So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第21話「ぬしの名は」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
昨日小学校の運動会で少し疲れました...最近は春にやるんですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回の最後で直虎(柴咲コウさん)たちが訪れた、気賀の町での出来事です。
商人が治める町、気賀での情報収集のため、
瀬戸方久(ムロツヨシさん)や奥山六左衛門(田中美央さん)たちと直虎がやって来ます。
一行は、気賀の有力商人・中村与太夫(本田博太郎さん)に話を聞きに行きます。
井伊谷で生産を開始した綿布の販売方法などを聞く直虎たちですが、
浜名湖経由で異国まで販売可能...と聞き、直虎も想いを馳せているようです。

その帰り道、町の店を物色していた直虎に、子どもが突然ぶつかります。
よく見ると、直虎の財布を盗んでいました...怒って追いかける直虎。
あちこちと逃げ回る子どもですが、結局アジトまで追跡されてしまいます。
ただ、直虎もあと一歩...というところで、大男・力也(真壁刀義さん)に気絶させられます。

一方、その頃、六左衛門たちは直虎が消えてしまい、大騒ぎ。
与太夫に捜索を依頼し、六左衛門が取りあえず報告のために井伊谷に戻ります。

その頃、直虎は賊の倉庫に縛られていました。
子どもたちが食事(芋?)を持って来ますが、「自分は井伊の領主」と脅します。
そこへ頭の例の男(柳楽優弥さん)が戻って来ますが、直虎を見て再会に驚きます。
始末する、という選択肢もあるなか、彼らは身代金をゲットする道を選びます。

翌朝井伊谷に到着した六左衛門の報せに、井伊家中は更に大騒ぎに...
誘拐されたに違いない、と大声を上げる中野直之(矢本悠馬さん)ですが、
そこへ方久が戻って来て、直虎の財布と身代金を要求する手紙(木の板?)を持ち帰ります。
祐椿尼(財前直見さん)も財布が直虎のものであることを確認しますが、
要求の方は、金を払うのなら与太夫の店に赤い布を出せ、と指示されていました。

一同がどうすべきか困惑していると、小野政次(高橋一生さん)が一言。
身代金の受け渡しには誰か来るはずだから、それを追えば良い...!!
現在で言えば当たり前に聞こえますが、身代金を払うこと自体が屈辱のようで、
誰も思いつかなかった模様...政次はそのことに呆れたような言葉を言い、退場します。
その落ち着きぶりに激怒する直之ですが、智恵を出してくれたことを認識する六左衛門です。
政次は、彼らを信頼し切れていないのか、南渓和尚(小林薫さん)にもフォローを依頼します。

赤い布を確認した賊は、頭に進捗を報告。
直虎の様子を確認しに行くと...何と刀を持って子どもを殺すと脅しています。
直虎には本当は殺せない、とわかり切った脅しに、賊一同呆れていますが、
「才覚があるのに泥棒とは...!!」という直虎の批判に、頭が「武家こそ泥棒」と逆ギレします。
その言葉の意味が分からない、と叫ぶ直虎ですが、再び縛られてしまいます。

身代金受け渡しの日、直之と六左衛門が指定場所に向かいますが、意外と山奥...
途中で馬を降りて徒歩で向かう一行です。
その頃小屋で頭と対峙していた直虎は、「年貢とは、領地とは何だ」という問いに答えられません。
言い返せないうちに、例の吹き矢成分で眠らされてしまいます。

その小屋に直之たちが踏み込みますが、眠っている直虎を発見します。
あれ...と思っていたら、賊の狙いは直之らが途中で降りた馬でした。
賊が首尾良く馬をゲット...と思っていたら、傑山(市原隼人さん)が得意の矢で退治...!!
政次のフォローが効いていたようです。
その報せを南渓から聞いた政次は、安堵の表情で家へ戻って行きます。
南渓も、その心情を思ってか、同情の独り言を呟きます。

解放されて井伊谷に戻った直虎ですが、賊を追討する気はないそうです。
相変わらず激怒Maxの直之に対して、今後は慎重に行動します...と許しを請う始末。
こちらも相変わらずクールな政次は、無事を確認すると帰って行きます。

直虎は、頭に言われた「武家こそ泥棒」という一言が頭から離れずにいます。
前回百姓から一家に加わった高瀬(高橋ひかるさん)にも訊いてみますが、
「盗られていると思わない百姓はいない」と衝撃の回答。
祐椿尼が「武家も他から奪わないと生きていけない」とフォローしますが...

そんなところへ、方久が材木での商売を提案しに来ます。
ただ、課題は相変わらず人手の確保。
一計を案じた直虎は、賊の一味の活用を思いつきます。
方久に与太夫経由で賊が誰なのか探らせ、寺に呼び出します。
身代金の要求状が意外と達筆で、候補が絞り込めたようです...

一対一で対峙した直虎は、俗物として後ろめたさを感じない世を作りたい、と提案。
「断るとは料簡が狭い」と脅迫し、前向きな回答をゲットします。
今まで名前を聞いていなかった頭ですが、龍雲丸と名乗ります。

実際に作業が始まってみると、龍雲丸の面は割れており、これまた大騒ぎに...
来週は、この騒動の続きをやるようですが、どうなることやら。

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました