So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第34話「隠し港の龍雲丸」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

こんばんは。今回は、ライブで拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、前回の続き...ですが、ある意味前回よりもショッキングな展開でした。
冒頭、前回の政次(高橋一生さん)の磔シーンが回想されるのですが...

直虎(柴咲コウさん)は、それ以来、放心状態のようです。
南渓和尚(小林薫さん)を始め、傑山(市原隼人さん)や昊天(小松和重さん)も心配しております。
ただ、直虎は碁を打ちながら「政次を待つ」と呟くばかりです。
どうやら、直虎の意識の中では徳川はまだ井伊谷に到着しておらず、
ただ近藤康用(橋本じゅんさん)の陰謀には気付いている...という状況になっているようです。

南渓は、康用を訪ね、井伊家の処分について尋ねます。
康用は、直虎が自ら政次を刺したことを驚きながら、これ以上の処分はない、と伝えます。
南渓はそれを龍潭寺で待っていた傑山らや中野直之(矢本悠馬さん)に伝えますが、
徳川家の裏切りに、それをそのままでは信じられない面々でした。

南渓らは、隠し里にいた祐椿尼(財前直見さん)やなつ(山口紗弥加さん)、
あやめ(光浦靖子さん)や亥之助(荒井雄斗さん)にも、諸々報告します。
政次の最期を聞き、涙にくれるなつと亥之助...高瀬(高橋ひかるさん)がフォローします。

その頃、徳川勢は、浜松辺りの引間城に進軍していました。
東に氏真(尾上松也さん)が逃れた掛川、西に浜名湖岸の大沢基胤(嶋田久作さん)...
両方を討とうとしますが、なかなか簡単には行きません。

そこへ、お久し振り、瀬戸方久(ムロツヨシさん)が鉄砲を持って現れました。
松下常慶(和田正人さん)に導かれ、徳川に加勢しに現れたのです。
武器などなど提供の申し出に、喜ぶ家康(阿部サダヲさん)や本多忠勝(高嶋政宏さん)ら。
方久は、意気揚々と気賀へ引き返したようです。

龍潭寺に戻った南渓らは、直虎に隠し里行きを勧めますが、却下されてしまいます。
あくまで政次を待つという直虎...なかなか正気には戻りません。
そこへ龍雲丸(柳楽優弥さん)が現れ、様子を聞きますが...珍しく南渓を励ます龍雲丸。
一方、南渓は気賀に戻って用心をするように...と伝えます。

気賀に戻ると、龍雲丸は、手下に荷物をまとめるように指示します。
戦になったらいつでも逃げられるように...という訳です。
そして準備を始めている頃に、基胤の軍勢が気賀に攻め入ります。
方久をあっさり武力で追い出すと、そのまま気賀の町人を城に拉致してしまいます。
龍雲党からも、ゴクウ(前田航基さん)と力也(真壁刀義さん)が捕まってしまいます。

町人らを盾にしようとする基胤らの企みに戸惑い憤る龍雲丸らですが、
一方、中村与太夫(本田博太郎さん)は、船で町から逃げる、と言い出します。
どうやら、家康の陣を目指すようです。龍雲丸は、別行動をするようです。
裏の港から、船を奪って逃げる計画です。
そこまでは上手くいくのですが、町人を助けられないことが気がかりのようです。

井伊谷では、鈴木重時(菅原大吉さん)が政次の辞世の句を持って例の井戸端へやって来ます。
そこには、若干錯乱した直虎がいたのですが...無理やり現実を受け容れさせられます。
康用の企みを見破れなかったことを詫びる重時ですが...
南渓までもが「政次を生きて返せ」と迫ります。
一方、今度は直虎が後を追わないか、心配する南渓、傑山、昊点...

家康の陣には、与太夫らの一行と、逃げてきた方久主従が到着していました。
船が必要な家康らにその船を貸すと言う与太夫...
家康は方久から城の裏の港の話を聞き、町人を救い出す策を提案します。
それで基胤らの戦意を喪失させてしまおう、という訳です。
忠勝らも賛成しますが、酒井忠次(みのすけさん)が、またまた怪しい顔...

気賀では、龍雲丸らが町人救出作戦を実行していました。
鎧を着ている武将を湖に落として時間を稼ぎ、船で逃がす計画のようです。
その作戦は、割と見事に成功するのですが...
船ではゴクウらが出向する準備をしていたのですが、そこへ与太夫の船が近付きます。
喜ぶゴクウ...が、何といきなり矢が胸に刺さってしまいます...!!
何と忠次は、基胤への見せしめに、皆殺しにするつもりのようです。

徳川勢と大沢勢の両方から襲われてしまう龍雲党の面々...
次々と力尽きていきます。
龍雲丸もあわや...というところで徳川勢が上陸。
絶体絶命のカジ(吉田健悟さん)を救ったところで、後ろから刺されてしまいます。
振り向くと、刺していたのは直虎...!!!

...と思ったらこれは直虎の夢でした。
悪夢で目が覚めた直虎を、南渓が励ましますが...そこへ方久が駆け込んできます。
徳川が気賀を襲った、と聞いて走り出す直虎...というところで今回は幕となりました。

次回は、気賀へ直虎が駆け付けたら...という展開のようです。
ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)