So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『おんな城主直虎』第46話「悪女について」のあらすじと感想 [あらすじ・感想]

今回は、録画で先ほど拝見致しました。
毎度のことですが、公式のあらすじは以下をご参照ください。
→『おんな城主直虎』公式サイト(NHK)

今回は、家康(阿部サダヲさん)の奮闘空しく、正妻と嫡男を失う顛末、です。
前回、家康は榊原康政(尾身としのりさん)や万千代(菅田将暉さん)とともに岡崎に押しかけ、
信康(平埜生成さん)に武田と内通した疑いでの死罪を言い渡していました。

実際、信康は捕えられてしまうのですが、そこは家康、話は単純ではありませんでした。
結論から言うと、色々と理由を付けて処刑を延期し、時間を稼ぐ作戦のようです。

時間稼ぎの方は、割と単純な話でした。
信康が最初に蟄居させられた城はかなり荒れており、移動が必要...
その決定を家康に託された万千代は、万福(井之脇海さん)と信康を迎えに行きます。
その結果、信康は懐かしい大沢基胤(嶋田久作さん)の堀江城に移されますが、
今度は基胤が信用できないと言って、場所を変えようとします。

その話を康政から聞いた酒井忠次(みのすけさん)は、腰を抜かしそうに驚きます。
さっさと処刑してしまうと思ったのでしょうか...
それでも、清州に赴き、明智光秀(光石研さん)に申し開きをします。
当然納得はしていないようですが、何とか時間は稼げているようです。
また、この話は傑山(市原隼人さん)の偵察から、直虎(柴咲コウさん)の耳にも入っていました。

一方で、家康は松下常慶(和田正人さん)経由で今川氏真(尾上松也さん)に頼みごとを...
北条との盟約を結び武田を追い詰め、それを手土産に信長(市川海老蔵さん)の許しを乞う、
という作戦です。常慶の報告によれば、一ヶ月くらいで話はまとまるようです。
その間何とか時間を稼げれば....と家康も万千代も安堵します。

一方、息子を奪われた瀬名(菜々緒さん)は、独自で動き始めます。
岡崎に来ていた直虎に頼ろうとしますが、既に井伊谷に戻った後...
石川数正(中村織央さん)にも色々と調べさせますが、家康への不信は晴れません。

待ちくたびれた瀬名は、遂にある決意を固めます。
それは、武田との内通の罪をかぶって、信康を助けることです。
証拠となる書状をわざと残し、数正と姿を消してしまいます。

その書状を見た家康は、迷います。
大久保忠世(渡辺哲さん)は瀬名を差し出そうと言い出しますが、
万千代は「証拠は作意がミエミエだ」と言って再考を促します。
結局家康は、書状を動かぬ証拠として、瀬名の追跡と処刑を指示してしまいます。

その直後、家康から極秘任務を命じられた万千代らは、瀬名を追いかけます。
瀬名は、井伊谷の例の井戸端で祈りを捧げています。
そこを直虎や万千代に見つかり、龍潭寺に向かう瀬名と数正。
南渓和尚(小林薫さん)も加わり、井伊谷で暫くかくまう話を提案されます。
万千代から家康のプランを聞いた瀬名ですが、100%納得・安心できないようです。

政次(高橋一生さん)を思い出し、もうそんな思いはごめんだ、と訴える直虎。
家を守るために命を捨てるのは無責任だ、残された者を考えろ、と必死の説得です。
充分心に響くのですが、瀬名の決意は変えられなかったようです。
口紅を形見に、龍潭寺を後にします。

その後、途中で数正と別れた瀬名は、徳川家臣に発見され、処刑されてしまいます。
ちょうどその頃、北条との話をまとめた氏真が、浜松へやって来ますが...時既に遅し。
瀬名の首を前に、悲しみに暮れる家康の姿がありました。
悔しがる氏真...とは言え、こうなった以上、瀬名を犠牲にするしかありません。

信長と面会した家康は、その通り弁明し、許しを乞います。
納得したように「好きにしろ」と言う信長ですが、「自分も好きにする」と言い放ちます。
ある意味仕方のないことですが、本作では信長はかなり理不尽な存在に描かれています。

そうこうしているうちに、結局信康も自刃...結局家康は嫡男も守れませんでした。
悲しみに暮れる家臣一同...しかし、家康は遂にキレてしまいます。
家臣の助言に従っていたら、正妻と嫡男を失った、もう助言は聞かない...!!という訳です。

井伊谷では、直虎が南渓とやりあっています。
いつまで経っても戦がなくならない...と嘆く直虎に、ハッパをかける南渓。
直虎らしいやり方でそれを実現するには...と尋ね、万千代経由で家康を動かすことを決意します。

寝所で相手のいない碁を打つ家康...万千代は外で控えています。
そこへ直虎がやって来て、信康の身代わりを務めるように説きます。
そんな雰囲気ではない、と最初は断る万千代ですが、口紅と直虎の熱意に押されます。

寝所へ入った万千代は、家康の碁盤をひっくり返してしまいます。
煮詰まっていたので、最初から考えよう、と問いかける万千代に、家康の悲しみが爆発...!!
もう誰の言うことも聞かない、とキレて碁石を万千代に投げつけます。

ここで万千代が、再び政次の話を持ち出します。
直虎も一人で碁を打っていたこと、ひとりに見えて政次と会話をしていたこと、
その政次から碁を教わったことなど...徳川の今後のためにも話を進める決意を促します。
家康も涙の中から立ち上がり、まずは岡崎を、と本多忠勝(高嶋政宏さん)に指令を出します。

岡崎へ向かう忠勝...という場面で今回は幕となりました。
来週は家康は駿河を攻める模様です...

ではでは、また来週...m(__)m








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ