So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第3話「おとわ危機一髪」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎回のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、おとわ(新井美羽さん)が今川の人質になるか...という顛末です。
史実がどうであるかは置いておいて、色々と興味深いお話でした。

前回、鶴丸(小林颯さん)との縁談を断ろうとしたおとわ。
思い余って自らの髪の毛を切ってしまいます。
直盛(杉本哲太さん)も千賀(財前直見さん)も呆れてしまいますが、
その報告を小野政直(吹越満さん)から聞いた今川家も当然怒りを露わにします。

忠義の証として、おとわを人質として差し出すように下知が下ります。
直平(前田吟さん)らは激怒しますが、井伊家に他の選択肢はありません。
思い悩んだおとわは、南渓和尚(小林薫さん)に相談し、南渓が一計を案じます。
曰く、今川が疑っており、気にしているのは井伊家の跡取りについてであり、
出家によってその可能性を消せるのであれば、それが受け入れらる可能性もあるのでは...
ということでした。

南渓は、今川家へのとっかかりとして、
軍師・雪斎(佐野史郎さん)、妹で同じく今川家に人質に出された佐名(花總まりさん)、
更にその先に義元(春風亭昇太さん)の母・寿桂尼(浅丘ルリ子さん)を考えておりました。

その頃、何と鶴丸が何者かに拉致されていました。
その犯人が直平だと知った直盛は、急ぎ直平の元を尋ねます。
後戻りできなくなる、という直盛を前に、鶴丸は
「父親は自分だけだと切り捨てるはずなので、弟も拉致すべき」と真顔で話します。
何とか直平を思い留まらせた直盛でした...

さて、南渓と新野左馬之助(苅谷俊介さん)たちと駿府に到着したおとわ。
京に劣らないとも言われた、その繁栄ぶりに驚きます。
南渓は雪斎と早速直接談判しますが、感触は必ずしも良くありません。

一方、おとわは、今川館で佐名とその娘・瀬名(丹羽せいらさん)に出会います。
瀬名は蹴鞠の練習をしており、おとわは、自分と同じような匂いを嗅いだように見えました。
瀬名は後の築山殿ですので、彼女は彼女で数奇な運命をたどりますが...

南渓は、おとわに佐名への手紙を託しますが、それを読んだ佐名は激怒して破り捨てます。
ガッカリするおとわに、「何が起こるかわからない。諸行無常」と語ります。
結局、南渓の策はどれもあまり効果が出ていない...という状態のまま、おとわは義元と対面。
ただ、義元は能の稽古中とかで、まずは寿桂尼と雪斎が対面します。

この辺りで、政直に、鶴丸が拉致されたという報せが届きます。
激怒はしないものの、やはり困惑した表情を見せる政直...
当然今川家にもこの情報は届いたのでしょうが、大事にはならなかった模様です。
直盛の心配は杞憂だったのでしょうか...

さてさて、おとわたちは蹴鞠を見物することになり、後の氏真・龍王丸(中川翼さん)が登場。
しかし...さすがと言えばそれまでですが、なかなかすごい幼名ですねぇ...
瀬名が相手をする予定だったのですが、「勝てば褒美がもらえる」と聞き、おとわが立候補。
全く経験がないので歯が立たないのですが、何度負けても諦めません。
足を擦りむき、血を流しながらも挑戦し続け、遂に一矢報いることに成功します。

龍王丸は敗北を受け入れようとしませんが...というところで義元登場。
寿桂尼と雪斎の助言もあり、褒美として出家を認められることとなりました。
下々の前では殆ど言葉を発しない義元...ですが、
その後雪斎と、今後の三河への対応で井伊家には働いてもらわないと...と狙いを語ります。

南渓は佐名に礼を言って帰ろうとしますが、冷たくあしらわれます。
今川と井伊の間に挟まれて、色々な思いを抱えているようです...

結局、おとわは無事井伊谷に帰還し、家族に温かく迎えられます。
次回は、正式に出家して...ということのようですが、どうなるのでしょうか。

ではでは、また来週...m(__)m