So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第21話「ぬしの名は」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
昨日小学校の運動会で少し疲れました...最近は春にやるんですね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回の最後で直虎(柴咲コウさん)たちが訪れた、気賀の町での出来事です。
商人が治める町、気賀での情報収集のため、
瀬戸方久(ムロツヨシさん)や奥山六左衛門(田中美央さん)たちと直虎がやって来ます。
一行は、気賀の有力商人・中村与太夫(本田博太郎さん)に話を聞きに行きます。
井伊谷で生産を開始した綿布の販売方法などを聞く直虎たちですが、
浜名湖経由で異国まで販売可能...と聞き、直虎も想いを馳せているようです。

その帰り道、町の店を物色していた直虎に、子どもが突然ぶつかります。
よく見ると、直虎の財布を盗んでいました...怒って追いかける直虎。
あちこちと逃げ回る子どもですが、結局アジトまで追跡されてしまいます。
ただ、直虎もあと一歩...というところで、大男・力也(真壁刀義さん)に気絶させられます。

一方、その頃、六左衛門たちは直虎が消えてしまい、大騒ぎ。
与太夫に捜索を依頼し、六左衛門が取りあえず報告のために井伊谷に戻ります。

その頃、直虎は賊の倉庫に縛られていました。
子どもたちが食事(芋?)を持って来ますが、「自分は井伊の領主」と脅します。
そこへ頭の例の男(柳楽優弥さん)が戻って来ますが、直虎を見て再会に驚きます。
始末する、という選択肢もあるなか、彼らは身代金をゲットする道を選びます。

翌朝井伊谷に到着した六左衛門の報せに、井伊家中は更に大騒ぎに...
誘拐されたに違いない、と大声を上げる中野直之(矢本悠馬さん)ですが、
そこへ方久が戻って来て、直虎の財布と身代金を要求する手紙(木の板?)を持ち帰ります。
祐椿尼(財前直見さん)も財布が直虎のものであることを確認しますが、
要求の方は、金を払うのなら与太夫の店に赤い布を出せ、と指示されていました。

一同がどうすべきか困惑していると、小野政次(高橋一生さん)が一言。
身代金の受け渡しには誰か来るはずだから、それを追えば良い...!!
現在で言えば当たり前に聞こえますが、身代金を払うこと自体が屈辱のようで、
誰も思いつかなかった模様...政次はそのことに呆れたような言葉を言い、退場します。
その落ち着きぶりに激怒する直之ですが、智恵を出してくれたことを認識する六左衛門です。
政次は、彼らを信頼し切れていないのか、南渓和尚(小林薫さん)にもフォローを依頼します。

赤い布を確認した賊は、頭に進捗を報告。
直虎の様子を確認しに行くと...何と刀を持って子どもを殺すと脅しています。
直虎には本当は殺せない、とわかり切った脅しに、賊一同呆れていますが、
「才覚があるのに泥棒とは...!!」という直虎の批判に、頭が「武家こそ泥棒」と逆ギレします。
その言葉の意味が分からない、と叫ぶ直虎ですが、再び縛られてしまいます。

身代金受け渡しの日、直之と六左衛門が指定場所に向かいますが、意外と山奥...
途中で馬を降りて徒歩で向かう一行です。
その頃小屋で頭と対峙していた直虎は、「年貢とは、領地とは何だ」という問いに答えられません。
言い返せないうちに、例の吹き矢成分で眠らされてしまいます。

その小屋に直之たちが踏み込みますが、眠っている直虎を発見します。
あれ...と思っていたら、賊の狙いは直之らが途中で降りた馬でした。
賊が首尾良く馬をゲット...と思っていたら、傑山(市原隼人さん)が得意の矢で退治...!!
政次のフォローが効いていたようです。
その報せを南渓から聞いた政次は、安堵の表情で家へ戻って行きます。
南渓も、その心情を思ってか、同情の独り言を呟きます。

解放されて井伊谷に戻った直虎ですが、賊を追討する気はないそうです。
相変わらず激怒Maxの直之に対して、今後は慎重に行動します...と許しを請う始末。
こちらも相変わらずクールな政次は、無事を確認すると帰って行きます。

直虎は、頭に言われた「武家こそ泥棒」という一言が頭から離れずにいます。
前回百姓から一家に加わった高瀬(高橋ひかるさん)にも訊いてみますが、
「盗られていると思わない百姓はいない」と衝撃の回答。
祐椿尼が「武家も他から奪わないと生きていけない」とフォローしますが...

そんなところへ、方久が材木での商売を提案しに来ます。
ただ、課題は相変わらず人手の確保。
一計を案じた直虎は、賊の一味の活用を思いつきます。
方久に与太夫経由で賊が誰なのか探らせ、寺に呼び出します。
身代金の要求状が意外と達筆で、候補が絞り込めたようです...

一対一で対峙した直虎は、俗物として後ろめたさを感じない世を作りたい、と提案。
「断るとは料簡が狭い」と脅迫し、前向きな回答をゲットします。
今まで名前を聞いていなかった頭ですが、龍雲丸と名乗ります。

実際に作業が始まってみると、龍雲丸の面は割れており、これまた大騒ぎに...
来週は、この騒動の続きをやるようですが、どうなることやら。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第20話「第三の女」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、直親(三浦春馬さん)の隠し子騒動...ですが、
それを通した直虎(柴咲コウさん)としの(貫地谷しほりさん)との和解のお話、でした。
高瀬(高橋ひかるさん)と名乗る少女が、信濃から井伊谷にやって来ました。

龍潭寺で南渓和尚(小林薫さん)が面会しておりますが、にわかには信じられません。
その報せを祐椿尼(財前直見さん)から聞いた直虎は、自ら真偽を確かめに行きます。
聞けば、高瀬の死んだ母親が、父親は直親だと言った...ということでした。

直虎は、まずはその真偽を確かめようとし、それまで井伊谷で高瀬を預かることにします。
ところが、そこへしのが乱入(?)して来ます。
自らが信じていた直親が、他の女性との間に子どもを儲けていた...のが我慢ならないようです。
前当主の娘がいれば、色々と選択肢も増える...と冷静にふるまう直虎ですが、
しのは、構わずに自らのフラストレーションを語ります。

井伊家中でも、高瀬のことが話題に出ます。
中野直之(矢本悠馬さん)や奥山六左衛門(田中美央さん)は割と無邪気に歓迎していますが、
小野政次(高橋一生さん)は、武田家からの間者ではないか...と言い出します。

高瀬の行動を見ていても、そうとは思えない直虎ですが、100%否定もできません。
南渓から、信濃の松岡氏から状況証拠としてほぼ真実...という手紙が来たと知らされます。
政次に「寝返らせることも含みで迎えられないか」と相談します。
間者の疑いを持ち出せば、追い返しても格好がつく...と反論する政次ですが、
そこへ高瀬が直親の笛と同じ歌を口ずさむのが聞こえてきます。
これで、高瀬が直親の娘だと確認した直虎は、井伊家に迎えることを決めます。

例の井戸端で直虎が直親に報告をしていると、しのがやって来ます。
相変わらず冷静に語ろうとする直虎をけしかけ、その本音を引き出します。
直虎は直親と結ばれないことに、しのは直虎と直親の関係に悩んでいたのに、
その裏で直親は他で子どもを...という一点で、二人はなぜか意気投合(?)したようです。

その頃...松平元康(阿部サダヲさん)の下には、今川から和睦を示唆するような書状が届きます。
今川に情けを示そうとする元康を、側近たちが止めています。
元康は、常慶(和田正人さん)に情勢を調べるように命じます。

常慶は、その一環か、久し振りに井伊谷にやって来ます。
上杉とも戦っているはずの武田が、なぜ今川と戦えるのか...と尋ねる直虎に、
その背後に織田の思惑がある、と語る常慶でした。

その翌年、政次は瀬戸方久(ムロツヨシさん)とともに今川家に年始の挨拶に向かいます。
「武田を海には出さない」と豪語する氏真(尾上松也さん)ですが、
政次はその言葉通りには受け取っていない模様です。
一方、鉄砲を完成させたい、と語る方久に、駿府の商人への引継ぎを宣告します。

方久は不満たらたらで井伊谷に帰って来ます。
井伊谷では、綿布の試作品が完成していますが、方久は駿府ではなく、
気賀での商売を進言します。
一緒に気賀の町を訪れた直虎は、その賑わいに驚かされました。

そして、高瀬を正式に井伊家に迎えるお披露目の席が設けられました。
キレイに着飾った高瀬は、これまでの町人姿からは信じられない美しさです。
直虎、しのに促され、虎松(寺田心さん)も姉弟として言葉を交わします。
それを見て、なつ(山口紗弥加さん)も嬉しそうに政次と話しています...

次回は、気賀の町で何か起こるようですね...
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第19話「罪と罰」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今夜は、珍しくリアルタイムで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、近隣の領主とのトラブル発生...です。
まずは、綿花の収穫が進み、甚兵衛(山本學さん)たちが報告に来ていました。
三河からやって来た領民の教えで、布を作ることができるようになったようです。
商売も繁盛しそうで...何よりです。

ところが、そこへ今川からの目付・近藤康用(橋本じゅんさん)が怒鳴り込んできます。
井伊領との境界線辺りで木が切られて盗まれた...と言うのです。
当初は穏当に対応していた直虎(柴咲コウさん)ですが、他国からの流入も多いし、
井伊家の領民の仕業でしょ...と決めつける康用に、直虎もキレてしまいます。

喧嘩腰の直虎・康用・中野直由(筧利夫さん)を、六左衛門(田中美央さん)が止めに入ります。
盗難現場を捜査して犯人を挙げればわかる...という提案です。
直虎も康用も、引くに引けないので、早速現場に急行...です。

康用が案内した現場は、ちょうど井伊領と近藤領の境界...盗まれていたのは近藤側だけでした。
...と思ったところ、実は井伊領でも盗難されたことが発覚...話がややこしくなってきました。
更にヒートアップする直虎と康用ですが、ここでも六左衛門が間に入り...捜査が続きます。

直虎は、一旦戻って南渓和尚(小林薫さん)にも相談をします。
政次(高橋一生さん)は駿府に行っており、今川家の行く末も気になっているようです。
その後、直虎は連珠をしている虎松(寺田心さん)を見かけます。
亥之助(荒井雄斗さん)と対局しているのですが、勝ちもせず負けもしない...のだとか。
これを聞いた直虎は、「戦わずして勝つ」の新たな形を発見します。

直虎は、傑山(市原隼人さん)を連れて直之の捜査現場に赴きます。
直之はお疲れ気味なのですが、康用の方は張り切っているようです。
そこへ、怪しげな一味発見の報せが...直虎らも駆け付けます。
盗人らは追い詰められかけますが、吹き矢のサポートで逃げられてしまいます。
その発射元へ矢を放つ傑山ですが...賊には当たらないものの、捕獲に成功します。

ところが、その賊は例の旅の男(柳楽優弥さん)...!!
その場で成敗しようとする康用を制止し、直虎が賊を預かります。
打ち首にするように進言する直之ですが、直虎はその気になれません。
何度か知恵を借りているから...という理由ですが、甘い措置は治安に影響する、と直之。
六左衛門は政次が戻るまで待つように進言しますが...
一方、直之は駿府から戻らない瀬戸方久(ムロツヨシさん)も怪しんでいます。
政次と通じているのではないか...と言うのです。

駿府では、政次と方久が、今川氏真(尾上松也さん)と面会しておりました。
なかなか鉄砲が完成しない方久に業を煮やす氏真たちですが、方久はのらりくらり...
その場は政次が引き取って何とか収めますが、氏真は全体的に不機嫌なご様子。
方久の耳にも、今川と武田の不協和音は伝わっているようでした。
ただ、寿桂尼(浅丘ルリ子さん)は、何と快復したようで、自分で歩いています。

井伊谷に戻った政次は、直虎から賊の話を聞き、直之の打ち首案に賛成します。
したり顔の直之に対し、「政次の思うつぼだから」と打ち首を却下します。
粘る直之を振り切った直虎に、南渓からの呼び出しが...行ってみると政次でした。
打ち首にしないと示しがつかない、と直虎を説得しますが、直虎も譲りません。
労役を課してはどうか、と言われ渋々納得します。
ついでに、今川家の様子も報告しました。

その後、政次は直之のもとに向かい、康用の様子などの情報を仕入れます。
結果、賊を康用に引き渡すことを決めます...もちろん直虎は知りません。
ところが、労役の内容を龍潭寺の子どもたちに尋ねていたところで、
直之の弟・直久が引き渡しの件をチクってしまいます。
激怒した直虎は、政次の屋敷に怒鳴り込むのですが...政次に恫喝されてしまいます。

直虎が返答に窮しているところに...賊が逃げ出したという報せが飛び込んできます。
傑山と見張りを交代した六左衛門が吹き矢の被害にあい、牢の床に穴を掘って逃げたようです。
康用にも呆れられてしまうのですが、今川家はそれどころではない、と報告はしないようです。

その今川家には、武田義信が廃嫡され、氏真の妹とも離縁...という報せが届いていました。
あからさまな今川切りに激怒、動揺する氏真ですが、
寿桂尼は松平元康(阿部サダヲさん)との同盟を考えて提案します。
南渓も予想はしていた動きのようですが、氏真はもちろん複雑な表情...

戻って井伊谷では、直虎が直之と警備の配置状況などを話していました。
そこへ祐椿尼(財前直見さん)が登場...人払いをします。
何と、直親(三浦春馬さん)の娘と名乗る女の子が龍潭寺に現れたそうです...!!
どこの、いつの、誰との子なのか、そもそも本当の話なのか...また新たな火種なんでしょうか。

というところで、本日は幕、となりました。
来週はこの続きが展開されるようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第18話「あるいは裏切りという名の鶴」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
5連休もあっと言う間に終わってしまいましたね...フランスの大統領選挙、どうなるんでしょうか。

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回の顛末+政次(高橋一生さん)との諸々+今川家のピンチ...という感じです。
まずは、前回最後で政次に発覚してしまった鉄砲(種子島)製造問題です。
今川に弁解に行くべし、と主張する政次ですが、中野直之(矢本悠馬さん)は激怒。
奥山六左衛門(田中美央さん)は事情を知らされておらず、相変わらずオドオド...
直虎(柴咲コウさん)は刀を抜こうとする直之を止め、駿府に行くことに同意します。

祐椿尼(財前直見さん)もその騒ぎを聞きつけ、六左衛門らに経緯を尋ねます。
結局、六左衛門では話にならず、主犯(?)の瀬戸方久(ムロツヨシさん)も話したがらないので、
井平の鍛冶に話を聞くことになってしまいました。
その上、その間に方久も鉄砲と一緒にいなくなってしまいます...

直虎は、直之、政次とともに駿府へ向かいますが、途中で直之に弱気な気持ちを見せます。
らしくない...とハッパをかける直之...最初領主就任に大反発していたのが懐かしいです。
直虎は、氏真(尾上松也さん)ではなく、寿桂尼(浅丘ルリ子さん)に会えれば...と考えます。
ただ、政次に「寿桂尼は病床にあって明日をも知れぬ」と聞かされ、「聞いていない」と怒ります。
これには政次も「鉄砲製造も聞いていない」とにべもないお返事...

今川館に到着した直虎一行ですが、何とその前に方久が氏真に面会していました。
鉄砲の試作品を逆手にとって、今川家に売りつけることに成功していたのです。
謀反の疑いを晴らして、かつ商売にも結び付ける...方久の面目躍如、というところでしょうか。
直虎も大喜びで、方久の功績を讃えます。

政次は、その後氏真と面会を果たします。
方久の弁舌と発想に可能性を感じて共鳴した氏真ですが、政次との関係は変わらない感じです。
と、そこへ家臣が何らかの報せを持って現れ、政次も席を外します。
政次は物陰で様子を探るのですが...

報せは、寿桂尼の容態が悪化した、のと武田家での異変についてでした。
武田家では、氏真の妹が嫁いだ武田義信が父・信玄に幽閉されたようです。
甲相駿三国同盟の根幹を揺るがす事態に、氏真も寿桂尼に頼らざるを得ません。
病床の寿桂尼に報告をすると、何と驚異的な回復を見せる寿桂尼...

一方、井伊谷に戻った直虎は、一安心。
自らの功績を得意げに語る方久の話も、あまり耳に入っていない模様...
その後、南渓和尚(小林薫さん)を訪ね、家臣に救われてばかりで自分の無力さを嘆きます。
南渓は使えるものは使え...と言いつつも、孫氏などの兵法書を貸し出します。
「これを読めば政次に追いつける(かも)」と言われ、読み始める直虎です。

なかなか理解することが難しく、悪戦苦闘しているところを直之にも見られます。
直之からは「全部理解せず好きなところだけでも覚えては...」とらしいアドバイス。
それを胸に読み進める直虎でした。

一方で、政次も少し疲れが溜まっているようでした。
酒がなくなったのに気づかず、なつ(山口紗弥加さん)に癒されているようでした。
なつが自分のもとに戻って来たことをまだ100%納得できていないようでしたが、
それが自分の務めだ...と信じて疑わないなつに励まされたようです。

なつは、その後祐椿尼のもとを訪れ、直虎とも面会します。
なぜ政次のもとに身を寄せているのか...と尋ねる直虎に
「政次は表面から見えるだけの性格ではない」と若干わかりにくいメッセージを送ります。
なつがいなくなった後に、祐椿尼と話す直虎ですが、以前なつが気付いた疑問に辿り着きます。
結婚もしておらず、子どももいない政次がなぜ乗っ取りや後見に執着するのか...です。

兵法書を読んで「敵を欺くにはまず味方から」に行き当たった直虎...政次の真意に気づきます。
もう寝ていた南渓を叩き起こし、政次の真意を確かめようとします。
南渓はなつの時と同じ返事...「政次じゃないのでわからない」でした。
ただ、じゃあどうするんだ...と尋ねる南渓。
直虎は「腹を割って話す」と決意を伝えました。

例の井戸端で直親(三浦春馬さん)に直虎の翻意を願う政次。
そこへ直虎が現れ、いきなり「話そう」と言い出します。
「今更嫁には貰えない」と冗談で返す政次ですが、直虎の気持ちにも気づいたようです。
「乗っ取りたい政次が一番うまい策を考えているはず」と迫る直虎に、
武田義信幽閉の件と、「戦わずして勝つ」決意を伝える政次でした。

その後、直之に好きな兵法書の言葉として「百戦百勝...」を挙げる直虎。
できるのか...と呆れる直之に、いつも通り「やってみなければわからない」と返しました。
一方の直之も「うまくいかなかったときの備えを」と決意表明。良い感じです。

その頃、駿府では寿桂尼が驚きの快復...武田に書状をしたためています。
義信の幽閉を解くように...という内容ですが、果たしてどうなりますか...
この続きは次回以降、ということになりそうです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第17話「消された種子島」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、リアルタイムで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、主に虎松(寺田心さん)の教育、育ち...といった辺りの顛末です。
前回、南渓和尚(小林薫さん)の提案で龍潭寺に手習いに出ることになった虎松。
後には「赤鬼」と呼ばれる虎松ですが、この時点ではその片鱗は見せていません。
むしろ周囲の家臣の子どもたちに気を遣わせているような状態でした。

一方、直虎(柴咲コウさん)は、「種子島」の威力を目の当たりにしていました。
武力が高くない井伊家のために必要だと主張する直之(矢本悠馬さん)ですが、
当然お値段も高く、さすがの方久(ムロツヨシさん)もフォローし切れません。

直虎は、何と井伊家中の鍛冶屋に作らせてみては...と思いつきます。
井平という村に直之、方久と向かい、本物を見本に試作させてみることにします。
直虎は、政次(高橋一生さん)に弱いという理由で六左衛門(田中美央さん)には秘密にします...
結構かわいそうなポジションの六左衛門です。

政次は、駿府で氏真(尾上松也さん)と面会しておりました。
百姓を受け入れたことは認めてもらいましたが、管理をキッチリ、と言われていました。
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)のことを尋ねる政次に、フォローを約束する氏真でした。

井伊谷では、直之が試し打ちした鉄砲の玉を政次の甥・亥之助(荒井雄斗さん)が持ち帰ります。
なつ(山口紗弥加さん)が政次の留守の間に小野屋敷に戻って来ていたのですが、
玉を見せられた政次は、それが何かを訊く亥之助に「わからない」ととぼけます。
政次は、もちろん秘かに捜索を開始します...

直虎は、周囲に気を遣わせている虎松の根性を鍛えようとしますが、
しの(貫地谷しほりさん)に頑なに拒否されます。
井伊家の跡取りとして...と主張する直虎に「跡を継がなくても良い」とまで言います。
祐椿尼(財前直見さん)や南渓に、不手際を叱責されてしまう直虎でした...

政次は、駿府の報告を兼ねて、直虎と面会します。
お互いの腹を探るようなやり取り...人手の件のお礼を伝える直虎ですが、
種子島の件も寿桂尼の件も結局出ません...

直虎は、この件で政次の知恵を借りたことで凹んでいます。
例の井戸端で飲んでいると、南渓がやって来て、政次を利用するようにアドバイス。
若干吹っ切れたようにも見える直虎ですが、どうなんでしょうか...

直虎は、偶然また例の旅人(柳楽優弥さん)と再会し、虎松のことを相談します。
「何か勝った経験が一番の薬では?」とのアドバイスを聞いて駆け出します。
虎松の部屋に忍び込み、直親(三浦春馬さん)の思い出などを話します。
しのたちに見つかってしまいますが、「勝ちたい」という気持ちを引き出すことに成功。
直虎に息子を取られる...とこぼすしのに、あやめ(光浦靖子さん)が
「直虎は直親の代わりで父親にしかならない」と慰めます。

直虎は、何とか虎松の根性を鍛え上げ、亥之助にも強気で当たれるようになります。
しのも、昊天(小松和重さん)に再度の教育を願い出ます。
めでたしめでたし...と思っていたところに直之が青い顔で登場。
何と、種子島の見本と試作品が盗まれてしまったようです。

状況が理解できない六左衛門以外が慌てふためくなか、政次が種子島を持って登場。
なぜ盗んだのか、と非難する直虎に謀反の種になりえる、と目付の業務を主張します。
再度後見を譲るように迫る政次ですが、直虎は...というところで、今回は幕、となりました。

次回は、この件で駿府へ...となるようです。
果たしてどういう展開が待っているのか...では、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ