So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『真田丸』45話「完封」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、一時間遅れくらいに録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『真田丸』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ大坂冬の陣が始まります。
大坂城周辺に集結した徳川方は約30万。
まずは城の西側と北東で、徳川方が大坂方の砦を襲います。
西側は、守っていた明石全登(小林顕作さん)がキリスト教の祈りを捧げている間に、
北東の方は、守備を厚くしようとしていた矢先、ということでした。

織田有楽斎(井上順さん)と大蔵卿局(峯村リエさん)らは、不安を隠せません。
ただ、幸村(堺雅人さん)は、徳川の狙いはあくまで南側だと主張。
布陣を見ると、南側には大大名や徳川本陣が集中している、という理由です。

その徳川方では、家康(内野聖陽さん)が悩んでいました。
真田丸の場所や構造が、大変目障りだ...と言うのです。
その質問に満足に答えられない秀忠(星野源さん)にも、イライラが募っているようです。
本多正信(近藤正臣さん)は、相変わらずの感じです...

大坂城内では、五人衆+木村重成(白石準也さん)がミーティング中。
真田丸に幸村と後藤又兵衛(哀川翔さん)、重成と長宗我部盛親(阿南健治さん)を配置、
毛利勝永(岡本健一さん)と明石全登(小林顕作さん)は西と北の守りにつきます。
この席で、勝永が、先ほどの「疑惑」を幸村に相談します。
城内の情報が洩れているのでは...という疑いです。

そこで幸村は、一計を案じます。
まずは有楽斎を飲みに誘って、噓の悩みを告白...
今回の戦に自信がない、西側に危ない砦があるのだが援軍を送らねば...という感じの内容。
有楽斎は幸村を励ましますが...予想通りその砦はすぐ徳川方に襲われます。
何だか勝てなさそうな状況の典型ですね...(苦笑)

更に幸村は、春(松岡莉優さん)とも話をしていました。
前線で役に立ちたい、という春に城に籠って娘を守れ、と依頼します。
一方で、息子・大助(浦上晟周さん)にとっては初陣...期待と不安が入り混じります。
豊臣家の行く末を聞かれた幸村は、「どこかの一大名で...」と見通しを語ります。
それを盗み見ていた、お久しぶりのきり(長澤まさみさん)。
何とそれを茶々(竹内結子さん)に見られてしまい、侍女に指名されてしまいます。

その頃、江戸の真田屋敷では、松(木村佳乃さん)が大坂から戻って来ています。
信之(大泉洋さん)も労いつつ、大坂の状況を尋ねます。
「あんな大勢の兵は見たことがない」と松が報告していると、そこに客人が...

何と、福島正則(深水元基さん)と平野長泰(近藤芳正さん)が訪ねて来ていました。
正則は、秀吉恩顧であるが故に大坂には参陣せず、留守居役を任されておりました。
賤ケ岳の七本槍...と自ら紹介する長泰は、加藤清正(新井浩文さん)の思い出など語ります。
んで、肝心の用件は、大坂方に兵糧を送りたい、という話でした。
断ろうとする信之に、「秀吉の恩義に応えたい」と訴える二人。

断り切れない信之は、その後、稲(吉田羊さん)にその話を打ち明けます。
信之以上に強硬に反対する稲...取り付く島がない感じです。
やっぱり...という表情の信之に、こう(長野里美さん)が送れる兵糧情報をサポート...
結局援助したのかどうか、気になる場面でした。

その頃、大坂城内では、秀頼(中川大志さん)の御前で作戦会議。
自ら陣頭指揮に立ちたい、と言う秀頼を、皆が止めています。
その代わりに、何と茶々(竹内結子さん)が鎧を着て陣頭指揮へ...
真田の陣を視察(?)する茶々ですが、周囲は??という印象です...
案内を命じられた高梨内記(中原丈雄さん)も何とも複雑な表情を浮かべておりました。

一方、徳川方では上杉景勝(遠藤憲一さん)と直江兼続(村上新悟さん)が家康に呼ばれていました。
真田丸を落とせ、という家康の命令でした。
関ヶ原での敵対や直江状、120万石から30万石への減封など、キツメの嫌味を羅列されます。
本多正純(伊東孝明さん)にも、徳川への忠義を示せ、と言われてしまいます。
景勝より先に、兼次が了承してしまいます...複雑な表情の景勝。
「断っては家が持たない」という兼次の判断でした。

同様の依頼は、真田信吉(広田亮平さん)の陣にも届きます。
上杉の援軍として、真田丸を攻めろ、という指令です。
俄然やる気を出す信政(大山真志さん)ですが、信吉は幸村とは戦いたくないようです。
小山田茂誠(高木渉さん)、矢沢三十郎(迫田孝也さん)も、「来るものが来た」という表情です。
佐助(藤井隆さん)を呼び出して、幸村に連絡を取ります。

連絡を聞いた幸村は、あまり時間がないことを悟ります。
上杉や、真田と直接対決するのは避けたい、ということのようです。
翌朝徳川方を挑発することを決意し、秀頼と大野治長(今井朋彦さん)に伝えます。
五人衆を含め、箝口令を敷いて、準備を整えます。

いよいよその日、幸村は早朝から動きます。
大助は、堀田作兵衛(藤本隆宏さん)のサポートの元、挑発の先陣を切ります。
徳川方の前田・井伊陣の前で、歌や踊りでおびき寄せます。
挑発に乗り、前田勢が真田丸の手前まで進軍してきました。
そこで、今度は佐助が真田丸の中で爆竹に着火...仲間割れを装います。

もう止まらない前田勢は、勢い余って真田丸へ襲い掛かります。
充分引き付けたところで、真田丸からは一斉射撃が...!!
後から後から湧いてくる前田勢ですが、ことごとく撃たれてしまいます。
それでも壁をよじ登って真田丸に侵入する兵もいましたが、
幸村や又兵衛がキッチリ討ち果たしました。

遂に敵が撤退を始めると、幸村たちは真田丸の外へ打って出ます。
挟み撃ちになってしまった前田勢は、まさに全滅...まさに「完封」です。
城に戻った幸村は、五人衆らと勝ちどきをあげます。
興奮気味に敬意を表する重成に、小声で「こんな大戦は実は初めてだ」と打ち明けます。

一方、徳川方は、もちろん大ショック...
幸村の挑発に乗ってしまった前田・井伊勢に家康はおかんむり...まずは撤退させます。
「大敗だ」と分かり切ったことしか言えない秀忠を叱り飛ばし、次の策を考えるそうです。

景勝も、自分の陣地から幸村の戦いぶりを見ていました。
その見事な戦いぶりに、「日の本一のツワモノ...!!」と叫んでいました。
普段なら止めそうな兼次も、ほんの少し微笑みながら眺めているようでした...

さて、次回は家康の諸々の策略が発動するようです。
結果はわかっているのに...ますます楽しみです。
何だか、もうちょっとで勝てていたかも...と思わせ過ぎる展開ですね。

ではでは、また来週...m(__)m