So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第25話「材木を抱いて飛べ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、今川家との一悶着とその解決...というお話でした。
前回、織田信長(市川海老蔵さん)が登場しましたが、今回はそちら方面は一休み、でした...

前回、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が、材木の売り先が決まったと報告してきましたが、
その買い手「成川屋」は、諸々事情があるようで、値段も悪くないようです。
直虎(柴咲コウさん)は、奥山六左衛門(田中美央さん)や中野直之(矢本悠馬さん)と喜びます。
苦しい台所事情が、少しでも改善してくれれば...という思いです。

直虎も張り切って出荷作業を手伝います。
小野政次(高橋一生さん)と虎松(寺田心さん)が龍潭寺で囲碁を打っているのですが、
政次に負けた虎松が敗因を考えているところに直虎がやって来て、
出荷する材木に焼き印を押すのを手伝わないか...と子どもらを誘いに来ます。
喜んで子どもらはついて来るのですが、虎松だけは碁盤の前を離れません。

直虎は、昊天(小松和重さん)から、虎松の様子を聞き出します。
負けず嫌いで、何でも一番になりたがる...と聞いた直虎は、
「一番働いた者に褒美を授ける」と言って虎松を駆り出します。

気賀まで出かけた直虎一行は、船への搬入やらで大忙しです。
中村与太夫(本田博太郎さん)も、直虎の姿を見て、やや呆れ顔です。
作業完了後、もてなしを受けますが、与太夫は「井伊には恩がある」と言い出します。
良く聞いてみると、龍雲丸(柳楽優弥さん)らが『龍雲党』と名乗り、
色々とコミュニティーのための活動をしている、ということのようです。
何となく誇らしげな直虎...一方、モグラ(マキタスポーツさん)も直虎らを目撃していました。

その頃、今川家では、前回も紹介された塩止めが続いていました。
武田家では、義信が幽閉され、四男・勝頼が織田から嫁を貰って家督を継いだようです。
それに対抗するための塩止めだったのですが、これまた前回紹介されたように、
そこをかいくぐって裏の商売に精を出す者が現れていました。
そこで、更にそれを取り締まる今川家...という流れなのですが、そこで何かを掴んだ模様...

という訳で、氏真(尾上松也さん)に駿府に呼び出された政次ですが、
氏真と関口氏経(矢島健一さん)は、嬉しそうに「時が来た」と告げます。
若干戸惑ったような表情を浮かべる政次ですが、果たして...

六左衛門らと話していた直虎のもとへ、先週登場の梅(梅沢昌代さん)がやって来ます。
氏経と政次がやって来た...というので、直虎も急いで屋敷に戻ります。
氏経は氏真の下知を持参しており、「成川屋が徳川に材木を流していた」疑いがあるようです。
売り先まで調べられるか...と激高する直之らですが、
氏経や政次は「脇が甘い迂闊な行為」と取り合いません...
下知を伝えた氏経は、政次の屋敷に滞在するようです。

直虎は、家臣らを前に、意外と落ち着いています。
「言いがかりだ」と言う直之らに「今川は弁解を聞く気はない」と応えます。
井伊を政次に渡すための策なので、普通の申し開きは通用しないだろう...という訳です。
何とか弁解の方策を考えようとする直虎ですが...

その夜、直虎と政次は、それぞれの部屋で碁盤を前に囲碁を打っています。
ひとりで打つ直虎を見た虎松は不思議がりますが、通りかかった南渓和尚(小林薫さん)には、
どうやら相手が見えるようです...一方、政次の方には、なつ(山口紗弥加さん)が...
しなだれかかるように政次に「氏経の目があるので...ということなら私が伝令に」と語ります。
戸惑いつつも「直虎は落ち着いていたので大丈夫」と応える政次でした。

翌日、直虎は、昌幸、政次、氏経と駿府に向かい、
六左衛門と方久らは直虎の命を受けて気賀の町へ向かいます。
直虎の結論は「揺るぎない・溢れる忠義を今川に見せる」こと...
方久らは、まずは材木を買い戻そうとし、それが無理なら代わりの材木を買おうとします。
ただ、どちらもうまくいかず、最後の手段として龍雲丸に頼ります。
材木を取り戻せ...と言うのですが、何とも無理な依頼です。
ただ、直虎のために...と立ち上がる龍雲丸でした。

今川に向かっていた直虎は、時間稼ぎのために体調を崩す薬を飲みます。
仮病を疑う氏経ですが、政次に真偽を確かめさせます。
寝室で二人になる直虎と政次ですが...薬の話を聞き、呆れる政次。
弁解がうまくいかなかった場合は「井伊を頼む...」と伝えます。
眠る直虎の顔に手を当てる政次...「手が冷たい」というオチ(?)のようです。

龍雲丸らは、材木を積んだ船を追いかけていました。
どうやって探したのか不明ですが、何とか船に乗り込みます。
興奮、緊張した六左衛門に代わって、龍雲丸が堂々と引き渡しを要求します。
間に合うのかどうか...(まぁ間に合わないと話になりませんが)

体調が回復し、駿府に到着した直虎と直之。
氏真の前で弁解を始めますが...「迂闊だったが逆心はない」と、何ともストレート。
当然はねつけられ、氏真にも「信じたいが直親(三浦春馬さん)の例もあるし...」と言われます。
そこへ龍雲丸らが材木を届け、直虎の弁解は無事聞き届けられたのでした。

来週は、その材木を使って飢餓に城を築く...という話のようです。
誰に気賀を任せるのか、氏真も悩んでいるようで、正室・春(西原亜希さん)に相談していました。
果たしてどういう展開になるのやら...ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第24話「さよならだけが人生か?」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、昨夜遅くに録画で拝見致しました。
全米オープンも観てましたが...松山プロ頑張ってましたね。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、過去数回のラブコメ(失礼)から、本筋にお話が戻りました。
今川家の凋落と、それに代わるような織田信長(市川海老蔵さん)の台頭が描かれます。

とは言え、舞台はまずは龍雲丸(柳楽優弥さん)が仕官を断った場面から...
呆気にとられる直虎(柴咲コウさん)らを、置いて帰ろうとする龍雲丸ですが、
奥山六左衛門(田中美央さん)がもっと詳細な理由を...と思わず尋ねます。
龍雲丸は、「柄に合わない」とその心境を語るのでした...

その頃、駿府の今川氏真(尾上松也さん)の耳にも直虎の噂は届いていました。
小野政次(高橋一生さん)にその話をするのですが、政次は平時なので...と謙遜します。
そこへ、氏真は縁談の相談を持ち掛けるのでした。

縁談自体は、今は亡き新野左馬之助(苅谷俊介さん)の三女・桜(真凛さん)を、
今川家の重臣・庵原家の息子と...というお話なのですが、今川家がやや落ち目なこともあり、
再度国衆が離れていかないように...という狙いが込められていました。
その話を政次から聞いた直虎は、少し迷いますが、
祐椿尼(財前直見さん)は、徳川家康(阿部サダヲさん)と瀬名(菜々緒さん)の例を挙げ、
「当初良縁に見えなくても後々大化けすることもあるし...」と背中を押します。

直虎は、縁談の話を桜本人と、姉のあやめ(光浦靖子さん)、桔梗(吉倉あおいさん)に伝えます。
あやめは若干納得できていない表情ですが...それを感じた直虎も決心が鈍ります。
更に、祐椿尼から亡き父・直盛(杉本哲太さん)の良い思い出を聞いた直虎は、
嫁ぎ先を自らチェックすることを思い立ちます。
庵原家が太原雪斎(佐野史郎さん)と関係があることから、仲介を南渓和尚(小林薫さん)に依頼。
変な男だったら断るのか...と突っ込む南渓に、ふと瀬名のことを尋ねるのですが...

...と、ここで舞台は岡崎に。
信長が登場し、家康を思い切り脅しています。
どうやら、家康は秘かに武田家と姻戚関係を結ぼうとしていたようで、
それを阻止するとともに、自らの娘との縁談をやや強引に進めてしまいます。
今で言えば、ほぼ直立不動(座ってましたが...)の姿勢で話を聞く家康...同意するしかありません。

その後、瀬名と竹千代の住む総持寺にやって来た家康。
信長への恐怖を語るとともに、主人が今川から織田へ代わっただけ...と嘆くのでした。
ただ、どうせなら駿府へリベンジ入城を...と瀬名に励まされます。

井伊谷では、しの(貫地谷しほりさん)が、縁談の心配を祐椿尼に伝えます。
祐椿尼は、直虎も同じことを言っていた...と語り、しのをやや安心させます。
一方、直虎は南渓の仲介で、庵原助右衛門(山田裕貴さん)との面会を果たします。

実は、子どもの頃の直虎・おとわと駿府で会っていた助右衛門は、再会を喜びます。
直虎の噂も当然耳に入っており、好印象を持っている様子。
直虎も、思いがけない好青年にやや戸惑いつつも、その真意を確かめようとします。
たとえ今川が落ち目だろうと、忠義を貫く、と語る助右衛門。
「忠義故に敵からも惜しがられれば生き抜ける」と頼もしく語ります。

帰り道に南渓と語り合う直虎ですが、その成長ぶりに、南渓も複雑な表情...
「おとわはもういない」などと口走るのでした。
井伊谷に戻った直虎は、桜をストレートに説得。果たして縁談は前に進みます。

ここで、直虎の侍女・たけ(梅沢昌代さん)が田舎へ帰る、というエピソードが挿入されます。
高瀬(高橋ひかるさん)が諸々世話をし出したことで、明るみに出るのですが...
馬でたけを追いかける直虎は、結局説得に失敗し、実家まで送って行きます。
ところが、その翌日にそっくりな侍女が屋敷におり、たけの幽霊...!!と思ったら、
何といとこの梅という新人だった...というオチがついていました。

もう一つ、今川が武田家の裏切りへの報復として「塩止め」を実施した、という小ネタも。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)によると、結局塩は必要なので、
商人たちが裏ルートで取引し儲けただけ...ということのようでした。
方久もそこに絡んだはず、と六左衛門や直之(矢本悠馬さん)に突っ込まれます。
また、終盤では材木の卸先が見つかった、という嬉しい報告も入ります。

直虎は、今度はむしろ積極的に縁談を持ち掛けようと、政次と相談します。
桜の姉・桔梗を北条家に...と考えたようです。
北条家であれば、今川の味方なのでそこは問題がなく、更にスパイ的要素も望めるからです。
政次も直虎の成長を感じ、その縁談を進めてサポートするのでした。

という訳で桜が輿入れする頃、岡崎では信長の娘を迎え入れていました...というところで本日は幕。
次回以降の展開が、楽しみになってきました。
来週は、材木のお話がメインになるようですが、どうなることやら...

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第23話「盗賊は二度 仏を盗む」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先週に引き続き録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、あまり歴史の表舞台とは関係のないシリーズ(失礼)の最終回のようです...
前回の最後で直虎(柴咲コウさん)と龍雲丸(柳楽優弥さん)の一味が派手に宴会をしていた頃、
今川家からの目付・近藤康用(橋本じゅんさん)が小野政次(高橋一生さん)のもとを訪ねていました。

康用が言うには、近藤家の菩提寺の本尊が盗まれたそうです。
そこで、直虎が以前の盗賊を手懐けていると聞き、乗り込んできたのです。
問い詰められる政次ですが、賊の顔を知らない、と何とか追及をかわします。

翌朝、二日酔いに苦しむ直虎...龍雲丸に話した内容を、
奥山六左衛門(田中美央さん)や中野直之(矢本悠馬さん)らから聞き、赤面してしまいます。
そこへ、康用と政次がやって来ます...

本尊の件を持ち出す康用。一味を引き渡すように要求します。
政次も「康用の主張には理がある」と支持する姿勢を見せます。
最初は「彼らは盗んでいない」と主張する直虎ですが、最後は折れてしまいます。

康用らは、政次に連れられて一味のアジトに向かいます。
直虎は、直之に裏から先回りして一味を逃がすように指示します。
どちらが先にアジトに着くのか...緊張が走ります。
「何とか助かってくれ...逃げてくれ」と祈る直虎ですが...果たして...

大急ぎで走った直之ですが、どうやら康用らに先を越された模様です。
失望する直之ですが...良く見ると康用らも捕り逃して探している様子...
一瞬政次を疑う康用ですが、それを遮るように政次は捜索を継続します。

その後数日経っても、龍雲丸らの行方はわかりません。
心配する直虎ですが、どこかへ隠れたのでは...と直之らに言われてしまいます。
そこへ、南渓和尚(小林薫さん)からの呼び出しが。

龍潭寺へ向かうと、南渓は、康用の菩提寺に本尊を奉納しては...と提案します。
当然納得できない直虎ですが、無断で雇ったのは事実だし、
頭を下げるのも領主の仕事だ...と南渓に説得されます。

渋々康用のもとへ向かう直虎です。
菩提寺で再度康用に責められまくる直虎ですが...何とか堪えて頭を下げます。
ここで南渓が、色々と質問を始めます。
本尊がなくなってお勤めはどうしているのか、本尊の大きさは...など。

その上で、本尊のあった場所を見せてくれるように依頼します。
一同は本堂らしき場所へ向かうのですが...何と本尊らしき仏像がそこに...!!
何気なく裏まで見る南渓ですが、どう見てもご本尊そのもののようです。
色々な矛盾を突きながらも、「仏様が勝手に帰って来たのか」ととぼける南渓...
何とか言い逃れようとする康用に「全てお見通しだと言っているようなもの」ととどめを刺します。

意気揚々と引き揚げる南渓と直虎ですが...途中で南渓が種明かし。
実は龍雲丸が龍潭寺にやって来て、今回の策を考え出した、とのことなのです。
「井伊には戻ってくれないのでは」と危惧する直虎の前に龍雲丸が現れます。
お支払いの時までには、何とか考えてくれそうな感じです。

その後、井伊家中でも、彼らを家来に迎えては...という機運が盛り上がります。
最初は大反対していた直之まで、今では積極的に推進しようとしています。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、いつもの通り「金を持って来てくれそう」と賛成します。
ただ、皆政次の意見が気になります...

その頃、政次は自宅で風邪と思われる咳で苦しんでいました。
薬のようなものを差し出す義妹・なつ(山口紗弥加さん)は、何故か咳を怪しんでいます...
実は、康用との面会の際に、咳をしたら龍雲丸らを逃がすように指示していたのです。
その甲斐あって彼らは助かったのですが...そこへ直虎がやって来ます。

直虎は、龍雲丸らを召し抱えることを相談します。
いつもの通り「どうせもう決めてるんでしょ」というニュアンスで適当にあしらいます。
「本音で話せ」「政次が一番井伊家のことを考えているのだから」と迫る直虎...
その熱意に押されたのか、「彼らを利用し、逆に利用されないのであれば」と同意する政次です。

直虎は、龍雲丸を呼び出し、その提案を伝えます。
直虎なりに言葉を尽くすのですが、龍雲丸の返事は、今一つ熱が感じられません。
諦め気味に戻る直虎ですが...龍雲丸も手下たちの意見を聞きます。
どうやら、龍雲丸は幼い時に父親を戦で失っているようで...そのトラウマが思い出されます。

手下たちは、賛成か一任が多いようでした。
ゴクウ(前田航基さん)は、例の百姓の娘に惚れてしまっているようです...
龍雲丸は、住む場所などの質問を出し、直虎らの期待を一気に煽ります。

そして、いよいよ材木のお仕事の支払日...
政次も一張羅をなつに補修させ、家老の威厳を見せようとします。
直之も六左衛門もいつもより盛装...直虎もそのつもりだったようなのですが、
結局いつもの格好でやって来て、「平常心」を強調します。

そこへ龍雲丸一味が登場し...まずは方久から支払を受け取ります。
そこでいよいよヘッドハントのお返事...ですが、何と(予想通りでもあるが)、お断り...!!
理由は...雲が龍に見えたから...のようです...これには一同唖然...で今週は幕となりました。

来週は、本筋(失礼)に戻り、今川氏真(尾上松也さん)の凋落と、
松平元康(阿部サダヲさん)と織田信長(市川海老蔵さん)が登場するようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第22話「虎と龍」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回合意した、龍雲丸(柳楽優弥さん)一味との協業について、です。
直虎(柴咲コウさん)に乞われて井伊谷にやって来た龍雲丸たちですが、
中野直之(矢本悠馬さん)は、材木泥棒であることを(もちろん)覚えており、強硬に反対します。
彼らには特殊な能力がある...と説得しようとする直虎ですが、
奥山六左衛門(田中美央さん)も危惧する通り、小野政次(高橋一生さん)の意向が気になります。

そこで直虎は、彼らを龍潭寺預かりとすべく、南渓和尚(小林薫さん)に相談します。
南渓は、直虎の言い分を聞き、珍しく「そのまま政次に言えば?」と諭します。
直虎もそれを聞き、例の井戸端で政次に話しますが...「まずは相手を見てから」とだけ...

直虎は、政次を龍雲丸らの作業現場に連れて行きます。
普段「盗んでいるとき」の癖でコソコソ相談に来る...という六左衛門のうっかりな一言を聞き、
政次は龍雲丸に近付いて行きます。
近藤康用(橋本じゅんさん)からも手配されているから国境には近づかないように、と
警告する政次に、「逃げるのは得意だから...」と応える龍雲丸でした。

作業自体は順調に進んでいるようでしたが、治安悪化などを心配する政次。
「盗みはしないよう注意している」と言う直虎に「犯罪は盗みだけではない」と返答します。

直虎は、龍雲丸にのこぎり引きを教えてもらったりして、ドキドキしてしまいます。
「煩悩は捨てたはず」と嘆く直虎ですが、若干直親(三浦春馬さん)の面影を感じている模様。
ただ、突然妄想にしの(貫地谷しほりさん)が現れ、現実に引き戻されます。

さてさて、しかし事態は、政次たちの心配通りに進んでしまいます...
瀬戸村・祝田村の面々とも近くで仕事をするようになる彼らですが、
やはり雰囲気がかなり違うので、なかなか溶け込めないようです。
その上、モグラ(マキタスポーツさん)や力也(真壁刀義さん)が賭場を開いて、
村の百姓が財産を失ったり...してしまいます。
更には、八助(山中崇さん)の酒が何者かに盗まれたり、
富介(木本武宏さん)の娘がゴクウ(前田航基さん)に追いかけられたり...とトラブル連発。

その度に追及される龍雲丸たちですが、のらりくらりとそれをかわします。
しかし、そういうことが積み重なり、互いに引けない状況に...
井伊家がどうしたいのか、結論を持って来い...と逆ギレしてしまいます。

井伊家でも対応を協議しますが...なかなか各人の意見が面白かったです。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、盛り場を作ることを提案。
彼らが問題を起こすのは遊び場がないからであって、それを作ってやれば、
トラブルも減るし盛り場から収入も入るし、一石二鳥、という訳です。
一方、政次は、彼らからスキルを盗むべきだ、と主張します。
井伊谷の領民がスキルを身に着ければ、彼らなしでも商売できる、という訳です。
六左衛門も方久もその意見に納得しますが、直虎は一度きりにはしたくないようです。

六左衛門とともに彼らの作業場へ向かい直虎ですが、
そこで龍雲丸が手下を叱責する姿を目にします。
ただ、手下も黙ってはおらず、井伊家の扱いに不満を爆発させます。
龍雲丸も「二度と受けない」と約束するのですが...

それを物陰から見ていた直虎と六左衛門は、イノシシの吠え声に一瞬怯えます。
「怖がるな」と六左衛門に言う直虎ですが、そのセリフを自らにも向けます。
六左衛門を派遣し、何と彼らを食事に誘います。

何を考えているのか...と追及する家臣らですが、
「遠くから見ていては真実はわからない。近付くべきだ」と応えます。
直虎自ら宴の準備をし、家臣と龍雲丸の手下をイノシシ狩りに向かわせます。

イノシシ狩りを通じて、また宴で話し合うことで、徐々に誤解が溶けていきます。
ちょうどその頃、龍雲丸も宴に到着。
南渓と「直虎は人を巻き込む魅力がある」と言葉を交わします。
「拾われ子と言われる初代に似ているかも」と返答する南渓ですが...

直虎と酒を酌み交わす龍雲丸。
宴はますます盛り上がりますが、泥酔してしまう直虎...
家臣たちの心配をよそに、龍雲丸を口説くような口調で誘っています。

その頃、座を外した政次は、自室で一人過ごしています。
どうやら、龍雲丸に嫉妬を感じている自分を戒めているようです。
ところが、そこへなつ(山口紗弥加さん)がやって来ます。
近藤康用がただならぬ表情でやって来た、というのですが...

今週はここまで、でした。来週はこの続きのようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ