So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第8話「不吉な嫁」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

毎回申し上げていますが、今回もテーマは大きく二つ...
- 西郷吉之助(鈴木亮介さん)が遂に江戸へ
- 須賀(橋本愛さん)との離縁 って辺りです。

須賀は、西郷家で訃報が続いたことに責任を感じています。
周囲からも「不吉な嫁と後ろ指をさされているようです。
ただ、吉之助は全力でそれを否定します。

そんななか、遂に黒船が浦賀に来航します。
老中・阿部正弘(藤木直人さん)のもとには、アメリカから白旗が贈られてきています。
正弘は、参勤交代で帰省中だった斉彬にサポートを依頼します。

斉彬は、山田為久(徳井優さん)や桂久武(井戸田潤さん)に色々と指示...
久武を通じて、吉之助を江戸に連れて行くことにします。
大喜びで家に戻る吉之助ですが...盛り上がるきみ(水野久美さん)や琴(桜庭ななみさん)、
吉二郎(渡部豪太さん)をよそに、不機嫌な須賀...
江戸に行くには30両もの支度金が必要、且つ夫も不在...というのが理由です。
それを聞いた吉之助も、一旦は江戸行きを諦めます。

その話を、例の木の上で大久保正助(瑛太さん)に打ち明ける吉之助。
この場所は、昨年の井戸端がモデルでしょうかね...ちょっと丸聞こえですが。
吉之助の話に激怒した正助は、吉之助を殴りつけます。
須賀を侮辱された吉之助も応戦し...二人とも顔に跡が残るほどになりました。

翌日、吉之助は再度久武に呼び出され、今度は篤姫(北川景子さん)の警備の命令。
斉彬も篤姫も、何故か直々のご指名だそうです...
道中篤姫に呼び出され、御前相撲のツキが理由だと打ち明けられますが...

その頃、正助は吉之助のために金策に走り回ります。
吉二郎や弟たち、熊吉(塚地武雅さん)も色々と頑張りますが、
正助は第1話以来の商人のところに借金に行き、断られながらも餞別をゲット。
一方、須賀は内職を頑張る家から一人実家に帰ってしまいます。

結局20両をかき集めた正助は、吉之助に江戸へ行くように説得します。
若干足りない...と思っていると、
須賀が父・伊集院兼善(北見敏之さん)と一緒にやって来て、離縁を宣告。
手切れ金を置いて、帰って行ってしまいました。
何故かお礼を言う吉之助...
帰り道、兼善に「本当に離縁して良いのか...?」と聞かれた須賀は
「吉之助は優し過ぎて筵束縛してしまう」と打ち明けます。

こうして資金をゲットした吉之助は、みんなの思いを胸に江戸へ...というところで
今回は幕となりました。
ちなみに、前回江戸行きになった大山格之介(北村有起哉さん)や有村俊斎(高橋正臣さん)は、
どうやって30両用意したんですかね...??
次回は、その二人とも再会するようですが...どうなるのでしょうか...?

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第7話「背中の母」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、色々とあって昨日再放送を拝見致しました。
オリンピックは、いよいよ閉会式ですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

毎回言いますが、今年はあんまり密度が濃くないような気がします。
今回も、大きく分けると、
- 西郷家の悲劇
- 薩摩藩の状況...が触れられていました。

西郷家の悲劇の方は...
まず、冒頭で吉之助(鈴木亮介さん)の祖父・龍右衛門(大村崑さん)が亡くなってしまいます。
これは、ずっと結核を患っていましたので、まぁ想定の範囲内です。
祖母・きみ(水野久美さん)も、「心残りは吉之助の結婚だけだった」と言います。
これを聞いた吉兵衛(風間杜夫さん)は、前回の縁談を再度進めるべく走り出します。

そうして伊集院家から須賀(橋本愛さん)が嫁にやって来ます。
ただ、あまり愛想の良くない嫁で...周囲は若干困惑します。
そこで、吉兵衛が満佐(松坂慶子さん)との苦労話をぶっちゃけ...ます。
それで理解し合えたと思ったら...何と吉兵衛が急死してしまいます。

そして、満佐も体調を崩し、吉之助に背負われながら息絶えました。
結婚から半年の間の出来事、だったそうです...
両親は、吉之助の苦労をあまり見ていないんですね。

一方、島津家では...
斉彬(渡辺謙さん)のもとには、アメリカの艦船接近情報が入ります。
ジョン万次郎(劇団ひとりさん)からの情報もあり、驚かずに覚悟を決める斉彬。
山田為久(徳井優さん)に、東京へ連れて行く若手人材募集を指示します。

吉之助は、母親の身を案じてその募集には応募せず、
大山格之介(北村有起哉さん)と有村俊斎(高橋正臣さん)が選ばれます。
相変わらず大久保正助(瑛太さん)は謹慎中...という感じでした。

後ほど、第8話もまとめます。
ではでは...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第6話「謎の漂流者」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
いよいよオリンピックも始まりましたね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

前回、御前相撲で島津斉彬(渡辺謙さん)を投げ飛ばしてしまった吉之助(鈴木亮介さん)。
その報せを受けた郷中の仲間たちに衝撃が走ります。
なかでも、岩山糸(黒木華さん)は、吉之助が収監された牢へ走ります。

当然吉之助に会うことはできず、追い返されます。
大山格之介(北村有起哉さん)や有村俊斎(高橋光臣さん)も後を追います。
どうやら切腹の処分は下されていない模様...一同胸をなでおろします。
ただ、糸は夢中で走って来てしまった設定...少し無理がある気がしました。

その頃、牢では吉之助が謎の漂流者(劇団ひとりさん)に遭遇。
何を聞いても反応しないくせに、吉之助の言っていることは理解している様子...
吉之助は苦労しながらも、水を飲ませたり食事をとらせたりします。
と...そこへ刺客登場...!!
吉之助と揉み合いになりますが、何とか撃退し、漂流者を連れ出します。

一方、糸は家に戻って父親に叱られます。
そらまぁ、嫁入り前の娘が夜遅く出歩いていては...(苦笑)
結果、外出禁止を言い渡されてしまいます。

その夜、吉之助は漂流者を家に担いで帰って来ます。
目覚めた漂流者は、吉之助や満佐(松坂慶子さん)に色々と尋ねられます。
ただ、受け答えがやや微妙...満佐という名前を聞き、"mother"と誤解したようです。
名前を聞かれ、John Mungと名乗ります。

吉之助は、大久保正助(瑛太さん)に助けを依頼します。
正助は、父・次右衛門(平田満さん)が作った英和辞書を持って、会話をします。
吉之助は、山田為久(徳井有さん)から、漂流者の聞き込みを依頼された、と語ります。

その夜、西郷家から逃げようとする漂流者...「土佐」という単語が出てきます。
「おっ母」という単語も出て来て、土佐が故郷であることが判明します。
その報告を斉彬にする吉之助...若干信用していない為久ですが、
斉彬は、なぜか吉之助の手腕を高く評価します。

その半月後、お城から吉之助に書状と、謎の着物が届きます。
それは、土佐で暮らしている漂流者の母親が元気であることの報せでした。
それを確認した漂流者は、ジョン万次郎と名乗り、急に普通に喋り出します...(苦笑)
捕鯨船でアメリカに渡り、母親に会いたくて戻って来たことを語ります。

龍右衛門(大村崑さん)や吉兵衛(風間杜夫さん)が感動する前で、
"Love"こそが大事な概念である、と語り出します。
親にセッティングされた縁談に従うことはない、と聞き、驚く一同でした。
あんなに英語でしか受け答えしてなかったとは思えない、バリバリの土佐弁です...(苦笑)

翌日、ジョン万次郎は斉彬に城に呼び出されます。
アメリカの偉大さを伝える万次郎ですが、その目的は侵略ではない、とアドバイス。
ただ、対抗しても勝ち目はないことも伝えます。
教育の重要性も伝え、それを理解する斉彬でした。
斉彬は、蒸気船の仕組みやら、色々と万次郎から聞き出します。

その後、吉之助が再度城に呼び出されます。
斉彬に目通りが叶った吉之助は、褒美のリクエストを聞かれ、大久保親子の斜面を願い出ます。
その心意気に感じ入る斉彬ですが、了解した上で少し待つように伝えます。
その上、最初の刺客は斉彬のテストであったことが伝えられます...うーん、やり過ぎ(苦笑)

喜んで正助に報告する吉之助...
そこで、正助に糸の縁談を止めるように熱く依頼される吉之助。意味が分からない模様です。
何故か熊吉(塚地武雅さん)と妹・琴(桜庭ななみさん)が糸を訪問。
正助から吉之助に思いを伝えるように言われた糸は走り出します。

西郷家に着いたものの、そこで吉兵衛から吉之助の縁談の話を聞かされ...驚いて帰ってしまいます。
その帰り道、吉之助と出会う糸...何故か糸の結婚相手を褒めだす吉之助。
更に正助をレコメンドされ...縁談を受け入れると宣言する糸。
その上で、アメリカのように好きな人と結ばれる世の中にして欲しい、
吉之助のことが好きだった、と告げる糸...驚きMaxの吉之助...かなり複雑な表情です。

その数日後、嫁入りする糸。
それを呆然と見送る吉之助と正助...でした。
次回は、公私にわたって色々と出来事が起こるようです。

今回は、(苦笑)が多過ぎたかも知れません...すいません。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

『西郷どん』第5話「相撲じゃ!相撲じゃ!」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は...なんでしょう...メインは藩主交代記念御前相撲大会でした。
何だか昨年と比較しても、あんまり書くことがないような...

前回、お国入りした新藩主・島津斉彬(渡辺謙さん)。
藩内では、これで変わる...という期待があったのですが、
前藩主の父・斉興(加賀丈史さん)の方針・施政を踏襲することを発表します。

これには、西郷吉之助(鈴木亮介さん)や大久保正助(瑛太さん)など、
藩主・斉彬誕生に尽力し、罰せられた人たちが反発します。
特に謹慎中の正助は、父・次右衛門(平田満さん)の流罪からの復帰を期待していただけに、
その失望は大きいものがありました。

そこで、吉之助たちは、御前相撲で勝利して斉彬に直訴することを思いつきます。
何だか毎週直訴している気がしますが...(苦笑)
最初は、賞品の米十俵に目がくらんだ吉之助らですが、こちらがメインに変わります。

下鍛冶屋町郷中は、吉之助が代表かと思いきや、決勝で村田新八(堀井新太さん)が勝利。
立ち合いに変わった相撲でしたが、非難する仲間を尻目に吉之助は負けを認めます。

ここで、岩山糸(黒木華さん)に縁談、という話が微妙に絡んで来ます。
お相手は上級藩士・海老原重勝(蕨野友也さん)という方なのですが、糸は複雑な表情。
何故か下駄を飛ばして決めることにするのですが、その下駄が河原の吉之助を直撃...
下駄をなくした糸を背負う吉之助を重勝が見てしまう、という展開になります。

一方、糸に思いを寄せる正助。
仲間には両想いかも...とおだてられますが、
実は糸が気にしているのは吉之助らしい...と気付いてしまいます。

西郷家では、吉之助が両親の結婚の経緯を聞いたりしています。
母・満佐(松坂慶子さん)が、父・吉兵衛(風間杜夫さん)の人柄情報を聞いて安心していた、
と言うのですが、祖母・きみ(水野久美さん)の策略が露見したり...ほのぼのしております。

そうこうしているうちに、御前相撲の日がやって来ます。
斉彬は、事前に斉興と由羅(小柳ルミ子さん)を誘いますが、手厳しく断られます。
久光(青木崇高さん)は若干間に挟まれて、苦しそうな表情です。

んで、会場には斉彬の他に、島津四家の姫が観戦に姿を現します。
その中には後の篤姫・於一(北川景子さん)もいました。

あとは割と予想通りの展開になります。
新八は気合が入り過ぎて腹を壊してしまい、吉之助が代理で出場します。
家臣に代理を却下されそうになるのですが、「西郷」の名前に反応した斉彬が許可。
姫同士で賭けをし出すのですが、なぜか於一は常に吉之助に賭けます。

途中、大山格之介(北村有起哉さん)と対戦した吉之助は、そこでも勝利して決勝へ。
その相手は何と海老原重勝なのですが、重勝は準決勝で左足首を負傷...
そこを攻めろ、とアドバイスする仲間たちに納得できない吉之助は、
結局正面からそこを攻めず、かつ決勝で豪快に勝利...!!
決勝でも吉之助に賭けた於一も喜びます。

その上、何故か斉彬が優勝者・吉之助と相撲を取ることになり...
吉兵衛や弟・吉二郎(渡部豪太さん)が負けろ...と念じるなか、
堂々と藩主を投げ飛ばしてしまう吉之助。
「大儀!」と締める斉彬ですが、何故か吉之助は牢屋に入れられてしまいます。
優勝賞品の米十俵もゲットはできなかったようです...

そこで同じ牢に入れられていたのが...恐らくジョン万次郎(劇団ひとりさん)のようです。
来週は、そのジョン万次郎関連で話が展開するようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ