So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第8話「赤ちゃんはまだか」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、録画で1時間遅れで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、井伊直親(三浦春馬さん)の跡取りをめぐる騒動が中心でした。
直親が奥山朝利(でんでんさん)の娘・しの(貫地谷しほりさん)と結婚して4年。
跡取りを残すことが大きな仕事とも言えるなか、まだその兆しはありませんでした。

ずっと気に悩んでいるしのは、南渓和尚(小林薫さん)の龍潭寺で祈祷をしてもらっています。
ちょうどその頃、次郎法師(柴咲コウさん)の元には、瀬名(菜々緒さん)からの手紙が...
松平元康(阿部サダヲさん)との結婚生活の話などが書かれていました。
既に男子が一人生まれ、次の子どもも懐妊しているとか...

また、今川義元(春風亭昇太さん)の勢いもすさまじく、三河をほぼ平定。
尾張の城もいくつか落としたようで、織田攻めに乗り出そうとしていました。
そちらに専念するため、家督は嫡男・氏真(尾上松也さん)に譲ったそうです。

その手紙を読んで微笑んでいるところに、しのが通りかかります。
しのは、次郎がしののことを笑ったのか...と言いがかりをつけて帰って行きます。

次郎は、祈祷から出てきたらしい南渓とも会話...
今川家の快進撃を知っている次郎に驚きますが、瀬名の手紙のことを聞き、
元康とはどんな男なのか...と次郎に尋ねます。
瀬名の手紙によると変わり者のようですが、雪斎(佐野史郎さん)はその才能を買っている模様...
今後の伏線になりそうなお話です。

更に次郎は、しののために何か薬をゲットしようとします。
昊天(小松和重さん)に聞くように言う南渓ですが、昊天もネタは尽きている模様。
ただ、値の張る妙薬があるようで、井伊谷では手に入らないとか...

そこで次郎は、小野政次(高橋一生さん)に購入を依頼しに行きます。
何と直満(宇梶剛士さん)の形見の鼓を売って...というお遣いでした。
直親と結婚するための鼓だったので...という決心の次郎ですが、
「その薬を飲んで子どもができれば還俗できるかも」と冗談を言う政次に怒り出します。

政次は新野左馬助(苅谷俊介さん)とともに駿府へ。
氏真に面会しますが、面倒くさそうな対応の氏真...
そこで家臣が「井伊家に槍200本作らせろ」という義元の伝言を伝えます。
いよいよ尾張攻めが近付いているのか...と感じる井伊家の面々でした。

その後井伊谷に戻った政次は、千賀(財前直見さん)にお土産を渡すついでに、
頼まれていた妙薬を次郎に届けます。
千賀経由でしのに渡そうとする次郎ですが、直接渡すように諭されます。

その頃、直親は千賀と直盛(杉本哲太さん)に側室を迎えることを願い出ていました。
直盛たちも、若干仕方なくですが、相手を探し始めることになりました。
また、尾張攻めの件も井伊家内で協議されます。
初陣に興奮気味の直親ですが、直盛から留守居を命じられ、落胆...
跡取りがいない直親を戦に出す訳にはいかない...と言うのです。
その後、中野直由(筧利夫さん)の槍作りなども見学し、戦の勉強もします。

次郎はしのに妙薬を渡しに行くのですが、やはりと言うか、受け取ってもらえません。
それどころか、妊娠しない薬ではないか、と言いがかりをつけられ、
さすがの次郎も切れてしまいます...しのを振り払ったところに直親が登場し、
「次郎に乱暴された」と泣きつくしの...次郎は仕方なく帰ります。

その後、例の井戸端で直親と再会した次郎ですが...
側室の提案についても、しのがどう受け取るか、心配しています。
ただ、話は進んでしまい、側室候補が決まりかかりました。
しのには、朝利からその話が伝えられますが...恐れていたことが起きてしまいます。

しのは、「次郎を恨む」と書き残して失踪...!!
次郎は再び腹を立て、家臣と一緒にしのを探します。
自害しようとしているしのを発見した次郎ですが、相変わらずのしのを見て再度逆ギレ...
しのがいなければ自分が還俗する...と(噓でしょうが)宣言してしまいます。
それを聞いてしのは次郎を刺そうとするのですが...傑山(市原隼人さん)が止めに入ります。
この人たちの仕事は何がメインなんでしょうか....(苦笑)

そこへ直親も登場...ただ、直親がため息をついたのを聞いて次郎が今度は直親に切れます。
その他人事な態度がしのを孤独にしているのだ...と指摘します。
次郎はその足で直盛・千賀の元に向かい、その顛末を報告。
更に「今はダメ嫁だが、子どもができれば最強の嫁になる」と告げて帰ります。

一方、直親はしのと話し合い、側室の件の保留を願い出ます。
1年の猶予を貰い、もしそれでも子どもができなければ側室でも離縁でも...という覚悟です。
その決心に、直盛・千賀も説得されるのでした。

そして遂に、尾張攻めの命が今川家から下ります。
直盛が出陣の準備をしていますが、楽勝という予測に危機感は薄いようです。
義元を討ってこい...と呑気なことを言う直平(前田吟さん)も見送っています。

一方、駿府でも元康が出陣準備。
瀬名と嫡男・竹千代にハッパをかけられての出陣でした。
いよいよ、舞台は桶狭間へ...というところで、今週は幕となりました。

来週からは、戦国時代の本格スタート...でしょうか。
井伊家は振り回されることになる訳ですが。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました