So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第4話「女子にこそあれ次郎法師」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎回のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回からの引き続きで、おとわ(新井美羽さん)の出家について、でした。
前回、今川義元(春風亭昇太さん)の許しを得て井伊谷に戻ったおとわですが、
結局はおとわ自身の出家と引き換えに本領を安堵されたに過ぎません。
という訳で、正式に龍潭寺に出家することになりました。

おとわは、いつもの裏山(?)で、鶴丸(小林颯さん)と遭遇。
直平(前田吟さん)から解放されたことを喜ぶおとわですが、
いやぁそういう火種を抱えたままの日常ってのも、どうなんでしょうか...
鶴丸から、出家したら亀之丞(藤本哉汰さん)と結婚できない、と言われ、
出家の決心が鈍るおとわ...

鶴丸は、家に戻って父・小野政直(吹越満さん)を迎えます。
更に、「井伊家の人たちに睨まれるような行動は慎んで欲しい」とストレートなリクエスト。
そんなつもりはないのだが...と困惑する政直でした。

直盛(杉本哲太さん)と千賀(財前直見さん)は、やや不本意ながら、出家プロセスを進めます。
家を出ることなく出家することも可能なようなのですが、
南渓和尚(小林薫さん)は、寺に引き取ることに決めました。
おとわは、名前を次郎法師と改め、修行生活がスタートしました...

とは言え、所詮はお姫様育ち...すぐに音を上げてしまいます。
まずは門の前で待つ昊天(小松和重さん)と傑山(市原隼人さん)を超えられません...
その上、寺では特別扱いもなく、他の修行僧と同部屋。
食事も、もちろん満腹という訳にはいきません。

ここで、実家に泣いて戻ってしまうのですが、千賀が厳しく叱責します。
その後、その姿を見ていた直盛と実兄・新野左馬助(苅谷俊介さん)に対して、逆ギレします。
やはり母親...喜んで出家させた訳ではないことをアピールします。

寺に戻っても不満をこぼすおとわに、南渓は托鉢を勧めます。
昊天は、托鉢のコンセプトもわかってないのに...と心配しますが、南渓は心配していない模様。
おとわは喜んで市場に出かけますが、冷たくあしらわれてしまいます。

一方、井伊家中では、相変わらず政直への不満がくすぶっていました。
直盛も弱腰だと言う指摘を受けますが、冷酷になり切れない性分のようです。
直平は、やり場のない怒りを直満(宇梶剛士さん)の墓前にぶつけます。
と、そこへ殺された直満の密使の息子、という男が仇を取ろうと近付いてきます。

ほぼ同じ時期に、今川から火に油を注ぐような下知が届きます。
直満の旧領を、小野政直に譲れ、と言うのです。
これには激怒する中野直由(筧利夫さん)や奥山朝利(でんでんさん)...
政直が退席した後に直平が入って来て、先ほどの仇を焚き付ければ...と言い出します。
家臣一同が賛同するなか、直盛はもう少し考えることにします。

おとわは、托鉢でも腹を満たすことができず、遂には畑から野菜を盗んでしまいます。
それを鶴丸に見られてしまい、呆れられてしまいます。
何かともがいているおとわに、南渓もどういう僧になりたいのか、禅問答...
おとわから「竜宮小僧になりたい」という決意を引き出します。

その後、市場でボランティアのようなことをして、褒美をゲットするおとわ。
やっと何とか方向が見えてきたようです。

その頃、大人たちにも動きが...
例の政直の命を狙っていた男の襲撃を防いだ直盛。
上から目線で感謝する政直に「直満の所領を半分返せ」と凄みます。
今川の下知が...と抵抗する政直に、刀を抜いて威嚇...ケツをまくったようです。

その後、左馬助になぜ政直を討たなかったのか、と聞かれた直盛、
「鶴丸から父親を奪いたくなかった」と応えます。
昨年の登場人物の方々と比較すると、人が良い、と言うか、
良い意味でも悪い意味でも、甘い、優しい感じがします。

今後の展開が楽しみでもあり、心配でもありますが...
最後に次郎法師として柴咲コウさんが登場。
いよいよ、次回からは主役交代となるようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第3話「おとわ危機一髪」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎回のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、おとわ(新井美羽さん)が今川の人質になるか...という顛末です。
史実がどうであるかは置いておいて、色々と興味深いお話でした。

前回、鶴丸(小林颯さん)との縁談を断ろうとしたおとわ。
思い余って自らの髪の毛を切ってしまいます。
直盛(杉本哲太さん)も千賀(財前直見さん)も呆れてしまいますが、
その報告を小野政直(吹越満さん)から聞いた今川家も当然怒りを露わにします。

忠義の証として、おとわを人質として差し出すように下知が下ります。
直平(前田吟さん)らは激怒しますが、井伊家に他の選択肢はありません。
思い悩んだおとわは、南渓和尚(小林薫さん)に相談し、南渓が一計を案じます。
曰く、今川が疑っており、気にしているのは井伊家の跡取りについてであり、
出家によってその可能性を消せるのであれば、それが受け入れらる可能性もあるのでは...
ということでした。

南渓は、今川家へのとっかかりとして、
軍師・雪斎(佐野史郎さん)、妹で同じく今川家に人質に出された佐名(花總まりさん)、
更にその先に義元(春風亭昇太さん)の母・寿桂尼(浅丘ルリ子さん)を考えておりました。

その頃、何と鶴丸が何者かに拉致されていました。
その犯人が直平だと知った直盛は、急ぎ直平の元を尋ねます。
後戻りできなくなる、という直盛を前に、鶴丸は
「父親は自分だけだと切り捨てるはずなので、弟も拉致すべき」と真顔で話します。
何とか直平を思い留まらせた直盛でした...

さて、南渓と新野左馬之助(苅谷俊介さん)たちと駿府に到着したおとわ。
京に劣らないとも言われた、その繁栄ぶりに驚きます。
南渓は雪斎と早速直接談判しますが、感触は必ずしも良くありません。

一方、おとわは、今川館で佐名とその娘・瀬名(丹羽せいらさん)に出会います。
瀬名は蹴鞠の練習をしており、おとわは、自分と同じような匂いを嗅いだように見えました。
瀬名は後の築山殿ですので、彼女は彼女で数奇な運命をたどりますが...

南渓は、おとわに佐名への手紙を託しますが、それを読んだ佐名は激怒して破り捨てます。
ガッカリするおとわに、「何が起こるかわからない。諸行無常」と語ります。
結局、南渓の策はどれもあまり効果が出ていない...という状態のまま、おとわは義元と対面。
ただ、義元は能の稽古中とかで、まずは寿桂尼と雪斎が対面します。

この辺りで、政直に、鶴丸が拉致されたという報せが届きます。
激怒はしないものの、やはり困惑した表情を見せる政直...
当然今川家にもこの情報は届いたのでしょうが、大事にはならなかった模様です。
直盛の心配は杞憂だったのでしょうか...

さてさて、おとわたちは蹴鞠を見物することになり、後の氏真・龍王丸(中川翼さん)が登場。
しかし...さすがと言えばそれまでですが、なかなかすごい幼名ですねぇ...
瀬名が相手をする予定だったのですが、「勝てば褒美がもらえる」と聞き、おとわが立候補。
全く経験がないので歯が立たないのですが、何度負けても諦めません。
足を擦りむき、血を流しながらも挑戦し続け、遂に一矢報いることに成功します。

龍王丸は敗北を受け入れようとしませんが...というところで義元登場。
寿桂尼と雪斎の助言もあり、褒美として出家を認められることとなりました。
下々の前では殆ど言葉を発しない義元...ですが、
その後雪斎と、今後の三河への対応で井伊家には働いてもらわないと...と狙いを語ります。

南渓は佐名に礼を言って帰ろうとしますが、冷たくあしらわれます。
今川と井伊の間に挟まれて、色々な思いを抱えているようです...

結局、おとわは無事井伊谷に帰還し、家族に温かく迎えられます。
次回は、正式に出家して...ということのようですが、どうなるのでしょうか。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第1話・第2話の視聴率... [視聴率]

初回の視聴率は16.9%、第2話は少し下がって15.5%だったそうです...
→新NHK大河「おんな城主 直虎」第2話は15・5% 初回から1・4ポイントの微減 (スポーツ報知)

昨年『真田丸』が、初回から19.9%→20.1%だったそうです。
一年くらい前は、初回を観て、次回も...という方が今年よりも多かったんでしょうか。
個人的には、今年は初回を観て、そんなに嫌にはなりませんでした。
真田幸村(信繁)ほど有名人ではないので、その分先が気になる...感じでしょうか。

内容的には、子役さんたちの演技も含めて、あんまり悪い評判を聞きません。
史実の追究はともかく、これからの盛り上がりに期待したいです。








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第2話「崖っぷちの姫」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
第1回は、視聴率もまずまず、子役の演技が好評のようですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今週は、前回に引き続き、井伊家内の騒動です。
今川家は、亀之丞(藤本哉汰さん)の行方を追いかけますが、発見することができません。
山中でそれらしき子どもを捕まえるのですが、実は着物を交換したおとわ(新井美羽さん)でした。
直盛(杉本哲太さん)や千賀(財前直見さん)も半ば呆れてしまいますが、
今川家も、もちろんそれだけで済ます訳もありません。

今川家の使いは、一旦戻り、その間に井伊家では直満(宇梶剛士さん)の葬儀が行われます。
直盛、祖父の直平(前田吟さん)、新野左馬之助(苅谷俊介さん)、加えて
中野直由(筧利夫さん)、奥山朝利(でんでんさん)ら側近のみで、酒を酌み交わしています。
なぜ直満が成敗されてしまったのか、どうして謀反を疑われたのか、といった
議論が、後悔とも同情ともつかない調子で展開されていました。

そこへ、小野政直(吹越満さん)が、今川家からの下知を持って現れます。
何か嫌な予感がしたのか、出直すように直盛は言おうとしたのですが、
直平が通すように伝えます...直盛が若干頼りなさげに描かれています。

なぜ自分ではなく...と訝しがる左馬之助の前で、
- 左馬之助から政直に目付を交代する
- 政直の息子・鶴丸(小林颯さん)をおとわと結婚させる
という内容を読み上げます。
元から政直を良く思っていない直平は、すごい形相で政直に斬りかかろうとし、
直盛らに止められます...直盛は後日返事をすることを伝え、政直を帰します。

直盛は悩みますが、他に手立てはないようです。
おとわを呼び出し、許嫁変更(?)の件を伝えます。
おとわも、どうやら鶴丸のことは嫌いではないようなのですが、
亀之丞を待つという約束を守りたい...という思いが強く、承諾できないようです。

一方の鶴丸も、父親である政直から許嫁の件を聞きますが、
こちらはこちらで、父親への疑惑を払拭できないようです。
おとわのことは、憎からず思っている...ようです。
おとわと会っても、素直にはなれないようなのですが、
「父親は父親、鶴丸は鶴丸」とおとわに諭され、少しすっきりししたようです。

おとわは、何とか状況を打開しようとして、まずは家出を選びます...
結局、城下であばら家に住む怪しげな男(ムロツヨシさん)に世話になり、
翌朝城に連れ戻されます。
その後、無策な親を阿呆呼ばわりして、千賀の逆鱗に触れてしまいます。
座敷牢...ほどではないですが、部屋に閉じ込められます。

直盛は、結局政直に許嫁の件の返事するのですが、ここでまたおとわが策を思いつきます。
部屋に乗り込んだ直盛の目に飛び込んできたのは、自分で髪を切っているおとわ...!!
ざくざく髪を切っているだけではなく、何やら血を流しています。
どこを切っちゃったんでしょうか...??

次回は、おとわが人質として今川家へ行くとか行かないとか...どんな展開になるのでしょうか。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第1話「井伊谷の少女」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

あけましておめでとうございます。
年末年始はゆっくりしておりましたが...真田丸ロスはソコソコでした...
初回は、色々あって一日遅れで本日拝見致しました。

毎回のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、まぁ予想通りお話の導入部分でした。
オープニングの映像、音楽、話の展開など、良い意味でも悪い意味でも普通な感じでした。
まぁ昨年と比較するのがどうなんでしょうか...という気がしますが。

という訳で、まずは直虎の子ども時代です。
井伊直盛(杉本哲太さん)と千賀(財前直見さん)の一人娘・おとわ(新井美羽さん)。
後の活躍を暗示するような、男勝りの性格でした。

幼馴染の亀之丞(藤本哉汰さん)、鶴丸(小林颯さん)と遊びまわる日々。
それぞれ、井伊直満(宇梶剛士さん)の息子で後の直親(三浦春馬さん)、
井伊家筆頭家老・小野政直(吹越満さん)の息子で後の政次(高橋一生さん)です。
後々色々なことが起きる訳ですが、そんなことは、まだまだ知らない年齢です。

亀之丞は父親に似ず(?)、少し体が弱いようなのですが、笛が得意。
鶴丸は、井伊家内で評判が良くない父親のことを気にしている様子。
小野家の中でも温度差がある...という描かれ方なんでしょうか...

井伊家内では、臣従している今川家への対応で若干揉めていました。
直盛の正室・千賀を今川家から迎え、その兄・新野左馬助(苅谷俊介さん)も井伊家に派遣。
それ以上の干渉を受けるかどうか...で議論が分かれます。

結局、跡取り息子がいない直盛は、おとわと亀之丞を許婚にします。
鶴丸に対する微妙な感情を除き、井伊家内では、祝福の空気が膨らみます。
ところが、ここで直満に怪しい動きが...密書を密使に託します。
どこへ持って行くのかと思っていると、密使は政直の手下に討ち取られてしまいます。

その密書が、どうやら今川を裏切って北条につく...と内容だった模様...
おとわと亀之丞の婚約の報告に今川家に呼び出されてしまいます。
何故か浮かない顔をしていた直満ですが...何と今川家で討たれてしまいます。
密書が今川義元(春風亭昇太さん)の手元まで渡っていたようなのです。

更に、今川家は亀之丞の首まで差し出せ、と要求してきます。
これへの対応を考えた直盛たちですが...結局亀之丞を逃がすことにします。
直盛の叔父で、直満の兄弟である南渓和尚(小林薫さん)や、
その龍潭寺の僧侶・傑山(市原隼人さん)が活躍します。

今川家の追及を取りあえずかわす井伊家の面々ですが...というところで初回は幕、でした。
次回は、この窮地をどう乗り越えるか...という辺りのようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ