So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第42話「長篠に立てる柵」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

※So-netがメンテナンスだか何だかで投稿できませんでした...すいません。
本日は、録画で先ほど拝見致しました。
選挙特番盛り上がってますね...大雨は投票率に響いたのでしょうか...
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、長篠の戦...久し振りに織田信長(市川海老蔵さん)も登場です。
前回、初陣を望んだ井伊万千代(菅田将暉さん)ですが、直虎(柴咲コウさん)の策略(?)もあって、
家康(阿部サダヲさん)から「日本一の留守居役」を命じられてしまいました。

井伊谷では、南渓和尚(小林薫さん)が若干悔しそうな顔をしています。
通りかかった直虎に「余計なことしなかったら初陣だったのに」と嫌味を言います。
「こんなことですねているようでは大物にはなれない」と返す直虎です。
南渓は、万千代の話になると、急におじいちゃん目線のようになる気がします...

一方、家康らは、長篠近くの設楽原に到着していました。
信長の援軍が既に到着しているようでしたが、援軍のはずが主導権を握られまくり...
例の材木を使った普請も、徳川方は目的も知らされていません。
大久保忠世(渡辺哲さん)はキレてますが、本多忠勝(高嶋政宏さん)がなだめる展開。
岡崎から参陣した石川数正(中村織央さん)も恐縮しまくりです。

その頃、家康の嫡男・信康(平埜生成さん)は既に到着し、信長と対面していました。
信長は、娘婿に高そうな茶碗をプレゼントしようとしていますが、
信康は何故か丁重に断ります。
「これで徳川も安泰だ」と呟く信長ですが、後々の展開を考えると...

そこへ家康到着が知らせられ、家康も信長と対面します。
ここで、例の柵を用いた鉄砲戦略がシェアされます。
若干圧倒されながらも納得する徳川方の面々。
その後織田方と別れてミーティングしますが、忠世は相変わらずキレてます。
忠勝が再度なだめますが、あんまり納得していない模様です。

戦場では、中野直之(矢本悠馬さん)と奥山六左衛門(田中美央さん)も普請中...
ところが、材木が足りなくなったようで、織田方と思われるリーダーが困っています。
直之は、六左衛門を活用すればその辺りから材木が調達できる、と提案します。
相変わらずオドオドの六左衛門ですが、手腕を発揮したようです。

その頃、浜松では万千代が万福(井之脇海さん)と頑張っていました。
まずは、例の草履の棚をバージョンアップさせます。
他にも何か...と思っているところへ、小姓頭の小五郎(タモト清嵐さん)らに呼び止められます。
武具の手入れを命じられたようで、その孫請けです...
相変わらず嫌味を言われる万千代らですが、開き直って手入れに励みます。

長篠では、徳川・織田方が武田勝頼(奥野瑛太さん)との開戦を控えていました。
ここは史実通りなんでしょうが、酒井忠次(みのすけさん)が勝頼陣を挑発します。
長篠城を落とそうと進言する山県昌景(山本龍二さん)を無視し、勝頼は設楽原へ...
昌景も忠勝に討ち取られてしまい、武田軍大敗です。

勝利の宴の中で、直之と六左衛門も嬉しそうに飲み食いしていました。
そこへ、二人を呼びに信長の家臣がやって来ます。
信長が読んでいる、と聞き震え上がる六左衛門...
さすがの直之も、信長の前では緊張してしまいます。
果たしてどうなることやら...!!

浜松では万千代たちが一ヶ月間、武具の整備を続けていました。
家康に認められることを夢見て整備を続ける二人...そこへ徳川進軍の報せが。
整備された武具を見て感心する家臣に、小五郎が自慢げに自分の手柄にしようとします。
当然キレて殴りかかろうとする万千代ですが、本多正信(六角精児さん)が止めに入ります。
小五郎たちは忠次一派なので抵抗するだけ無駄...という訳です。

止めに入った正信を思わず殴ってしまう万千代ですが...
正信は「今川の潰れた家の出」を逆手にとって活躍すべき、と説きます。
万福も、直虎はそういう視点で活躍している...と気付きます。
正信は、家康が彼らを使っているのは理由がある、信じるべき、と訴えます。

井伊谷では、高瀬(朝倉あきさん)が直虎に戦勝報告。
近藤康用(橋本じゅんさん)に呼び出され、直之、六左衛門の活躍の話を聞かされます。
例の茶碗を頂いて来ていた直之と六左衛門...そうと知らずに茶碗を触る直虎...
まぁ予想通りのギャグ交じりの展開です。昊天(小松和重さん)や傑山(市原隼人さん)も参加...!!
徳川を飛び越えて織田から貰う訳にもいかず、康用は茶碗を龍潭寺に寄進します。
そして直虎は、長篠に祈祷に向かいます...

家康は、連戦の後浜松に戻ります。
ここでも宴ですが、家康はその日は早めに休むようです。
榊原康政(尾身としのりさん)が万千代たちのもとに来て、家康の寝所へ行くように言われます。
着物も着替えて行くように...と言われ、万千代も焦ります。
追い打ちをかけるように、正信も「万千代は顔が可愛いから」と煽ります。
万福は止めようとしますが、万千代はそれならそれで、と変な開き直り。
新しい褌を締め、気合十分で家康のもとへ...!!

そこには、布団を前に碁を打つ家康が。
近くへ呼び寄せる家康...いよいよか、と万千代が観念すると...家康は大笑い...!!
何のことはない、武具の手入れをチェックして万千代を呼んだのでした。
小五郎のアピールも、それまでの実績を勘案して信じていなかった模様。
正信の言った通り、色々と見ている殿様...万千代ならずとも感激してしまいます。
調子に乗って男色の方も誘いをかける家康ですが...どうなることやら...

その頃、井伊谷は大雨に見舞われていました。
久し振り登場の甚兵衛(山本學さん)のもとに子どもと思われる報せが...
来週は、大雨に伴う災害と、いよいよ万千代が小姓に出世...のようです。

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0)