So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『西郷どん』第8話「不吉な嫁」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『西郷どん』公式サイト(NHK)

毎回申し上げていますが、今回もテーマは大きく二つ...
- 西郷吉之助(鈴木亮介さん)が遂に江戸へ
- 須賀(橋本愛さん)との離縁 って辺りです。

須賀は、西郷家で訃報が続いたことに責任を感じています。
周囲からも「不吉な嫁と後ろ指をさされているようです。
ただ、吉之助は全力でそれを否定します。

そんななか、遂に黒船が浦賀に来航します。
老中・阿部正弘(藤木直人さん)のもとには、アメリカから白旗が贈られてきています。
正弘は、参勤交代で帰省中だった斉彬にサポートを依頼します。

斉彬は、山田為久(徳井優さん)や桂久武(井戸田潤さん)に色々と指示...
久武を通じて、吉之助を江戸に連れて行くことにします。
大喜びで家に戻る吉之助ですが...盛り上がるきみ(水野久美さん)や琴(桜庭ななみさん)、
吉二郎(渡部豪太さん)をよそに、不機嫌な須賀...
江戸に行くには30両もの支度金が必要、且つ夫も不在...というのが理由です。
それを聞いた吉之助も、一旦は江戸行きを諦めます。

その話を、例の木の上で大久保正助(瑛太さん)に打ち明ける吉之助。
この場所は、昨年の井戸端がモデルでしょうかね...ちょっと丸聞こえですが。
吉之助の話に激怒した正助は、吉之助を殴りつけます。
須賀を侮辱された吉之助も応戦し...二人とも顔に跡が残るほどになりました。

翌日、吉之助は再度久武に呼び出され、今度は篤姫(北川景子さん)の警備の命令。
斉彬も篤姫も、何故か直々のご指名だそうです...
道中篤姫に呼び出され、御前相撲のツキが理由だと打ち明けられますが...

その頃、正助は吉之助のために金策に走り回ります。
吉二郎や弟たち、熊吉(塚地武雅さん)も色々と頑張りますが、
正助は第1話以来の商人のところに借金に行き、断られながらも餞別をゲット。
一方、須賀は内職を頑張る家から一人実家に帰ってしまいます。

結局20両をかき集めた正助は、吉之助に江戸へ行くように説得します。
若干足りない...と思っていると、
須賀が父・伊集院兼善(北見敏之さん)と一緒にやって来て、離縁を宣告。
手切れ金を置いて、帰って行ってしまいました。
何故かお礼を言う吉之助...
帰り道、兼善に「本当に離縁して良いのか...?」と聞かれた須賀は
「吉之助は優し過ぎて筵束縛してしまう」と打ち明けます。

こうして資金をゲットした吉之助は、みんなの思いを胸に江戸へ...というところで
今回は幕となりました。
ちなみに、前回江戸行きになった大山格之介(北村有起哉さん)や有村俊斎(高橋正臣さん)は、
どうやって30両用意したんですかね...??
次回は、その二人とも再会するようですが...どうなるのでしょうか...?

ではでは、また来週...m(__)m










スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。