So-net無料ブログ作成

『西郷どん』第20話「正助の黒い石」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、恥ずかしながら寝落ちしてしまい、先ほど改めて拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

今回は、吉之助(鈴木亮介さん)が奄美大島に流されている間の薩摩の話...でした。
吉之助と結婚した愛加那(二階堂ふみさん)が左手に入れ墨を掘る場面からスタートしますが、
舞台はその一年前の薩摩、だそうです。

大久保家では、次右衛門(平田満さん)が隠居して引っ越して行きました。
名実ともに、正助(瑛太さん)が家督を継ぎます。

島津家では、斉彬(渡辺謙さん)亡き後、斉興(加賀丈史さん)が実権を握っていました。
それが気に入らない郷中仲間は、斉興暗殺までほのめかします...
有馬新七(増田修一朗さん)や有村俊斎(高橋正臣さん)は、何だかいつの間にか過激派に。
斉興に取り入っている正助も、仲間の中で浮き始めます。

ただ、工作(?)の甲斐あって、斉興に可愛がられているようです。
斉興経由で、久光(青木崇高さん)に紹介されることに成功します。
...とは言え、何回か前に既に話をしていたような...(苦笑)

斉興の勧めで、正助は久光と囲碁を打ちます。
あっさり勝ってしまう正助に、疑いの目を向ける久光...
そこで何と、正助は斉興亡き後の薩摩藩政に期待している...と打ち明けます。
「国父」という呼称をここで提案し、何故か久光に気に入られます。

その頃、正助の妻、満寿(美村里恵さん)は由羅(小柳ルミ子さん)主催の花見の宴に出席。
久光の囲碁の腕前から政治手腕も素晴らしいはず...と機転の利いた受け答えで、
こちらも由羅に気に入られてしまいます。
珍しい子犬まで授かってしまうのですが、これが今回のネタ(?)になりました。

家に戻ってその件を話そうとする満寿ですが...
由羅の評判を気にする正助にいきなり一喝されてしまいます。
子犬のことを言い出せない満寿は、困って熊吉(塚地武雅さん)と吉二郎(渡部豪太さん)に預けます。

ここで突然、斉興が死の病に伏せってしまいます。
遺言として、幕府に忠誠を誓うように迫る斉興に対して、何故か断る久光。
親子衝突か...と思わせたところで、「死んで欲しくない」と泣きつく久光...
演技なのか本心なのか、良くわからない展開でした。

ほどなくして斉興逝去、という西田敏行さんのナレーションが入ります。
それ以降、久光が藩主の後見役として、正助の提案通り「国父」を名乗ります。

相変わらず決起にはやる郷中仲間たち...正助は囲碁を打っています。
久光相手でも和尚相手でも正助は黒・つまり先手番...
現代の常識だと、先手番は譲る気もしますが、余計な心配でしょうか。
まぁ「黒い石」と「黒い意志」をかけているのでしょうか...(苦笑)

ともかく、この一件で子犬のことがバレてしまいます。
正助もブチ切れですが、「考えていることを話してくれ」と頼む満寿。
黙り込む正助に、今度は満寿がややキレ気味です。

ここで、江戸にいる俊斎の弟たちから井伊直弼(佐野史郎さん)の暗殺計画の手紙が。
脱藩して合流しようと言う新七や俊斎に対して、止めようとする正助。
遂には大山格之介(北村有起哉さん)まで、正助から離れようとしています。

脱藩の件を久光に報告する正助...もちろん久光は激怒します。
そこで正助は、藩主直々の諭し書きを提案...草案まで持参しています。
結局はそれをそのまま清書してしまった久光親子。
武芸鍛錬中の郷中仲間の前に、いきなり久光が登場し、書状を読み上げます。
「いつかは必ず立つ」と明言する内容に加え、『精忠組』という名前まで貰い、
勇気付けられるメンバーも多いなか、新七らは、納得がいかない表情です。

その後、正助は何やら書状を書いています。
そこへ押しかける新七や俊斎...久光をそそのかしたのか、チクったのか...と詰め寄ります。
否定をしない正助に、仲間の怒りは爆発しますが、
ここで村田新八(堀井新太さん)が、正助が書きかけていた書状を見つけます。
その内容は、吉之助を呼び戻すための嘆願書でした。
これで、新八や格之介は正助を見直すのですが、新七だけはまだ納得しません。
袂を分かつ...ということなのでしょうか。

その晩、正助は生まれたばかりの息子をあやしています。
話しかけてきた満寿に、遂に自分の考えを話し出す正助。
「吉之助のようになりたい」と言う正助に「ならなくて良い」と応える満寿...
何でかわかりませんが、わかりあえた正助夫妻でした。

ここで舞台は再び奄美大島に戻り、入れ墨を眺める吉之助と愛加那に..
夫婦でイチャイチャしていると、木場伝内(谷田歩さん)が正助の書状を持って来ます。
そこには、桜田門外の変と、俊斎の二人の弟が亡くなったことが書かれていました。
薩摩では、正助と新七・俊斎の決裂が決定的になっていました。

吉之助が薩摩に戻る日も近いのか...という辺りで今回は幕、となりました。
次回は、愛加那との別れ...のようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ