしょうか...
京都の茶屋四郎次郎(辰巳琢郎さん)と連携するように、と指示を残します。

家康一行は、安土城に到着していました。
ところが、招待されたのは彼らだけではなく、穴山信君(田中要次さん)もでした。
それに若干面食らう酒井忠次(みのすけさん)や榊原康政(尾身としのりさん)ら...
そこへ光秀が膳を持って登場すると、更にソワソワ...穴山さんじゃなくても疑います。

直虎は、京都で茶屋四郎次郎に会っていました。
京都から三河へ戻るには、宇治→甲賀→伊賀越えの陸路か、堺から海路か、ということでした。
直虎は陸路を四郎次郎に任せ、直虎は堺に向かいます。

堺は...まぁ賑わっておりました。
直虎が昔気賀で見かけた襟を付けた南蛮人もいたり...
直虎は、まずは中村与太夫(本田博太郎さん)に会って、海路の手配を頼みます。
ただ、日本の船だとどこかへ寄港する必要があるようで、
候補となりそうな港は、戦支度などの気配があり、受け入れてもらえなさそうです。

そこで、直虎は秘密裏に南蛮船の手配を依頼しようとするのですが、
与太夫は龍雲丸(柳楽優弥さん)に依頼をまわします。
久し振りの再会に盛り上がる龍雲丸ですが、直虎はいきなり仕事の話...
若干へそを曲げた龍雲丸は、直虎自身を南蛮人の接待を提案します。
断ると思ったら、直虎は何と承諾してしまいます。

その頃家康らは、引き続き安土に滞在中...信長の接待を受けています。
そこへ、中国攻めの羽柴秀吉から援軍要請が。
信長は即刻光秀に出陣を命じますが、光秀は理由を付けて断ろうとします。
切れた信長は光秀を足蹴に...やっぱり蹴られるんだ...
光秀は、仕方なく出陣を承諾します。

その後、徳川チームは対策を協議します。
石川数正(中村織央さん)は、光秀が実はダブルスパイではないか...と疑います。
そこで本多忠勝(高嶋政宏さん)が、三河へ戻ることを信長に提案しようとします。
ところが、何と光秀がいなくなったので、信長自身が饗応役を買って出ています。
さすがに恐縮しまくる徳川チーム...忠次も何も言えません。
忠勝が三河に戻って中国に援軍を...と何とか言い出しますが、信長に一蹴されます。
家康は、信長には殺意はないのではないか...と感じ始めています。

直虎は、南蛮人の接待をしていました。
今まさに...というタイミングで龍雲丸の眠り薬が飛んできて...事なきを得ました。
ただ、直虎自身も酒に薬を入れていて...そこからは昔話が始まりました。
戦をなくしたい、という直虎の決意と行動に、龍雲丸も結局説得されます。
それが実現したら境に来る...という約束も直虎は忘れていて...(苦笑)
取りあえず準備は完了、謀反実行を待つばかり、となりました。

ところが、光秀は中国出陣に向かってしまい、謀反はなかなか実行されず。
万千代や常慶が探りを入れています。
光秀は戦勝祈願でおみくじを何度かひき...大吉が出るまで続けていました。
堺に滞在していた家康一行のもとに、遂に本能寺への招待がきます。
榊原康政(尾身としのりさん)らも警戒をしていますが、家康は本能寺へ行くことにします。

その報せを聞いた直虎は、いつもの機転...龍雲丸を家康のもとへ派遣します。
謀反のニュースを伝えてしまい、家康一行を三河へ連れ戻そうというのです。
一方、信長はその頃家康への贈り物を吟味していました。
本心から歓待していたのか...ただ、光秀は計画通り本能寺へ向かいます。

京都へ向かっていた家康一行の前に、龍雲丸が現れ、謀反のニュースを伝えます。
万千代らが怪しんでいると、何と常慶がやって来て謀反が本当に起こったと報告。
待っていたかのような反応に、信君の疑問もマックスに...
そこで龍雲丸と万千代が機転を利かせ、三河に戻って仇を取る...!!と宣言します。
家康も切腹すると言い出したり、昨年にも勝るドタバタぶりです。

信君も途中まで同行しますが、やはり一緒にいると色々と都合が悪い...
そこへ何と本多正信(六角精児さん)が登場し、信君を落ち武者狩りに誘い込みます。
万福(井之脇海さん)も駆け付け、万千代と喜びの再会を果たします。
神君伊賀越えはあまり取り上げられず、四郎次郎の案内で無事に三河に戻ります。

戻った徳川勢は、京都へ参戦するかどうかで議論になります。
織田と明智のどちらについてよいか決められず...ここでも正信の提案で様子見を決めます。
主君を失った穴山家をフォローする、という言い訳を考え出しました。

一方で直虎は、もう少し堺に留まっているようでした。
行く末を確かめてから戻りたい、ようです...龍雲丸と過ごしたい訳ではないようです...(苦笑)

さてさて、いよいよ次回が最終回です。
このタイミングで最終回、とは想像できませんでしたが、どういう終わり方をするのやら...
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ