So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第38話「井伊を共に去りぬ」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

本日は、先ほど録画で拝見致しました。
何だか、明日から色々と動きがあるようですが、こちらもステージが変わった感じです。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

前回、武田信玄(松平健さん)の進軍に対して、
近藤康用(橋本じゅんさん)に降伏を勧めた直虎(柴咲コウさん)...
康用は逃げることには同意したものの、降伏はせず、城に火を放ちました。

川名の隠し里に到着した一行...甚兵衛(山本學さん)らも一緒です。
逃げてはきたものの、これからどうするのか...と心配する甚兵衛ら。
一方、康用は隠し里の存在を初めて知った訳で、当然複雑な心境...
知らせなかった経緯を苦々しく説明する中野直之(矢本悠馬さん)ですが、
康用も「こうなっては有難い」と認めるしかありませんでした。

信玄の方は、康用が撤退したと聞き、兵糧確保を命じます。
ところが、百姓たちも逃散していると聞き、今度は井伊谷全体を焼き払ってしまいます。

直虎と龍雲丸(柳楽優弥さん)は、高瀬(高橋ひかるさん)の様子が気になっていました。
特に龍雲丸は、城で呆然としていた高瀬を目撃しています。
死のうとしていたように見えた...と直虎に伝えます。

そんなところへ、久し振りの中村屋与太夫(本田博太郎さん)が登場。
堺から船で気賀に龍雲丸と直虎を迎えに来たのです。
堺行きをすっかり失念していた直虎...色々と心配事が多くて決心が鈍ります。

その頃、南渓和尚(小林薫さん)は信玄のもとを訪問していました。
ここまでの経緯を怪しむ信玄に、井伊家が康用に反旗を翻したのだ、と弁明します。
井伊家を再興し、本領を安堵してもらえないか...と持ち掛けるのでした。

二人は、更に酒を酌み交わしたりしています。
武将になる気はなかったのか、と問う信玄に、生臭坊主が性に合う、と返す南渓。
一方、南渓はなぜそんなに戦が得意なのか、と問います。
甲斐は海もなく厳しい土地柄なので、他国を侵略することが生きることなのだ...と返答する信玄。
更に、生まれ変わったら何になりたいか、と問う南渓に、
全てを見渡し恩恵を与えられる太陽になりたい、と応える信玄でした。

南渓は信玄から狙い通り本領安堵を勝ち取り、書状を傑山(市原隼人さん)経由で直虎に。
但し、そこには康用の首と引き換えに、という条件が記されていました。
その書状を見て、もちろん激怒する康用。
小野政次(高橋一生さん)と演じたのと同様、いざこざを演じて難を逃れよう、と説得する直虎。
康用も、すぐには納得しませんでした。

その康用に薬を持っていこうとする高瀬を見かけた直虎と龍雲丸。
その薬を飲もうとする直虎を無理やり制止する高瀬...
このやり取りで、高瀬が武田の間者であることが、バレてしまいます。
政次の推測通りだったのですが、どうやら借金のかたに他の選択肢がなかった模様...
康用が殺されれば直虎の役にも立つ、という高瀬を叱り飛ばす直虎でした。
幸い武田家も更に西へ進軍したので、もう密命は忘れるように、と直虎が諭します。

その上で、直虎は井伊谷の復興にも乗り出します。
武田家がいなくなった瀬戸・祝田村に百姓らを戻すのですが、
まずは共同の寄り合い所を作り、住居を確保、更に薬もタダで配ります。
商売っ気だらけの瀬戸方久(ムロツヨシさん)は、納得できない顔ですが、
城主じゃなくても民を惹きつけたい、と語る直虎です。
一方、方久は刺繍名人・あやめ(光浦靖子さん)とラブラブ状態でした...

堺へ行くことを悩んでいた直虎に、南渓は背中を押そうとします。
懸案が解決しない...とこぼす直虎に、どうせ一生片付かない、と説得します。
直虎も納得し、堺行きの準備を始めるのでした。
戻って来た龍雲丸にも、新しい土地で新しい生活がしたい、と話します。

その頃、徳川家は武田に追い込まれていました。
ところが、庭で何と今川氏真(尾上松也さん)が何だか楽器を演奏中...
寿桂尼(浅丘ルリ子さん)の命日なので...と言い訳する氏真ですが、
酒井忠次(みのすけさん)が「そりゃ滅びるわ」と冷たい一言。
複雑な表情の家康(阿部サダヲさん)ですが、これが思わず複線(?)に...

好調な進軍に上機嫌の信玄ですが、遊女と寝室へ...
そこにいたのは何と寿桂尼...!!というのは夢で、信玄は吐血していたのでした。
あっさりと、最強の武将が世を去ってしまいます。

その報せが井伊谷に届いた日、まさに直虎は堺へ出発しようとしていました。
一応決心はしたものの、南渓がいないことに違和感を抱く直虎。
昊天(小松和重さん)もよくわからないようでしたが、そこへ南渓と傑山が。
南渓は別れを伝えますが、傑山は直之に耳打ち...信玄没を伝えた模様です。
それを見て、直虎も心がざわついたようです...

与太夫の船へ...という間も、心ここにあらず、といった様子の直虎。
それを見た龍雲丸は、結局直虎を置いていくことを決意します。
色々ありましたが、お互い好きに生きる、と誓い合って別れる二人...
この後、再び会うことはあるのでしょうか...??

そうして直虎は、再び戦国の荒波に戻ります。
堺に行かなかったことに驚く南渓らに、「袖にされました」と明るく一言。
康用も結局直虎の案を受け入れ、何とか一緒にやっていけそうな感じです。

そうやって過ぎていく平和な日常...そこへ南渓がやって来て、
直親(三浦春馬さん)の十三回忌を執り行いたい、という計画を話します。
そこへ松下家へ養子に行った虎松(寺田心さん)らを招待したようです。
やがてその日はやって来て、久し振りの面々が龍潭寺にやって来ます。
しの(貫地谷しほりさん)や奥山六左衛門(田中美央さん)、なつ(山口紗弥加さん)らとともに
成長した虎松(菅田将暉さん)が遂に登場しました。

「松下の虎松です」と高らかに名乗る虎松を見て、直虎も少し意外な表情。
来週からは、いよいよ虎松中心のお話が始まるようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)