So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『西郷どん』第4話「新しき藩主」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど拝見致しました。
先週までは、若干の突っ込みどころも楽しんでいましたが、
ちょっと今週の展開は...と思ってしまいました。
まぁもう少し、今後の展開を見守りたいとは思いますが...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

引き続き、島津斉興(加賀丈史さん)と由羅(小柳ルミ子さん)はかなり悪役です...
私もそこまで薩摩のことに詳しくはないですが、ちょっと大げさな気がしました。

さて、前回、父・西郷吉兵衛(風間杜夫さん)から赤山靱負(沢村一樹さん)の切腹を聞いた
西郷吉之助(鈴木亮介さん)や大久保正助(瑛太さん)...
気持ちを抑えきれず、意を決して島津久光(青木崇高さん)に直訴に向かいます。

久光は成敗しようとする家臣を止めるのですが、意見を聞いてくれる訳ではなく、
「自分ではどうしようもできない」と逆ギレして去って行きました。
その時のケガを自宅に戻って治療していると、そこへ靱負の弟・久武(井戸田潤さん)が...
吉兵衛に、靱負の介錯を依頼するためでした。
その際、吉之助らにも靱負の屋敷へ来るように...と伝言が。

ちょうど、同じ頃に例の芋泥棒・中村半次郎(中村瑠輝人さん)が
お礼を兼ねて芋を届けに来ていました...その芋を持って、吉之助は靱負のもとへ...
悲しみに沈む吉之助や正助、大山格之助(北村有起哉さん)、有村俊斎(高橋光臣さん)らを前に、
遺言とも言えるような話を明るい表情で話す靱負。
吉之助らも何とも言えない表情です。

城に戻った久光は、由羅の身を案じています。
江戸では、由羅の呪いをネタにした瓦版が発行されたようです。
一方、由羅はその恨みを一身に受ける覚悟を固めている...ようです。

翌日、靱負は予定通り、吉兵衛の介錯で切腹します。
久武と一緒にそこに同席した吉之助...その瞬間、世界が白黒になったようでした...
そこへ吉兵衛が介錯の際に身に着けていた着物を持って来ます。
その鮮血が吉之助の感情を高ぶらせます。
吉兵衛が制止して、その場は何とか収まるのですが...

更に、正助の父・大久保次右衛門(平田満さん)も喜界島へ島流しになっていました。
最後に吉兵衛と相撲を取る次右衛門ですが...悔しさは隠し切れません。

一方、江戸では、斉彬(渡辺謙さん)にも靱負切腹の報せが届きます。
また、吉之助からの書状がたくさん届いている模様...斉彬の決起を促しています。
そんな中、斉興が新年の挨拶で将軍に謁見...そこで阿部正弘(藤木直人さん)から、
官位の代わりに茶器を...隠居勧告を受け取ります。

由羅とともに斉興が待つ部屋へ斉彬が向かいます。
そこで、吉之助からの書状や、例の血の付いた着物の話をする斉彬。
止めようとする由羅を一喝し、何とロシアンルーレットで藩主を決めようと言い出します。
斉彬は引き金を引いたのですが弾は出ず、斉興は引けない...という展開。
その後由羅が斉彬に向かって引き金を引くと発砲...色々な意味でどうなんでしょうか...
斉彬は、叙勲の話を伝え、斉興は渋々隠居を受け入れます。

藩主交代の報せは、薩摩にももちろん届きます。
吉之助からそのニュースを聞いた正助も喜びます。
父親の島流し生活も、いずれ終わるのではないか...という期待が膨らみます。

そして、斉彬のお国入りが行われます。
藩士らが雄叫び(と言うかスタンディングオベーション...?)をあげるわ、
いきなり立って斉彬に話しかける子どもら何のお咎めもないわ...かなり型破りです。
吉之助も、何と表記して良いかわからない雄叫びをあげています...

というところで、今回は幕となりました。
来週は、藩主としての斉彬が始まる訳ですが...果たして。
ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。