So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第29話「女たちの挽歌」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、先ほど録画で拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、いよいよ寿桂尼(浅丘ルリ子さん)亡き後の動き本格化...というお話です。
今川館では机に突っ伏して眠っているような寿桂尼を春(西原亜希さん)が発見します。
鬼門の方向に自らの亡骸を葬るように...という遺言を書き残していました。

井伊谷では、前回紹介されたように、徳川へ上杉との同盟を進める話が進んでいました。
今川にバレる...という小野政次(高橋一生さん)を直虎(柴咲コウさん)が説き伏せました。
徳川への使者は、どうやら傑山(市原隼人さん)のようです。

傑山が持参した直虎の書状を、瀬名(菜々緒さん)が家康(阿部サダヲさん)に届けます。
上杉と結んで戦を避けたい...という直虎の提案を、家康は興味深く読んだようです。
ただ、即決はできず、「(前向きに)考える」という返事を傑山に託します。
傑山はその報せを持って井伊谷へ...直虎もまずは喜びます。

寿桂尼の逝去を受けて、駿府では葬儀が執り行われ、政次も参列します。
今川家内の情報収集をしますが、戦に流れが傾いているようです...

政次が井伊谷に戻り、その報告を直虎にしているところに、南渓和尚(小林薫さん)登場。
久し振りに登場の松下常慶(和田正人さん)がやって来ておりました。
(前向きに)直虎の提案を考えていた家康ですが、結局結論は戦となっていました。
何と、同じ時期に武田からも使者が来て、今川領を分け合う提案を受けていたのです。
織田信長(市川海老蔵さん)と敵対する上杉と結ぶ訳にもいかず、その提案を受けてしまいます。

常慶から、「今川と徳川のどちらに味方するのか」と問い詰められる直虎...
「できれば徳川に味方したい」と返答します。
と、常慶からしの(貫地谷しほりさん)を人質に取りたい、と驚きの提案が。
「今川家の手前、簡単ではない」と抵抗する直虎ですが、
「常慶の実家に嫁いで欲しい」と逆に提案されてしまいます。
答えを保留し、一旦常慶は戻ります。

直虎が余計な提案をしたばっかりに...という状況になってしまいました。
代わりにしのに伝えようと提案する政次を制止し、直虎自身が告げに行きます。
ちょうど、しのは関係のあった公家の葬儀に出ていたところで...地味ですが良い仕事、のようです。
そんなところへ嫁入りの話...当然のように怒ったようですが、意外とアッサリ受け容れます。

虎松(寺田心さん)に何と言えば...と尋ねるしのに、南渓をダシに...と応える直虎。
直虎と入れ替わりに虎松が龍潭寺から戻って来ます。
昊天(小松和重さん)に褒められたと喜んでいる虎松に衝撃の告白...

しのは、何と「直虎の命で嫁ぐ」と虎松に告げます。
その上、どうやら「行きたくない」と言った模様...

一方、顛末を南渓に報告する直虎ですが、そこへ話を聞いた虎松がやって来ます。
嫁入りの話を即刻取り消せ...と直虎に迫ります。
「答えは一つではない」という南渓の言葉を逆用する虎松...直虎も答えに窮します。
「嫁入り先と仲良くしたいが信用されていない」と虎松に説明する直虎ですが、
あっさり「それは人質だね」と虎松に指摘されてしまいます。

何とか協力を依頼する直虎ですが、虎松も諦め切れない模様。
そこから、母親を人質に出さない方法を考え始めます。
南渓はしのを訪ね、虎松の様子を報告しますが、しのは真意を話します。
将来の領主を鍛えたい...ということのようです。

虎松は、色々と考えた挙句、あやめ(光浦靖子さん)を身代わりにする、という案を考えます。
先方もしのの顔はわからないはず...という理由のようです。
なぜかあやめもまんざらではない様子...ただ、直虎はその案を却下します。
もし噓がバレたら、あやめも直虎も無事ではいられない、からです。

家に戻って泣き尽くす虎松...
しのがそんな無茶を言うはずがない、と言う政次の提案で、直虎は再度しのを訪ねます。
再度謝ろうとする直虎をしのが止めます。
真意を説明し、キッチリフォローする、と伝えます。
その上、嫁入りをさらに有効に活用するよう、直虎に依頼します。

まだ泣きじゃくる虎松にも、泣けるフォローを入れます。
虎松の味方を増やすために、直親(三浦春馬さん)の遺志を継ぐために嫁ぐのだ、と説得します。
虎松も何とか納得し、直親の形見の笛を受け取ります。

直虎は、六左衛門(田中美央さん)や直之(矢本悠馬さん)にも、徳川との同盟の件を伝えます。
六左衛門には虎松の世話を、直之には今川家へのアピールの戦支度を命じます。
瀬戸方久(ムロツヨシさん)からも、戦支度が本格化している情報が入ります。
儲け時...とホクホク顔の方久は、ちょっと他とは違う温度館です...(笑)

ここで直虎は常慶と再度面会し、人質了承を伝えます。
条件を付けようとする直虎を常慶が止めようとしますが、「ならば武田と組む」と脅します。
渋々提案を聞く常慶に、「城は明け渡すが兵は出さない」と宣言します。
「それでは領地を増やせない」と押す常慶に「領地は現状で良い」と突っぱねます。
領民や家臣の命を最優先...という訳です。
常慶は、家康に伝えることを約束します。

その頃、今川家では、信玄(松平健さん)の策が炸裂していました。
遠江の分割を氏真(尾上松也さん)に迫り、家臣の調略も絡めてほぼ宣戦布告...!!
関口氏経(矢島健一さん)の説得も空しく、氏真も戦を覚悟します。
国衆の締め付けを厳しくするように氏経に指示し、
井伊家の扱いについては、寿桂尼の遺言通りに進めるように伝えます。

井伊家では、しのが計画通り出発します。
何とか笛を吹けるようになった虎松が奏でる音色が、涙を誘います。
直虎は、虎松に「母ではなく父だと思え」と発破をかけます。
果たして、寿桂尼の遺言は、どういうプランなのか...と言うところで、今回は幕となりました。

次回の展開も、目が離せません。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ