So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第9話「桶狭間に死す」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今週は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ桶狭間の戦いです。
報道されたところによると。織田信長は市川海老蔵さんが演じられるらしいですが、
今回は登場されませんでした...

場面は、いきなり桶狭間です。
昨年の関ヶ原ほどではないのですが、直盛(杉本哲太さん)らが余裕で待機していると、
いきなり織田方が襲ってきて...というような展開でした。
今川義元(春風亭昇太さん)が討たれる場面も出てこず、例の扇が踏まれる景色だけでした。

次郎法師(柴咲コウさん)の元にも、昊天(小松和重さん)から報せが届きます。
直親(三浦春馬さん)や千賀(財前直見さん)も集まって来ています。
ただ、敗戦は伝わったものの、直盛らの安否はまだわかりません。
井伊家では、戻って来るケガ人に備えて、準備を進めます。

すると、奥山朝利(でんでんさん)が命からがら戻って来ます。
娘のなつ(山口紗弥加さん)は喜びますが、逆に夫・小野玄蕃(井上芳雄さん)の訃報を聞かされます。
兄・政次(高橋一生さん)も無念の表情を浮かべます...
ただ、朝利は、直盛は見失って消息が分からない、ということでした。

直盛の無事を祈っていた次郎の元に、南渓和尚(小林薫さん)が訪れ、直盛が戻ったと伝えます。
急いで対面しに行く次郎ですが、直盛は首が帰って来ただけでした...
朝利の息子・孫一郎(平山祐介さん)が供についていたらしいのですが、
織田に討ち取られるくらいなら...と自害に及んだようです。
ある程度予測できた結果とは言え、悲しみに暮れる井伊家中でした。

その頃、今川関係のあちこちでも、当然色々と動きがありました。
まずは松平元康(阿部サダヲさん)...直盛と同じく、今川方の先鋒を務めていました。
家臣からどうするのか尋ねられた元康は、瀬名(菜々緒さん)の言葉を思い出し、
持ち場を離れて元の居城、岡崎城に向かうことにしました。
岡崎城を守っていた今川方は城を既に放棄しており、難なく入城してしまいます。

また、今川家では、義元討ち死にの報せに氏真(尾上松也さん)はなす術もない、という感じです。
家臣に下知を出すこともできず、この先が思いやられるような雰囲気です...

井伊家では、直盛をはじめとする討ち死にした者たちの葬儀が行われていました。
南渓が読経していますが...そうですよね、僧でしたよね...(苦笑)
千賀は、なつ達、身内を亡くした女性たちのフォローを始めます。

一方、男たちは今後の話を始めます。
直平(前田吟さん)は、当然のように直親が跡を継ぐべきだと主張します。
ところが、孫一郎から直盛の遺言が伝えられます。
それは、何と直親ではなく、中野直由(筧利夫さん)に後を任せる、というものでした。
新野左馬助(苅谷俊介さん)や、政次は、今後の動乱に備えてではないか、とフォローします。
直親も表向きは納得するのですが、やはり本心ではそうは思っていなかったようです。

その後、残った者たちによる日々が始まったのですが、やはり政次の手腕が目立ちます。
直由も、相変わらずの調子で、政次がフォローに回りまわっています。
これを聞いた朝利は、ひとり危機感を募らせます。
再び小野家に井伊を乗っ取られてしまう...と危惧を抱いているのです。

朝利は、早速政次に手紙を出し、なつとその息子を引き取りたい、と伝えます。
政次はなつに意向を尋ねますが、こちらには千賀から手紙が来ていて、
小野に留まるように...と書いてありました。
見た限りでは素直な気持ちで、なつは小野に留まると言い、政次もそれを喜びます。

ところが、これを朝利はそうは受け取りませんでした。
孫一郎らが引き止めるのも聞かず、政次との対立を深めていきます。

その頃、南渓は駿府を訪れていました。
表向きは、義元らの弔いということですが、実情視察も兼ねていました。
佐名(花總まりさん)に聞いたところによると、今川家中は若干混乱気味。
井伊家が最も恐れている弔い合戦も可能性は高くなさそうです。
ただ、元康の行動が若干問題視され始めており、佐名は万一の際の身柄確保を依頼します。
南渓は、相変わらずの何とも煮え切らない返事でしたが...どうなるのでしょうか...

井伊家では、千賀が遺族への手紙書きで忙しい日々を過ごしていました。
次郎も、そのフォローに回りますが、思いがけず自分宛の手紙を発見してしまいます。
そこには、直盛は頼りなく見えるが井伊家のためを最優先で考えていること、
その直盛が次郎のことをとても自慢に思っていたこと、などが綴られていました。
直盛の気持ちに触れて感激する次郎...母娘の絆を再確認していました。

そこへ、直親としの(貫地谷しほりさん)が来訪。
何かと思えば、しのの懐妊報告でした。
直盛の生まれ変わりでは...というしのの言葉に千賀も感動して涙を流します。
次郎も心から喜び、直盛の墓前にも報告します。

せっかくの良い流れだったのですが、ここで事態は急展開...
朝利が政次を呼び出し、なつを戻すように説得しようとします。
玄蕃の息子を戻すと人質になるからか...と難癖をつける朝利に、
政次は「逆に言えば、朝利は人質だと認識しているのか」と切り返します。
あまりに強烈な切り返しに返事をごまかす朝利ですが、何と政次に斬りつけます...!!

次郎の元に、重傷の政次がやって来ます。
何があったのかと尋ねる次郎に、「朝利を斬ってしまった」と答える政次...
更なる急展開を予測させますが、今週はここまで、となりました。

来週以降も、目を離せない展開になりそうです。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました