So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第20話「第三の女」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、直親(三浦春馬さん)の隠し子騒動...ですが、
それを通した直虎(柴咲コウさん)としの(貫地谷しほりさん)との和解のお話、でした。
高瀬(高橋ひかるさん)と名乗る少女が、信濃から井伊谷にやって来ました。

龍潭寺で南渓和尚(小林薫さん)が面会しておりますが、にわかには信じられません。
その報せを祐椿尼(財前直見さん)から聞いた直虎は、自ら真偽を確かめに行きます。
聞けば、高瀬の死んだ母親が、父親は直親だと言った...ということでした。

直虎は、まずはその真偽を確かめようとし、それまで井伊谷で高瀬を預かることにします。
ところが、そこへしのが乱入(?)して来ます。
自らが信じていた直親が、他の女性との間に子どもを儲けていた...のが我慢ならないようです。
前当主の娘がいれば、色々と選択肢も増える...と冷静にふるまう直虎ですが、
しのは、構わずに自らのフラストレーションを語ります。

井伊家中でも、高瀬のことが話題に出ます。
中野直之(矢本悠馬さん)や奥山六左衛門(田中美央さん)は割と無邪気に歓迎していますが、
小野政次(高橋一生さん)は、武田家からの間者ではないか...と言い出します。

高瀬の行動を見ていても、そうとは思えない直虎ですが、100%否定もできません。
南渓から、信濃の松岡氏から状況証拠としてほぼ真実...という手紙が来たと知らされます。
政次に「寝返らせることも含みで迎えられないか」と相談します。
間者の疑いを持ち出せば、追い返しても格好がつく...と反論する政次ですが、
そこへ高瀬が直親の笛と同じ歌を口ずさむのが聞こえてきます。
これで、高瀬が直親の娘だと確認した直虎は、井伊家に迎えることを決めます。

例の井戸端で直虎が直親に報告をしていると、しのがやって来ます。
相変わらず冷静に語ろうとする直虎をけしかけ、その本音を引き出します。
直虎は直親と結ばれないことに、しのは直虎と直親の関係に悩んでいたのに、
その裏で直親は他で子どもを...という一点で、二人はなぜか意気投合(?)したようです。

その頃...松平元康(阿部サダヲさん)の下には、今川から和睦を示唆するような書状が届きます。
今川に情けを示そうとする元康を、側近たちが止めています。
元康は、常慶(和田正人さん)に情勢を調べるように命じます。

常慶は、その一環か、久し振りに井伊谷にやって来ます。
上杉とも戦っているはずの武田が、なぜ今川と戦えるのか...と尋ねる直虎に、
その背後に織田の思惑がある、と語る常慶でした。

その翌年、政次は瀬戸方久(ムロツヨシさん)とともに今川家に年始の挨拶に向かいます。
「武田を海には出さない」と豪語する氏真(尾上松也さん)ですが、
政次はその言葉通りには受け取っていない模様です。
一方、鉄砲を完成させたい、と語る方久に、駿府の商人への引継ぎを宣告します。

方久は不満たらたらで井伊谷に帰って来ます。
井伊谷では、綿布の試作品が完成していますが、方久は駿府ではなく、
気賀での商売を進言します。
一緒に気賀の町を訪れた直虎は、その賑わいに驚かされました。

そして、高瀬を正式に井伊家に迎えるお披露目の席が設けられました。
キレイに着飾った高瀬は、これまでの町人姿からは信じられない美しさです。
直虎、しのに促され、虎松(寺田心さん)も姉弟として言葉を交わします。
それを見て、なつ(山口紗弥加さん)も嬉しそうに政次と話しています...

次回は、気賀の町で何か起こるようですね...
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました