So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第50話「石を継ぐ者」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

いよいよ今週が最終話でした。録画で拝見致しました...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

さて、前回映像なき本能寺の変が勃発しておりました。
明智光秀(光石研さん)の謀反によって、織田信長(市川海老蔵さん)は討たれてしまいました。
そして、徳川家康(阿部サダヲさん)は、無事三河に戻って来ていました。

その家康のもとに、秀吉から使者が来て、出陣を依頼されます。
家康も意気揚々と出陣しますが、ご存知の通り、秀吉はあっと言う間に光秀を討ってしまいます。
徳川勢も、出陣したばっかりで終了...となってしまいました。

家康は、ここぞとばかり、「甲斐、信濃の織田方を助けたい」と言い出し、許可を得ます。
ドサクサに紛れて、領土拡大を狙います...
一方、直虎(柴咲コウさん)はまだ堺にいます。
そこへ「明智が討たれたという報せが入り、井伊谷に戻ることに。
南蛮船に乗って海外へ行くつもりの龍雲丸(柳楽優弥さん)が一応(?)誘いますが、
水入れを餞別代りに渡して、再び別れます。

直虎が気にしていたのは、預かっていた光秀の子どものことでした。
今川氏真(尾上松也さん)も青い顔で万千代(菅田将暉さん)のもとにやって来ます。
謀反に加担した疑いがかかってしまう...という訳です。

直虎が、中野直之(矢本悠馬さん)や奥山六左衛門(田中美央さん)と龍潭寺に戻ると、
ちょうどそこへ万千代がやって来て、子どもの引き渡しを求めます。
更には、なぜか於大の方(栗原小巻さん)まで引き渡しを依頼に来ます。
「お家のためと迫る於大の方に、「守れる命は守ると言い切る直虎...
傑山(市原隼人さん)も体を張って万千代を押し戻します。

ところが、そうこうしているうちに織田勢が寺に押しかけます。
身柄引き渡しを求める彼らに、突然「信長の隠し子だと言い始める直虎。
呆気にとられる周囲を気にせず、例の六左衛門らがゲットした茶碗を証拠として提出...
100%納得はできないものの、渋々引き下がる織田勢。
直虎は、於大の方に、徳川に迷惑はかけない...と啖呵を切るのでした。

その子が無事寺での修行を続けていく頃、直虎も若干体調を崩しておりました。
そこへ久し振りのあやめ(光浦靖子さん)が登場...
新野家の面々の面倒を見て欲しい...というリクエストでした。
所縁のある者がいなくなることを嘆く南渓和尚(小林薫さん)に、
直虎は逆に龍潭寺以外を撤退してしまおう、と提案します。

その提案を持って、直虎は近藤康用(橋本じゅんさん)のもとを訪ねます。
そこで高瀬(朝倉あきさん)を養女としたい...と驚きの逆提案が...!!
その提案への反応で親子であることがバレてしまいましたが、すっかり康用良い人...
直虎は、自分の提案を伝えますが、康用は「代々の土地を離れるのか」と尋ねます。
「気持ちが絶えなければ大丈夫」と返す直虎ですが、そこで昏睡してしまいます。

その頃、徳川勢は、予定通り甲斐→信濃へ侵攻するのですが、
そこへ北条も上野→信濃と攻め進んで来ます。
確か昨年の『真田丸』でも出てきましたが...真田の寝返りで徳川勢は苦戦します。
そこで笛を吹くように家康に依頼された万千代ですが、その笛が見つからず...

一方、龍潭寺で床に臥す直虎...
ある夜、聞き覚えのある直親(三浦春馬さん)の笛の音で目が覚めます。
そこには、子ども時代の直親と政次(高橋一生さん)、更には何故か龍雲丸まで...
その笛の隣で、直虎は息絶えていました。昊天(小松和重さん)が発見します。
更に、どこか外国の海でも、龍雲丸が遭難した模様...同時に亡くなったのでしょうか...

直虎の葬儀には、これまた久し振りのしの(貫地谷しほりさん)やなつ(山口紗弥加さん)も参列。
南渓は、経は上げられないと言い、昊点と傑山も涙で時折声が詰まります。
その後、直虎の亡骸は、村の百姓によって埋葬されます。
八助(山中崇さん)や角太郎(前原滉さん)、福蔵(木下隆行さん)らが、感謝の雄叫びを上げます。

そしてその訃報は、戦地の万千代のもとにも届きます。
ちょうど雨も降り出し、悲しみに暮れる井伊家一同でした...

その後の会議でも、心ここにあらずの万千代。
北条と和睦することになったのですが、先行きは不透明。
榊原康政(尾身としのりさん)に呼びかけられても反応できない万千代...
一旦退出したところに南渓がやって来ます。
そこで、笛の話を聞き、更に例の碁石を受け取って、直虎の想いを伝えられる万千代。
それを聞いて、何か吹っ切れたように和睦の使者の役を買って出ます。

信じ切れない康政や酒井忠次(みのすけさん)、石川数正(中村織央さん)に、
若くて潰れた家の出身さからこそできる使者もある...と説得します。
そこへ瀬戸方久(ムロツヨシさん)が直虎の硯を持って登場。書状制作をサポートします。
その上で万千代は、万福(井之脇海さん)や直之、六左衛門らと、信濃の国衆の説得に回ります。
その結果、有利な条件で北条と和睦を結ぶことに成功します。

その祝宴では、家康や氏真、忠次、本多正信(六角精児さん)がノリノリ...
相変わらず泥酔した万千代に忠勝(高嶋政宏さん)が褒美のリクエストを聞きます。
その答えは元服...そして遂にその日がきます。

家康の命名は「直政」...井伊の「直」と小野の「政」の合体でした。
その上、松下常慶(和田正人さん)や康用を始め久し振りの井伊谷三人衆、
方久まで含めた家を従える侍大将に出世を果たすのでした。
ここで、井伊の代名詞の赤備えも登場。
一方、井伊谷では南渓が一人で祝杯をあげていました...

その後の直政の活躍はそれほど紹介されませんが、
赤鬼としての本領発揮...という片鱗を見せたところで幕...となりました。
竜宮小僧も、今回は「おしまい」と話を締めていました。

今年も一年、有難うございました。
来年は幕末ですが...楽しみに待つことにしましょう。

ではでは、皆さま良いお年を...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。