So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第29話「女たちの挽歌」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ寿桂尼(浅丘ルリ子さん)亡き後の動き本格化...というお話です。
今川館では机に突っ伏して眠っているような寿桂尼を春(西原亜希さん)が発見します。
鬼門の方向に自らの亡骸を葬るように...という遺言を書き残していました。

井伊谷では、前回紹介されたように、徳川へ上杉との同盟を進める話が進んでいました。
今川にバレる...という小野政次(高橋一生さん)を直虎(柴咲コウさん)が説き伏せました。
徳川への使者は、どうやら傑山(市原隼人さん)のようです。

傑山が持参した直虎の書状を、瀬名(菜々緒さん)が家康(阿部サダヲさん)に届けます。
上杉と結んで戦を避けたい...という直虎の提案を、家康は興味深く読んだようです。
ただ、即決はできず、「(前向きに)考える」という返事を傑山に託します。
傑山はその報せを持って井伊谷へ...直虎もまずは喜びます。

寿桂尼の逝去を受けて、駿府では葬儀が執り行われ、政次も参列します。
今川家内の情報収集をしますが、戦に流れが傾いているようです...

政次が井伊谷に戻り、その報告を直虎にしているところに、南渓和尚(小林薫さん)登場。
久し振りに登場の松下常慶(和田正人さん)がやって来ておりました。
(前向きに)直虎の提案を考えていた家康ですが、結局結論は戦となっていました。
何と、同じ時期に武田からも使者が来て、今川領を分け合う提案を受けていたのです。
織田信長(市川海老蔵さん)と敵対する上杉と結ぶ訳にもいかず、その提案を受けてしまいます。

常慶から、「今川と徳川のどちらに味方するのか」と問い詰められる直虎...
「できれば徳川に味方したい」と返答します。
と、常慶からしの(貫地谷しほりさん)を人質に取りたい、と驚きの提案が。
「今川家の手前、簡単ではない」と抵抗する直虎ですが、
「常慶の実家に嫁いで欲しい」と逆に提案されてしまいます。
答えを保留し、一旦常慶は戻ります。

直虎が余計な提案をしたばっかりに...という状況になってしまいました。
代わりにしのに伝えようと提案する政次を制止し、直虎自身が告げに行きます。
ちょうど、しのは関係のあった公家の葬儀に出ていたところで...地味ですが良い仕事、のようです。
そんなところへ嫁入りの話...当然のように怒ったようですが、意外とアッサリ受け容れます。

虎松(寺田心さん)に何と言えば...と尋ねるしのに、南渓をダシに...と応える直虎。
直虎と入れ替わりに虎松が龍潭寺から戻って来ます。
昊天(小松和重さん)に褒められたと喜んでいる虎松に衝撃の告白...

しのは、何と「直虎の命で嫁ぐ」と虎松に告げます。
その上、どうやら「行きたくない」と言った模様...

一方、顛末を南渓に報告する直虎ですが、そこへ話を聞いた虎松がやって来ます。
嫁入りの話を即刻取り消せ...と直虎に迫ります。
「答えは一つではない」という南渓の言葉を逆用する虎松...直虎も答えに窮します。
「嫁入り先と仲良くしたいが信用されていない」と虎松に説明する直虎ですが、
あっさり「それは人質だね」と虎松に指摘されてしまいます。

何とか協力を依頼する直虎ですが、虎松も諦め切れない模様。
そこから、母親を人質に出さない方法を考え始めます。
南渓はしのを訪ね、虎松の様子を報告しますが、しのは真意を話します。
将来の領主を鍛えたい...ということのようです。

虎松は、色々と考えた挙句、あやめ(光浦靖子さん)を身代わりにする、という案を考えます。
先方もしのの顔はわからないはず...という理由のようです。
なぜかあやめもまんざらではない様子...ただ、直虎はその案を却下します。
もし噓がバレたら、あやめも直虎も無事ではいられない、からです。

家に戻って泣き尽くす虎松...
しのがそんな無茶を言うはずがない、と言う政次の提案で、直虎は再度しのを訪ねます。
再度謝ろうとする直虎をしのが止めます。
真意を説明し、キッチリフォローする、と伝えます。
その上、嫁入りをさらに有効に活用するよう、直虎に依頼します。

まだ泣きじゃくる虎松にも、泣けるフォローを入れます。
虎松の味方を増やすために、直親(三浦春馬さん)の遺志を継ぐために嫁ぐのだ、と説得します。
虎松も何とか納得し、直親の形見の笛を受け取ります。

直虎は、六左衛門(田中美央さん)や直之(矢本悠馬さん)にも、徳川との同盟の件を伝えます。
六左衛門には虎松の世話を、直之には今川家へのアピールの戦支度を命じます。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)からも、戦支度が本格化している情報が入ります。
儲け時...とホクホク顔の方久は、ちょっと他とは違う温度館です...(笑)

ここで直虎は常慶と再度面会し、人質了承を伝えます。
条件を付けようとする直虎を常慶が止めようとしますが、「ならば武田と組む」と脅します。
渋々提案を聞く常慶に、「城は明け渡すが兵は出さない」と宣言します。
「それでは領地を増やせない」と押す常慶に「領地は現状で良い」と突っぱねます。
領民や家臣の命を最優先...という訳です。
常慶は、家康に伝えることを約束します。

その頃、今川家では、信玄(松平健さん)の策が炸裂していました。
遠江の分割を氏真(尾上松也さん)に迫り、家臣の調略も絡めてほぼ宣戦布告...!!
関口氏経(矢島健一さん)の説得も空しく、氏真も戦を覚悟します。
国衆の締め付けを厳しくするように氏経に指示し、
井伊家の扱いについては、寿桂尼の遺言通りに進めるように伝えます。

井伊家では、しのが計画通り出発します。
何とか笛を吹けるようになった虎松が奏でる音色が、涙を誘います。
直虎は、虎松に「母ではなく父だと思え」と発破をかけます。
果たして、寿桂尼の遺言は、どういうプランなのか...と言うところで、今回は幕となりました。

次回の展開も、目が離せません。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第28話「死の帳面」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で昨晩拝見致しました。
連休は暑かったですね...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回とほぼ同じ時系列での今川家での出来事...です。
お話は、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が中村与太夫(本田博太郎さん)と
氏真(尾上松也さん)に面会していた時に悪い報せ(武田義信自害!!)が入った辺りから...です。
混乱して刀を振り回していた氏真...方久と与太夫は関口氏経(矢島健一さん)に退室させられましたが、
一方で寿桂尼(浅丘ルリ子さん)は、氏真の姿を苦々しく見つめていました。

寿桂尼は、義信に嫁いでいた氏真の妹・鈴(岸茉莉さん)を駿府に戻すよう指示。
普通のやり方では難しいと判断した寿桂尼は、自ら武田に赴きます。

武田では、信玄(松平健さん!!)が鈴の扱いを家臣と検討していました。
放っておけ...と言った直後に寿桂尼到着...さすがの信玄も会わざるを得ません。
まさに「狐と狸」といった感じの対面...!!
寿桂尼は、「晴信殿」と連呼し、今にも鈴のもとへ走り出しそうな雰囲気。
信玄も善処を約束し、寿桂尼も慇懃な謝辞を述べて引き下がります。

駿府に戻った寿桂尼は、氏真に経緯を報告します。
一安心...の氏真に、「信玄を信用するな」と忠告。
更に北条家を使ってダメ押しすることを提案します。
寿桂尼の体調を心配する氏真と春(西原亜希さん)ですが、寿桂尼は止まりません。

結局、北条家のプッシュもあり、武田と今川の争いは一旦収束します。
但し、信玄からは誓詞の再提出を要求された氏真は、取り乱してしまいます。
寿桂尼に諫められ、渋々誓詞に花押を押す氏真でした。
話はまとまったものの、寿桂尼と氏真の間には亀裂のようなものが走ります。

一方の井伊家では...気賀の城代が方久に決まりました。
遠慮気味に城代を引き受ける方久ですが、「結局何も変わらない」と喜ぶ町衆。
何だか紆余曲折あって、ますます街が活気に溢れそうな予感がします。

直虎(柴咲コウさん)は、政次(高橋一生さん)と、またまた囲碁談判(?)...
今川からの離反が増えるだろう...と語る政次に「井伊も寝返るべきか」と尋ねる直虎。
政次も本音では今川の行く末を見限っており、直虎に賛成します。

駿府では、寿桂尼が氏真に、更に上杉との同盟を画策させようとします。
自ら書状を書くように要求する寿桂尼に、すねる氏真...ところが寿桂尼はもう体が動きません。
床に伏せってしまいます...
寿桂尼は「今川が元に戻って欲しいだけだ」と呟きます。
義元(春風亭昇太さん)がいた頃の栄華が脳裏を駆け巡ります。

それまですねていた氏真も、その言葉を聞き色々と考えます。
おもむろに家臣を呼んで...上杉への書状を書くのかと思いきや、
ありったけの楽器を集めて演奏を始めさせます...そっちじゃない!!って気もしますが。
その音色を聴いて、寿桂尼も目を覚ますのでした。

井伊谷では、引き続き直虎と政次が寝返る算段をしています。
南渓和尚(小林薫さん)に上杉、徳川で武田包囲網を築こう、と提案する直虎ですが、
その動きが今川に知れたら...と危惧する政次。
取りあえず提案してみるだけ、ということで直虎は話を進めます。

ところが、そこへ寿桂尼から駿府への呼び出しが...
最後の面会になるから本音で話してこい、と告げる南渓ですが、果たして。
駿府で面会した二人...直虎は寿桂尼から受けた恩義に改めて感謝しますが、
寿桂尼は突然、直親(三浦春馬さん)の謀殺の件を「恨んでいないか」と尋ねます。
いきなりの質問に面食らった直虎ですが、「家を守るための決断」と理解を示します。

その他にも色々な人に面会しているらしい寿桂尼。
直虎も気付きますが、色々とメモを取っている模様...
実は、氏真に面倒を残さないための懸案の整理でした。
ついさっき面会した武将が、いきなり氏真に成敗されたりして、粛清が始まります。

その帳面の直虎のページにも、大きな朱色のバツが...!!
直虎を買っていたはずでは...と尋ねる氏真に「家を守るために寝返るはず」と見破ります。
ただ、直接成敗するのではなく、「例の話」を進めるように氏真に指示します。

そうとは知らぬ直虎は、家康(阿部サダヲさん)へ働きかけますが...
といったところで、今回は幕となりました。
今回はちょっとしか出てこなかった瀬名(菜々緒さん)も、来週は登場しそうです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第27話「気賀を我が手に」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
いよいよ暑くなってきましたね...大相撲も始まりましたが、初日は荒れたようです。
井伊谷の方はどうなんでしょうか...

毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、井伊家が気賀を手に入れるまで、と今川家の凋落について...でした。
前回の最後で、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が気賀を手に入れることを提案していました。
ただ、直虎(柴咲コウさん)は、完全に乗り気...と言うほどではありませんでした。

ところが、そこへ気賀の商人たちがやって来ます。
中村与太夫(本田博太郎さん)が前回話をまとめた賛成派・反対派を連れてきました。
そこで何を言うかと思えば、「大沢基胤(嶋田久作さん)に代わって井伊が気賀を治めてくれ」と...
何とも言えないタイミングに、方久もノリノリ...
ところが、直虎は「一晩考えさせてくれ」と伝えます。

その晩、直虎は恒例の小野政次(高橋一生さん)との囲碁対決に...
意外と反対しない政次の真意を直虎が尋ねると、「手に入るのなら話は別」と応える政次。
再度覚悟を確認された直虎は、決意を固めます。

翌朝、中村屋たちに結論を伝える直虎...一同盛り上がります。
今川へのリクエストが問題ですが、方久が交渉を担当すると言い出します。
どうするのか...と尋ねる直虎に、関口氏経(矢島健一さん)に後押しを頼む、と言い出します。

まず、与太夫らに、基胤に詫びを入れるように指示します。
その上で、与太夫は龍雲丸(柳楽優弥さん)に井伊が交渉していることを伝えます。
龍雲丸らは、出て行くのを、一旦考え直したようです。

一方、駿府の氏経を訪ねた方久は、舶来モノの香水を手土産に、取り入ろうとします。
最初は反応が薄かった氏経ですが、儲け話をあからさまに提案する方久に、逆らえません。
最初のコンタクトとしては、上々の出来だったようです。

その報告を聞いた直虎は、またまた政次と囲碁勝負...
ちょっと疑問なのですが、なぜいつも直虎は後手(白石)なんでしょうか...??
氏経がなびいたと聞き、若干意外がる政次。
方久が氏経と近付くのは気に入らないか...と聞かれ、「むしろ好都合」と応えます。
氏経が賄賂になびいた、という弱みを掴むことができる、といかにも政次、です。
ここで、氏真(尾上松也さん)が欲しがっているものなどの情報を政次は伝えます。

その情報をもとに、方久は、与太夫と駿府を訪れます。
贈り物もバッチリ、いざお願いを...と思ったところに火急の報せ(!)が届きます。
どうやら、武田義信が自害した、という情報のようです。
「どいつもこいつも...」と呟きながら刀を振り回す氏真...
氏経に促され、気賀の件は一旦持ち帰りとなります。

方久の報告を聞いた直虎や与太夫らはガッカリ...
ただ、与太夫も諦めない...と宣言し、その旨を龍雲丸にも伝えます。
直虎の言葉を改めてかみしめる龍雲丸は、城の普請を引き受ける、と言い出します。
基胤のもとを訪れて、許可を得ようとしますが、何だかかなり事務的です。
「とにかく急ぐように...」というコメントだけでした。

同じ頃、材木の出荷を手伝っていた直虎は、ゴクウ(前田航基さん)を見かけます。
龍雲丸がまだ気賀にいる、と聞き、すぐに訪ねます。
城の普請の話を聞き、その現場に連れて行ってもらいます。
ただ、そこは浜名湖の上...どうやら、潮の干満を利用した城のようです。
そこで、龍雲丸のこれまでの半生の話を聞きます。
両親を亡くして盗人に拾われ、彼らが捕まった時に再度放浪の身に...ということのようです。
根っからの盗人ではない...という話に、龍雲丸の真意を垣間見た直虎でした。

そんな和やかな雰囲気の後に、基胤があちこちの城の普請や補修で大変だ、という情報が。
基胤の側から辞退させれば良い...と思いつく直虎。
例の井戸端で、政次にも意見を聞き、その線で進めることにします。
早速政次が駿府に向かい...方久も呼び寄せられます。

その頃、氏真は失望からか、遊び呆けているようでした。
氏経、基胤、方久が気賀の件を提案すると、若干錯乱したまま承認となりました。
嬉しいニュースなのですが、複雑な表情の方久らでした...

ひとまず良いニュースを、方久は井伊谷に持ち帰ります。
直虎は、六左衛門(田中美央さん)や直之(矢本悠馬さん)らと大喜び。
政次も、喜びを噛み締め、井戸端で直親(三浦春馬さん)に報告します。
今回出番が少なかった南渓和尚(小林薫さん)もじっと見つめています。

そして、普請が完了...直虎、政次らが早速訪ねます。
湖上の城に感心する政次...龍雲丸とも決意を新たにしています。
さてさて、戦乱の足音が聞こえて来ていますが...どうなることやら。

来週は連休ですね。
どういう展開が待っているのでしょうか...
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

『おんな城主直虎』第26話「誰がために城はある」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、少し遅れて録画で拝見致しました。
都議選も大変みたいですが、藤井四段も遂に負けちゃいましたね...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、気賀をめぐる今川家内のゴタゴタの始まり...についてです。
前回、材木横流しを謀反の疑いととられ、氏真(尾上松也さん)に申し開きに来た直虎(柴咲コウさん)。
奥山六左衛門(田中美央さん)や瀬戸方久(ムロツヨシさん)、龍雲丸(柳楽優弥さん)らの活躍で、
売った材木を取り戻し、駿府に届けることに成功します。

それを見た氏真は、言葉が出ず...
直虎も、中野直之(矢本悠馬さん)とともに、最終判決を別室で待ちます。
そこへ関口氏経(矢島健一さん)がやって来て、申し開き成立を告げます。
一安心する直虎と直之ですが、氏経は材木はそのまま駿府に...と言います。
六左衛門らとも再会しますが、材木の件は...何となく流されます。

その後、直虎は寿桂尼(浅丘ルリ子さん)と面会。
この方も一時は生死の境をさまよった筈ですが、今ではかなりお元気に。
直虎の活躍を耳にしているようで、基本的には喜んでいるようです。
直虎も、引き続きのサポートをお願いします。

一方、小野政次(高橋一生さん)は、氏経に慰められます。
その場で、材木の使い道についても耳打ちされたようなのですが...
井伊谷に戻った直虎と政次は、碁盤を挟んで語り合います。
珍しく負けそうな政次ですが...耳打ちの内容はまだ明かせないようです。

その頃、気賀では騒動が始まっていました。
龍雲丸のもとには、例の材木が気賀に運ばれてきた、という情報が持ち込まれます。
一方、中村与太夫(本田博太郎さん)の屋敷には気賀の有力商人が集められていました。
そこへ、浜名湖沿岸の今川家国衆・大沢基胤(嶋田久作さん)の家臣がやって来ます。
用件は、気賀に城を築き、基胤が治める...というお話。

これには、気賀の商人たちも大反対。
伊勢屋(松尾貴史さん)は「何のために今川に上納金を払ってきたのか」と食いつきます。
ただ、「氏真直々の命だ」と言われ、さすがにそれ以上の反論はできません。

龍雲丸は、でも納得できないようです。
与太夫に不満をぶつけますが、どうしようもできないようです。
その後、龍雲丸は直虎のもとへ乗り込んできます。
直虎は、しの(貫地谷しほりさん)や祐椿尼(財前直見さん)、梅(梅沢昌代さん)、
高瀬(高橋ひかるさん)らと、下ネタっぽい噂話をしているところでした。
直虎にとっても寝耳に水のお話...とは言え今川に反抗するとも言えません。
龍雲丸は、落胆した様子で去って行きます。

直虎は、例の井戸端で政次と話をします。
何とか龍雲丸らをサポートしたい、と言う直虎に、「誰の領主か」となじる政次...
以前言っていた、彼らのために井伊家が使われるのが我慢できないようです。

その後、龍雲丸は基胤の築城を邪魔する工作を始めます。
材木を燃やしたり、大工道具を盗んだりしたようです。
ある意味効果が出たようで、基胤の家臣が井伊に材木を追加オーダーしにやって来ます。

直虎は黙って話を聞いていましたが、何かを決心したように走り出します。
ちょうど政次とすれ違いますが、無視して出かけようとします。
「下知にまた逆らうのか」と詰問する政次に、それを否定する直虎...
直之と馬で気賀に向かいます。

政次は、南渓和尚(小林薫さん)に愚痴をこぼしています。
いつも面倒な方向に行っちゃう...と言う政次ですが、
南渓は「それが良い方向、ということもあるのでは」とフォローします。

気賀に着いてみると、住民同士が石を投げ合っていました...治安がかなり悪化しています。
与太夫の屋敷に到着して事情を聞きますが、どうやら築城賛成・反対派に分かれている模様...
反対派の伊勢屋は、龍雲丸らと三河の国衆を頼ろうか、としています。
一方、賛成派の熊野屋(小倉一郎さん)らは基胤に取り入ろうとしています。

そこで直虎は、「話によっては材木の件を考える」と言って、両派を呼び出します。
その提案につられて、結局みんな集まってくるのですが...直虎がそこで提案します。
このままでは今川家の思うつぼだ...矛を収めては...と。
反対派に対しては、問題は城ではなくて武士の介入だ...と説得し、
彼らが納得すると、賛成派の方も半ば無理やりそれに賛成させます。
話がまとまった...と思った途端、龍雲丸が反対の声をあげます。

その後フォローに向かう直虎ですが、龍雲丸は、どうやら親が城を守って討ち死にしたようです。
その記憶を拭い切れていない龍雲丸を説得しようとする直虎ですが...
龍雲丸は、気賀を出て行く、と言うばかりです。

井伊谷に戻った直虎は、家臣たちと話をしますが、ややモヤモヤ...
まぁ仕方ないか、となったところで、方久が変な声を出します。
気賀を井伊に治めさせてもらえば...という提案です。
気賀の町人衆の支持も、基胤よりは集められるのではないか、というのが根拠です。
ただ、今川の許しが出るか...が一番の課題。
方久に言わせれば「逆に言うと課題はそれだけ」なのですが、果たして...

というところで、今回は幕、となりました。
次回はこのお話の続きのようですが...どうなりますやら。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ