So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第11話「さらば愛しき人よ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で1時間遅れ程度で拝見致しました。
世間は連休ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか...?

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、松平元康(阿部サダヲさん)の人質交換のお話から、
井伊直親(三浦春馬さん)が今川家にハメられる過程まで、という辺りです。

前回の最後で、瀬名(菜々緒さん)を助けようと粘りまくっていた次郎法師(柴咲コウさん)ですが、
粘りも空しく...と思われたところに、元康からの使い・石川数正(中村織央さん)が到着しました。
人質を交換を提案し、結果として瀬名と子どもたちの命は救われます。

その後、瀬名とその母・佐名(花總まりさん)からお礼を言われる次郎と南渓和尚(小林薫さん)。
あまりこの二人は貢献できていない気もしますが...無粋な突込みはやめておきます...
佐名はその夜、「今川を手に入れる」とかつて言った娘を誇りに思うと告げます。
ところが、佐名はこの後、この謀反の責任を取って自害させられるそうです...(涙)

井伊谷に戻った次郎の元に、元康からの使いがやって来ます。
瀬名を救ってくれたお礼と、直親への書状を持って来ていました。
そこには、鷹狩へのお誘いが...ただ、元康と通じることは今川への裏切りを意味します。

迷った直親は、小野政次(高橋一生さん)に相談します。
とは言え、政次は今川の目付...松平と通じると宣言するようなものでは...と訝る政次に、
「今川の勢いは衰えており、共倒れは避けたい」と打ち明ける直親。
何と政次も同意し、条件として政次にだけすべて打ち明けるように伝えます。

そのアドバイスを聞き、元康に返事をする直親。
その後鷹狩に同行するのですが...直親を出迎えたのは何と偽者(星田英利さん)...!!
元康の顔を知らない直親はすっかり信じ込み、書状も受け取って井伊谷に戻ります。

元康の書状を読み、その内容に満足する政次。
元康の風貌や様子などを聞かれた直親は、貫禄があったことや手の刀傷のことを話します。
あまりに順調なので、次郎の還俗のことを話し出す直親。
政次と結婚したら...と言うのですが、次郎が望むようにするのが一番、と政次が応じます。

そこへその次郎が現れ(申し遅れましたが例の井戸端です...)、昔話などで盛り上がります。
竜宮小僧が何で生き延びたか...というクイズ(?)の正解も確認し合い、昔を思い出す三人...
政次が「今川へ定例の報告に行く」と言い残して井戸端を後にします。

龍潭寺に戻った次郎は、上機嫌で鼻歌を歌ったりしています。
昊天(小松和重さん)に突っ込まれますが、これまた上機嫌に返事をします。
そこへ、本物の元康からの使者・松下常慶(和田正人さん)が到着します。
前回の使者が偽者だったと悟った次郎は、急ぎ直親に伝えます。

その頃、駿府に到着した政次は、寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に元康との密通を突っ込まれます。
知らぬ存ぜぬで通そうとする政次ですが、例の偽者が直親直筆の書状を持って現れます。
手の刀傷からハメられたことを察する政次ですが、もはや手遅れ...
もちろん知っていたとは言えず、直親が今川に呼び出されることになります。

寿桂尼は、悩める当主・今川氏真(尾上松也さん)にカツを入れます。
歴史上の汚点にならぬよう、ハッパをかけるのですが...

井伊家では、急いで善後策を検討します。
とは言えあまり選択肢はなく、直親は元康のサポートを南渓経由で依頼します。
南渓は常慶、次郎とともに岡崎に向かいます。

ところが元康は、兵力に余裕がないとしてその依頼を断ります。
瀬名に泣きつく次郎ですが、瀬名も積極的に助けられた訳ではないことが判明...
井伊家の人質になってくれ...と懇願する次郎の願いを、結局断ります。
ここでも粘る次郎ですが...何ともなりませんでした...

一方、氏真は招集に応じない直親に苛立っています。
そこで政次は、もう少し脅した方が...とアドバイスします。
今川家は、井伊谷方面に部隊を派遣し、井伊家を脅します...
効果はてきめん...今川家を迎え討つべし、と直平(前田吟さん)、中野直由(筧利夫さん)、
奥山孫一郎(平山祐介さん)らがいきり立ちます。

色々と考えた直親は、結局招集に応じることにしました。
いまや虎松という跡取りもいるし...などなど、覚悟ができる状況だったのでしょうか。
出立を前に、しの(貫地谷しほりさん)と虎松に色々と言い残したりします。

出立の朝、ちょうど岡崎から戻った次郎と、井戸端で出会います。
自分が原因で...自分が男なら...と自分を責める次郎に、女性でないと困る、と告げます。
無事に駿府から戻ったら、一緒になる約束をして、直親と別れるのですが...

駿府へ向かう直親の一行は、気付いたら今川方に囲まれていました。
どうやら、その運命は風前の灯火...という状況のようですが、今回はここまで、でした。
次回からの展開が、楽しみです...悲しい事件が続きそうですが...

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました