So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第48話「信長、浜松来たいってよ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、ほぼリアルタイムで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ本能寺の変に向けた動きです。
今日で48回目でしたが、後2回...どういう結末にするんでしょうか...
本能寺の変については、明智家の子孫の方の著書や最新研究が元になっているように思いました。


前回、信長(市川海老蔵さん)から駿河をゲットした家康(阿部サダヲさん)...
家臣らと祝いの宴を催しておりました。
全員かなり良い気分になるなか、万千代(菅田将暉さん)はかなり泥酔気味。
織田家を逆に滅ぼして、リベンジすべきと叫び、酒井忠次(みのすけさん)に止められます。
家康も、やや苦々しく聞いているのですが、そんなところへ、織田家からの使者が...

家康は酔っている、ということで榊原康政(尾身としのりさん)が相手をします。
信長からの書状には、甲斐に滞在している信長が帰りに徳川領に寄り、
名所を尋ねたり富士山を見たりしたい...ということが書かれていました。
完璧なおもてなしを...と意気込む万千代らでした。

舞台は変わって龍潭寺。直虎(柴咲コウさん)のもとに奥山六左衛門(田中美央さん)から手紙が。
信長に接待に備えて、道を広げたり、川の流れを緩やかにしたりしているようです。
忠次の指示で川に男らが座り込んだり...相変わらずお笑い担当の六左衛門です...

一方、今川氏真(尾上松也さん)のもとにも、信長がやって来ることが知らされていました。
親の仇なのに...と乗り気ではない家臣に、勢いのある者に取り入るべき、と返します。

そうして、いよいよ信長が浜松にやって来ます。
不思議と何もしゃべらない信長...家康もやきもきしているようです。
そこへ氏真がやって来て、余興に相撲を披露することになります。

力士姿他の男たちが何人か入って来るのですが、何故かそこに中野直之(矢本悠馬さん)の姿が...
万千代も驚きますが、仕方なく相撲を取る直之。
それを見て、信長が「自分は桶狭間の時は直之のような小兵であった」と振り返ります。
また、もてなしが完璧であった、と家康に謝意を述べます。
それを聞いて、家康は大喜びします。

一方、氏真は暗い廊下で誰かと話をしています。
相手は良く見えませんが、果たして...

さて、信長が無事帰った後、徳川家ではまた宴が...
全員が再び盛り上がっていると、何とまた織田家からの使者が...
これまた再び家康は酔っている、ということで康政が相手をするのですが、
今度は、もてなしの返礼として安土へ招待、という内容でした。

龍潭寺にも、接待が無事に済んだ、という報せは届いていました。
一安心の直虎ですが、そこへ昊天(小松和重さん)が迷子を連れてやって来ます。
戸惑う直虎や南渓和尚(小林薫さん)ですが、取りあえず迷子を保護します。

梅(梅沢昌代さん)に世話を命じますが、どうやら百姓の子ではない模様...
直虎も村々に聞いて回りますが、子どもを探している、という情報はありません。
そこで、南渓が一計を案じて首謀者をあぶりだします。
見張り役がいると睨んだ南渓は、子どもがいなくなったという偽情報で見張り役を動かします。
久し振りの八助(山中崇さん)や角太郎(前原滉さん)、富介(木本武宏さん)や福蔵(木下隆行さん)が
ここでも色々と活躍しますが、村人の一人が罠にかかります。

その村人を追う直虎と傑山(市原隼人さん)。
行きついた先は、何と氏真でした。
その氏真は、家康のもとを訪ね、何と明智光秀(光石研さん)の謀反計画を伝えていました。
暗闇で会っていたのは三成だった模様です。
家康らも、信長からの招待は疑っていました。
家康本人だけでなく、本多忠勝(高嶋政宏さん)や石川数正(中村織央さん)、
忠次や康政まで招待されていることを怪しんだようです。

そして、その疑いは光秀によるとその通りで、その密命責任者が光秀だと言うのです。
さすがににわかには信じられない氏真に、光秀は息子を人質に出す、と言い出します。
それが井伊谷に現れた迷子だった、という訳です。

家康は、氏真の話を聞き、思案に沈んでしまいます。
一方、氏真から(無理やり)顛末を聞き出した直虎は、その足で家康のもとへ...
光秀の謀反計画を信長にチクって徳川家を救いたい、と申し出ますが、
家康は仇をとるために光秀の計画に乗ろうかと考えているようです。
そこで直虎は、何と家康に「織田にとって代わって天下を治めて欲しい」と伝えます。
「秘かに思っております」とストレートに伝えてしまっていますが...

直虎は万千代と万福(井之脇海さん)に「家康を日の本一に」と伝えて帰って行きます。
直虎登場の際に、本多正信(六角精児さん)がさりげなく登場しておりました。

家康は光秀の策に乗ることを決め、家臣らと意思確認をします。
全員乗り気...この辺り、徳川家臣団の結束を感じさせます。
果たして、吉と出るか凶と出るか...というところで今回は幕、となりました。

次回はいよいよ本能寺の変、のようですが。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。