So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第16話「綿毛の案」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、体調を崩してしまい、昨日録画で拝見致しました。
皆さまも風邪にはくれぐれもお気を付けください...m(__)m

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に後見として認められた直虎(柴咲コウさん)の内政問題...
瀬戸方久(ムロツヨシさん)が提案する木綿の栽培についてです。
不勉強で申し訳ないのですが、木綿がこの頃流行り出していたようで、
それを栽培すれば儲かるのではないか...というのが方久のアイディアです。

瀬戸村の甚兵衛(山本學さん)にこの話をする直虎ですが、村は未だ人手不足...
前回話題になった「荒地を耕作すれば土地Getで3年年貢免除」はそこそこヒットだったのですが、
耕す人手がいなければ、結局話は進みません。

今いる人手で何とかする、と言う甚兵衛や角太郎(前原滉さん)ですが、
直虎も何とか彼らの意気に報いたいと考えます。
他の地域や家から借りられないか...と考えた直虎は、止める直之(矢本悠馬さん)を振り切って、
六左衛門(田中美央さん)を連れてまずは鈴木重時(菅原大吉さん)を訪ねます。

直虎の話を聞いて、一瞬考えるものの、何か含んだ表情で断る重時。
直虎は、屋敷にも人は余っているような...と観察しますが、
六左衛門は「政次(高橋一生さん)に頼んでみては?」と提案します。
ただ、直虎はそこは譲りたくないようです...

その後、どうやら直虎らは他の目付も回ったようなのですが、結局全部NG。
留守の間に政次が駿府から戻って屋敷を訪ねたのですが、直之しかおらず...
どこに行ったのかと尋ねる政次に「六左衛門と物見遊山に」と返事する直之でした。

政次は、しの(貫地谷しほりさん)にも経緯の報告に...
結局直虎の後見を止められなかった...と非難するしのに、
「あまり全方位に噛みつくと立場が悪くなる」と忠告する政次でした。

一方瀬戸村では、木綿がなかなか目を出さず、こちらも困っておりました。
そこで今度は、直之を伴って村々を回り出す直虎。
他の村で木綿の栽培をしてもらえないか...と声をかけて回ったのでした。

今回も結局良いニュースはなかったのですが、木綿はいつの間にか発芽...!!
どうやら気温が上がったからでは...というようなことでした。
あとは人手...と考える直虎ですが、こちらばかりはどうも進展しません。
そんな時に、水浴びをする謎の旅人(柳楽優弥さん)と会って「人は買える」と聞きます。
直虎は方久と直之とともに、方久の茶屋で情報収集を始めます。

その頃、政次が再度屋敷へ来ていました。
六左衛門が「直之と物見遊山に...」と答えるのですが、
物見遊山は裏切りの兆候でもある...と脅して行き先を聞き出してしまいました。

茶屋で政次は、「この話は領主にはメリットがないので百姓に直接情報を流すべし」とアドバイス。
感心する直之と方久ですが、直虎はやはり採り入れようとしません。
直之が率先して噂を流し出すと、方久がこれに反応。
角太郎や八助(山中崇さん)の顔を思い出した直虎も、遂に協力します。

屋敷に戻った直虎は、何と疲労のためか倒れ込んでしまいます。
昊天(小松和重さん)の診断は、何と子どものような電池切れ...直之もへたり込みます。
「心配しているのか」と尋ねる六左衛門に「戦になったら守り切れない」と呟きます。

その頃、駿府では寿桂尼も病に倒れていました。
ちょうど政次も定例の挨拶に訪れていたのですが、どうやら箝口令が敷かれている模様...
今川の行く末に暗雲か...??

翌朝目を覚ました直虎は、噂の効果で百姓が大勢やって来ている光景を目にします。
そんなところへ、今度は直之が鉄砲を持って現れます。
これは何か...と尋ねる直虎に「種子島」と直之が返事をしたところで幕、となりました。

一方、南渓和尚(小林薫さん)は、虎松(寺田心さん)の教育を申し出ます。
次回は、その顛末が描かれる模様です。

ではでは、また来週...m(__)m