So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第15話「殿の死」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
伊豆諸島で震度3...は、画面上でお知らせしなきゃダメですかね...?
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、重要人物二人の死を中心に描かれていました。
相変わらず、井伊直弼(佐野史郎さん)は、かなり悪者に描かれております...(苦笑)

前回、ようやくやる気(?)になった、一橋慶喜(松田翔太さん)。
吉之助(鈴木亮介さん)と橋本佐内(風間俊介さん)は、京に向かいます。
京では、近衛忠煕(国広富之さん)と月照(尾上菊之助さん)が、天皇の詔をゲットしていました。
ただ、「英傑・人望・年長」を将軍の条件に、となっているのを月照は気にしています。
なぜか、ここで忠煕が「命は大事にと訓示(?)します。

その頃、薩摩では斉彬(渡辺謙さん)が軍事力の強化中。
吉之助は、左内と喜んで京の町を歩いています。

江戸城では、家定(又吉直樹さん)と篤姫(北川景子さん)がのんびりと過ごしていました。
なぜか、春なのに柿の絵を描く家定...良くわかりませんが心を通わせているようです...
と、急に家定が倒れてしまいます。脚気が悪化したそうです。

伏せっている家定の前に、直弼がやって来ます。
筆と紙を持ってくるように言う家定。
遺言を書くのかと直弼が支えていると、なぜかまた柿の絵を...
直弼は、何とそこで家定の意を受けた、と大老に就任してしまいます。

諸侯を前に、直弼は日米修好通商条約締結を進める旨と、時代将軍を慶福にすることを告げます。
もちろん反対する徳川斉昭(伊武雅刀さん)ですが、強引に進められます。
月照の懸念通り、詔から「年長」の文言が削除されていたようです。

吉之助は、そのまま京から薩摩へ戻ります。
なぜか、飛脚をも追い抜くスピードです...(苦笑)

江戸城では、直弼が徳姫や本寿院(泉ピン子さん)に次期将軍の件を報告。
篤姫の主張を「家定の戯言」と片付ける直弼...
そこへ慶福が見舞いに訪れ、本寿院に可愛がられます。

薩摩には、吉之助より一足先に慶福将軍就任の件が知らされておりました。
吉之助はやっとの思いで斉彬のもとに到着、報告しますが、斉彬は諦めモード...
吉之助を振り切って、ひとりで馬で出かけてしまいます...相変わらずのセキュリティですが。
吉之助も、これまたなぜか走ってそれに追いつきます。
そこで斉彬と言葉を交わしますが、これまたなぜかお庭方の職務を解任されてしまいます。
更に、直弼は薩摩の集成館事業にも目を付けられたそうです...

吉之助は、失意のまま家に帰ります。
いつも通り歓迎してくれる琴(桜庭みなみさん)や吉二郎(渡部豪太さん)ですが...
当然、吉之助は浮かない顔です。
隣の大久保正助(瑛太さん)と満寿(美村里恵さん)も心配そうに眺めています。
お隣なのに、着ているもののグレードがだいぶ違うのが気になりますが...

その夜、吉之助は正助と語り合います。
「万策尽きた」と打ち明ける吉之助に「常識外のことを考え実行するのが吉之助だ」と言う正助。
その言葉を胸に、吉之助も色々と考え始めます。

江戸城では、「井伊直弼が幕府を意のままに操り始めた」そうです...(苦笑)
その上、篤姫には家定の形見として柿の絵が贈られます。
家定の死の発表がタイミングが良過ぎた...というナレーションが入ります。

吉之助は、あるアイディアを思いつき、斉彬に直訴しに出かけます。
斉彬は、集成館事業の中止にストレスを爆発させています。
なぜか恐ろしい勢いで家臣たちに止められる吉之助...
で、そのアイディアとは兵を率いて京へ上ることでした。
朝廷を守る姿勢を示すことで、反直弼の狼煙を上げることでした。

そのアイディアで決心を決める斉彬...山田為久(徳井優さん)は止めるのですが。
斉彬は「今からお前はワシになれ」という名セリフ(?)を吐きます。
先へ京へ向かい、諸藩にも呼び掛けるように命じます。

吉之助は、まずは郷中の仲間たちに協力を依頼。
正助だけでなく、大山格之介(北村有起哉さん)や有馬新七(増田修一朗さん)も興奮...
村田新八(堀井新太さん)は若干尻込みしているようですが、吉之助は京へ向かいます。

京に着いた吉之助は、薩摩藩の定宿・鍵屋を訪れます。
突然登場の仲居・虎(近藤春奈さん)は、明らかに吉之助に惚れている模様...
ここで吉之助は、左内、月照と打ち合わせ。
そこへ、これまた突然有村俊斎(高橋正臣さん)も合流。
いよいよ機運が盛り上がります。

ところが、薩摩で行軍準備をしていた斉彬が、突然倒れてしまいます。
吉之助と合流することは叶わず...無念の死が描かれます。
今回は、その場面で幕、となりました。

次回は、斉彬亡き後の顛末、といよいよ安政の大獄...となる模様です。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ